RIZIN2017_1229_31_01.jpg

2014年11月29日

フランス柔道連盟が「打撃あり柔道」部門=Mixed Jujitsu Artsを創設



Judo Federation Counters Migration to MMA by Creating MJA: ‘Mixed JuJitsu Arts’(Bjj Eastern Europe)

 こちらのサイトによるとフランス柔道連盟がMMAの競技人口増加に対処するために「打撃あり柔道」部門である「Mixed Jujitsu Arts=MJA」を創設する予定だそうです。

七帝柔道記
七帝柔道記

posted by ジーニアス at 02:09 | Comment(37) | TrackBack(0) | 海外格闘技 | ▼人気blogランキング
この記事へのコメント
道着着るてことはコンバットサンボとか大道塾みたいなもんか?
すごい中途半端
Posted by 213 at 2014年11月29日 02:47
でも見てみたい。おもろそう。
Posted by ぃね at 2014年11月29日 04:00
自分はこれは面白そうだと思う
でも中途半端にはやらないでほしいですね
Posted by トリケラサマ at 2014年11月29日 04:05
これは凄いニュースですね。ビックリ!革命っていうぐらいに物凄いことだと感じます。
MMAだけの視点で見ていたらMJAは中途半端な競技体系って思うかもしれませんが、柔道の歴史を知ってる者からすると革命的と思ってしまう。

戦前の柔道や柔術には当て身(打撃)があった。今みたいな寝技の制限もなく、試合時間も30分を越えるような試合もたくさんあったよう。ようするに柔道って何でもありの武道だったわけです。打撃、組技、寝技、あらゆる局面での戦闘に対応していた世界随一の総合武道だったわけです。

(ちなみに僕は今の柔道はスポーツだと思っています。オリンピック競技入りしてからは尚更。ついでに言えば今の柔術もスポーツでしょう)

初期UFC〜初期PRIDE時代、エリオやホリオンが決闘的なルールをヨシとしたあの精神性のルーツは、まさに戦前の武道時代の柔道(柔術)の教えを前田光世から受けてたからだと思う(喧嘩はラウンド制度じゃない、非力なエリオやホイスが勝つためには時間無制限じゃないと勝ちにくい、等の理由もあったようですが)。

で、今回のMJA。
世界随一の総合武道であった柔道の発祥国である日本が、スポーツ競技化が進む近代柔道の流れに飲まれてる感があり、更にはお家芸、準国技とも言える日本人のモノ=柔道の世界的なイニシアチブまでフランスに取られてしまった。

どこまで真実なのかはわからないけど、指導者やメダリストのセクハラやパワハラ問題もあった。指導中の事故の多さもフランスに比べて全然多いみたい(くま膜下出血で寝たきりや障害者になってしまったお子さんもそこそこいるんだよね)。
柔道選手としては優秀でも指導者としては優秀じゃない人が日本には多数いて、そういう人が指導するからこそ事故が起きてるんだと思ってる(強くなろうと死ぬ思いで努力できた選手時代同様、凄い指導者になろうとする努力も忘れないで欲しい)。

スポーツ柔道に飲み込まれ、競技人口が減り、イニシアチブまで取られ、不祥事連発。講道館なのか全柔連なのかわからないけど内部のズンドコ劇場があからさまになってる間に、フランスがMJAという柔道の原点回帰を発表した。優秀でも指導者としては優秀じゃない人が日本には多数いて、そういう人が指導するからこそ事故が起きてるんだと思ってる(強くなろうと死ぬ思いで努力できた選手時代同様、凄い指導者になろうとする努力も忘れないで欲しい)。

スポーツ柔道に飲み込まれ、競技人口が減り、イニシアチブまで取られ、不祥事連発。講道館なのか全柔連なのかわからないけど内部のズンドコ劇場があからさまになってる間に、フランスが柔道の原点回帰とも思えなくもないMJAを発表した。

これで今まで以上に、更にハッキリとフランス≫日本という図式が明確になったと思っちゃって寂しくなる。それにフランス……やることカッコいいよ!!

