2015年02月06日

UFC 183、ニック・ディアスから規定の倍のマリファナが検出されていた

UFC 183 アンデウソン・シウバ、ニック・ディアスの両者に禁止薬物の陽性反応(2015年02月04日)

 こちらの続報。

Nick Diaz doubles allowed marijuana limit, was only licensed days before UFC 183(MMAFighting)

 『UFC 183: Silva vs. Diaz』でアンデウソン・シウバに判定負けしたニック・ディアスに試合後の薬物検査でマリファナ代謝物質の陽性反応が出ましたが、WADA(世界アンチ・ドーピング機関)およびNSAC(ネバダ州アスレチックコミッション)は尿サンプル1ミリリットルにつき150ナノグラムまでが規定で認められているのに対し、ニックは300ナノグラムあったとのこと。

 また、NSACのエグゼクティブディレクター、ボブ・ベネット氏によるとニックは過去2回マリファナの陽性反応が出ていることからライセンス再発行の手続きに健康証明書を提出する必要があったにも関わらず提出せず、試合3日前の1月28日にようやく提出したとのこと。一歩間違えると試合中止の可能性もあったそうです。

 なお、ニックは試合前の1ヶ月間は医療用大麻を使用してないと主張しており、シーザー・グレイシーも何らかの不可抗力があったと主張。さらにシーザーはアンデウソン・シウバからドロスタノロンとアンドロステロンの陽性反応が出たことを批判しています。

マリファナ 刺繍 ロゴ ニット帽 ブラック 02
マリファナ 刺繍 ロゴ ニット帽 ブラック 02
posted by ジーニアス at 18:16| Comment(17) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
合法な国、地域。医療目的の大麻はOKでいい。
そんなにメリットないのに処罰重すぎ。
Posted by say at 2015年02月06日 19:08
ニックがやってたマリファナとジョーンズが愛用していたコカインって、どちらの薬物の方が危険なのですかね?
Posted by コーコ at 2015年02月06日 21:14
コーコさん

コカインの方が中毒性があって、続けると心身共に害が出やすい。
マリファナは酒よりも害が無いし、中毒性はコーヒー程度、医療的にみても効能の方が遥かに多い。

でも、正直コカインもマリファナも中毒にならず
嗜好品としての距離を保って居れれば大丈夫だと思う。

コカの葉なんて、昔は活力剤として仕事中ガムみたいに噛まれてたらしいしね。
Posted by say at 2015年02月06日 21:46
大麻は別にねえ…
特に米国では単なる嗜好品でしょう。
Posted by ヘイズマン at 2015年02月06日 21:57
大麻はほとんど害がない割にチート級の効能があるからねぇ
Posted by タイマー at 2015年02月06日 23:35
基本、アメリカの西部では合法だからね<マリファナ
州が認めてるモノがスポーツではOUTとは、これ如何に。
日本の格闘技に於いて、酒と煙草が駄目と言ってるのと同じなんよね。

ただ、それとアンデウソンのステロイドとは話が全く別。
Posted by ぽい at 2015年02月07日 01:49
グレーな話なんで書いていいかあれなんですが、数年程前に日本の団体に定期参戦してた某外国人選手本人から「〇〇のジムは練習前に一回キメてからやるから出稽古いきたくなかった」って話を聞いた事があります
やっぱマリファナってパフォーマンスに影響でるんかなぁって精神面とか

あと個人的に一部州じゃ認められてるとか害が少ないとか関係なく現状のMMAのルールで禁止されてる行為なんだからステだろうがマリファナだろうがしっかりと断罪すべきだと思うんですが
Posted by tt at 2015年02月07日 03:09
>基本、アメリカの西部では合法だからね<マリファナ
州が認めてるモノがスポーツではOUTとは、これ如何に。
日本の格闘技に於いて、酒と煙草が駄目と言ってるのと同じなんよね。

カフェインすら禁止されてたりするぐらいなんですが・・・日常生活でOKでもスポーツではNGなんて、超基本的な話だし普通に考えたら当たり前だろ。何言ってんだか…
Posted by はら at 2015年02月07日 03:45
風邪薬や漢方ですらドーピングチェックに引っかかるのにマリファナは解禁しろってのはちょっとよくわからない意見
Posted by pez at 2015年02月07日 07:42
そもそも大麻がなぜ禁止項目に入ってるのかを説明するべき。
Posted by ジョルジュコーラ at 2015年02月07日 10:17
大麻がパフォーマンスに影響するかどうかといえば影響するのは間違いないけど、
どちらかといえばマイナスなんじゃないか。
リラックス効果はあるが判断力も鈍るからな。
アルコールを飲んで試合に臨まないように大麻を吸って試合に臨むやつもいない。
いたとしてもUFCレベルなら自分から負けに行くようなもんだろ。
Posted by lot at 2015年02月07日 16:56
大麻キメて戦うとか自殺行為だよね。
闘争本能一切無くなるし。
痛み止めとか言うけれどそれ以前の問題で
まともに動けないしなあ…