UFCを始めたのはエリオ直系のホリオンであり、彼らのルーツは柔術であり柔道である。今のMMAはボクシング+レスリングみたいになってるけど、MMAの歴史に於いては柔術/柔道は絶対に欠かせないルーツなわけです。

今回のMJAのニュースは、今の北米MMAには直接は関係なさげなニュースだけど、MMAの歴史観としてみたら大きなニュースだし、UFC誕生に大きな影響を与えたであろう日本柔道界からみたらとてつもなく重大なニュースだと思っています。

大変な長文、誠に失礼しました。
Posted by マーシィ at 2014年11月29日 05:36
柔道なのか柔術なのか
Posted by K-1 MMA at 2014年11月29日 06:02
これは昔の柔道を再現するのか、全く新しい競技なのか
なんにせよフランス柔道連盟は前衛的だ
Posted by うしじまのおに at 2014年11月29日 07:49
これは見たい、てかやりたい。でも日本じゃ無理かなぁ。
Posted by 風林火山 at 2014年11月29日 08:43
その昔J-DOというものがあってだな
Posted by nanashi at 2014年11月29日 09:20
シュートボクシング?
Posted by kーta at 2014年11月29日 10:06
増田さん昔からずっとこれ主張してたから嬉しいだろうなあ
Posted by たなか at 2014年11月29日 10:30
着衣式のMMAって感じでしょうか
姿三四郎の世界ですね
Posted by カワチ at 2014年11月29日 10:59
日本でも10年以上前にそういう試みはありましたけどね
柔道連盟は関係のないところでしたが
Posted by へけ at 2014年11月29日 11:33
組技に制限がない空道みたいな感じになるんですかね。寝技は現行の、流れがとまれば待てで、抑え込み一本ありで行くんでしょうか?
パウンド有りなら凄いですね。
Posted by まる at 2014年11月29日 13:07
保守層が邪魔しなければいいけど。
楽しみ。
Posted by naz. at 2014年11月29日 13:12
小見川選手のネオ柔道ってのと似たり寄ったりかしら?
Posted by 窓際 at 2014年11月29日 14:25
是って、多分打撃はポイント制になるんでしょ?
となると必然的にスタイルは既に存在しているヨーロピアン柔術スタイルの競技になるだけじゃないの?
打撃は伝統派系で組んでからは柔道みたいな。
Posted by BB at 2014年11月29日 14:46
最初は面白そう!どんどんやれ!と思ったんですが
柔術新聞さんのツイートを見るとそう単純な話でも
ないようですね。
Posted by ねるね at 2014年11月29日 14:53
日本も賛同して一緒にひろめたらいいですね
日本の格闘技復興には、こういう分かりやすくて、一般層がとびつくものでないと無理そう
もう今のMMAだけでは広まらないし......

あと、UFCに対抗する団体も出て来たら面白い
Posted by まさ at 2014年11月29日 17:01
これが日本まで普及すると石井慧が柔道から離れ意味が・・・
Posted by k8 at 2014年11月29日 17:07
上の方がすでに異常な長文を載せているので重複はしませんが…
『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』の中で、嘉納治五郎について書かれた部分を読むと、、、打撃柔道がフランスから始まるということがとても感慨深い。
Posted by 2階からプランチャー at 2014年11月29日 18:23
フランスって規制が厳しくて総合とかキックのイベントはできないんじゃなかったの?
Posted by ノルキア at 2014年11月29日 19:48
すでに寝技ありの空手や打撃ありのサンボがあるから、これも似たようなものですね、大事なことはフランスの柔道協会が始めるってところですね。
Posted by MMA at 2014年11月29日 20:17
最初に頭に浮かんだ画は何となく、北辰館トーナメント?
Posted by 名古屋 at 2014年11月29日 20:42
> フランス柔道連盟が...Mixed Jujitsu Artsを創設

なぜMixed Judo Arts でないのかと。
略称、同じだろうが。

正直、掬い投げを制限しだしたときに
柔道は完全にJudoになってしまったと思う。
Judo is dead!

Posted by たいていたまごとじ at 2014年11月29日 20:42
もう柔道の看板おろせよ
打撃有り柔道自体には興味あるけど国の柔道連盟がすることじゃないでしょ
Posted by はぁ at 2014年11月29日 21:56
組技あり空手→空道がずいぶん昔からありますね。完成していけば非常に面白い競技になるけど、定着するかですね。一般に認知されるほど定着すれば武道革命です。
Posted by モアイ at 2014年11月29日 22:39
マーシィさんの言うとおり、柔術時代は当て身があったので原点回帰になるんでしょうか。
やはり打撃も対処できての完成された格闘技を目指しているとか、まあ憶測ですけど。ただフランスは何らかの危機感を抱いてのことだと思います。それが何のか知りたいですね。
Posted by サカ at 2014年11月29日 22:52
面白い試みですね
既に何人かの人が説明してくれといますが
これはある種の武道としての柔道の原点回帰と言えます
別部門と言う事で従来の柔道をなくすとかではないですし

むしろ日本こそこういうものを打ち出してほしかったなあと思います

Posted by 七月 at 2014年11月29日 23:57
サンボじゃ駄目だったのかな。
Posted by 大 at 2014年11月30日 01:21
上にもあるように今の一般的に知られている柔道は五輪向け・スポーツ向けにしたものですからね
柔道としてしっかりとした委員会が始めるというのが大きなことだと思います。
Posted by そうえん at 2014年11月30日 04:17
柔術新聞のTwitterを見ればわかりますが原点回帰というよりも柔道家の柔術大会出場禁止からの流れの利益保全ですよ
フランスの柔道連盟は政治的な力も強くこれまでmmaイベントのフランス上陸も禁止してきました。
彼らはmmaは野蛮なので我々が教育的なmmaを作るとほざいてます
Posted by とむ at 2014年11月30日 08:02
はいはい、利権利権。


J-DOのことも思い出してあげてください…。
Posted by TA at 2014年11月30日 10:19
打撃ありだと柔道の襟や袖をとる組み技は使いにくい気がするけど。そのうち皆道着も脱いじゃってただのMMAになる?
Posted by sya at 2014年11月30日 10:38
プラトンは古代オリンピックのパンクラチオンのことを「不完全なボクシングと不完全なレスリング」と形容しましたが、この試みも不完全な結果にしかならないように思いますね。

増田さんを始め多くの人が「柔道は総合格闘技! 実戦性を重んじるべき!」とおっしゃってますが、個人的にはそれってホントに必要なことか? って感じです。


競技として面白いものになればいいんですが… 予想としては「不完全な空手と不完全な柔道」、もっと言えば「不完全なMMA」になるんじゃないですかね。
Posted by ふか at 2014年11月30日 12:07
昔、実践柔道からのProfessional-J 通称「プロJ」て格闘技創ろうとしてたのを思い出した‼

ディファでやろうとしてたのにイベントがなくなって、そのままだったなぁ。どうなったんだろうか?

というかその系列の大学文化祭でやってた電下一武闘会ってもうないのかな。
Posted by ため at 2014年11月30日 16:20
本来の柔道(柔術)は相手を○す為のものなので原点回帰なんてできるはずが無いってことですね。
Posted by samu at 2014年12月01日 09:22
名前の違いだけで似たようなのなんて他にもあるみたいだが
Posted by ミルコ at 2014年12月02日 19:01
コメントを書く(承認制:反映に時間がかかかります)
お名前:(未入力、公序良俗に反するHNは反映されません。記事ごとにHNを変える人のコメントも削除します)

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:(公序良俗に反する内容、選手・関係者への罵詈雑言、自作自演行為は反映されません。内容次第ではIPアドレスを公開します)

この記事へのTrackBack URL(承認制)

banner_02.gif ←この記事が面白かった、役に立ったという場合はクリックを・・・
記事検索