兄貴はマリファナ好きも含めてのキャラ設定なんで
特例で罰則無しにしてあげて欲しいです。

Posted by 赤羽 at 2015年02月08日 12:41
日本では大麻ってことだけでアレルギー反応起こす人がいるみたいに、
アメリカでも、合法化が進んでるからといって、アスリートが大麻やってるっていうのはあまり世間体がよろしくないことなんだろうね。

マイケル・フェルプスの大麻吸引疑惑の時にもかなり騒動になって、スポンサーも1社降りたらしいからね。

ただ、一回でも海外で経験したら
「これの何が悪いの?」って位のものらしく寛容になる人が多いんだよ。

Posted by say at 2015年02月09日 09:41
過去に中国で阿片が蔓延して大変なことになったように作用は違っても大麻も同等だと思う
大麻が合法になれば中毒に掛かる廃人が多くなると思うけどその辺向こうの人は分かってるのかな?
それより強い作用を持つ麻薬よりマシって考えなのだろうけど麻薬って呼ばれてる事を考えたら合法でもあり得ないわ
Posted by フォーク at 2015年02月09日 13:46
タバコよりも酒よりも害が無い、依存もほぼ無い。
酒は気を荒くして殺人事件が起きたりするが、
大麻使用での殺人事件、死亡事故は1件も無い。
癌にも効く、精神を落ち着かせ争いを好まない心になる。
100種類以上(本当は多分もっと多い)の疾患の治療に使える。
 
正直違法なのがおかしいんだと思うよ。

酒で廃人になるのは簡単だけど、
大麻でそうなるのは難しいらしいよ。

Posted by say at 2015年02月09日 15:05
To say さん


ニックの大麻の量が2倍も出てる時点で中毒性が無いとは思いませんけどね。

医療で使われているのは最終手段として使われるわけであって、一般人に勧めたりしません。
アメリカや海外ではもっと危険で中毒性のある薬物の代わりとして代用する案が出されていますが多数は反対意見で殆ど実施されていないのが現状です。

アメリカは州によって変わりますがカリフォルニア州やテキサス州、ニューメキシコ州、アリゾナ州などはメキシコと国境沿いの為、南米からの違法移民が多く、押収される麻薬の量も質も他と比べて桁違いです。
なので大麻を変わりに合法化して危険な薬物を摂取するのを防げるんじゃ無いか?と言われていますがそれだと過剰に摂取する人も出てきますし、大麻が良いのにコカインとかは何でダメなんだ?同じ麻薬だろ?っていう人も出てくると思います。
それに精神を落ち着けることに使われるんでしたらメンタル面に頼ることの多いコンバットスポーツでは禁止薬物に認定されるのは当然の流れかと…。

時代によって酒が禁止されていた国もありますが今は何とも無く、ビジネスとして売られているのを考えると未来では酒のように合法化されているかもしれません。
しかし、ニックは医療目的で使用していたとしても医者がスポーツの規定を無視して、2倍もの量を処方するとは考えられないのです。
健康を害している量だからこそ報道されたのかと思います。
大麻に対する偏見もあるでしょうし、無いかもしれません。
でも、規定の倍もの大麻が検出されたのなら合法かどうかは別として、罰金も罰則も受けるべきでしょう。

長文、失礼致しました。
Posted by フォーク at 2015年02月10日 05:04
フォークさんへ


どんなものでも、酒でも、コーヒーでも、砂糖でも、
タバコでもメリットデメリットがある。


だから擁護派も否定派もどちらも正しいと思うよ。


ただ、歴史的に大麻はかなり偏った目で見られてるってのがある。


だから医療的に、安全が誰の目に見ても実証されれば、更に将来は合法化が進むことになると思う。


ちなみに、大麻の中毒性はカフェインよりも低いんだよ。


他の麻薬に手が伸びるって考えも否定されてる、
マリファナの使用者が増加していってるにもかかわらず強い麻薬(コカインなど)の使用者は増加していないらしいよ。(大麻とハードドラッグとの連動性は否定されている。)


そして酩酊感は肉体的には酒に酔った感覚に近いらしいから、スポーツ(特に格闘技)にはデメリットの方がでかいと思う。


それと大麻は致死量ってのが無い。酒やカフェインのほうはあるけどね。
本当に莫大な数の病気に効果があるしね。
俺も調べてみたら驚くぐらい無限にある。
更に研究が進むともっと増えていくらしい。


それに大麻の使用量・頻度ってのは、人それぞれなんじゃないかな。
大酒のみの人もいれば少量で満足する人もいるみたいにさ。
個人の考え方、生活の仕方によると思うよ。


ただこれらはメリットだけを羅列しただけで、
もちろん過剰に取ることのデメリットも少なからずあると思う。


まあアニキも処分を受けるし、
今回はかなり反省してると思うよw
Posted by say at 2015年02月10日 07:14
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索