2014年11月03日

ロンダ・ラウジー、『エクスペンダブルズ3』監督の肋骨を折る

エクスペンタブルズ3
エクスペンタブルズ3

『エクスペンダブルズ3』監督、「人間サンドバッグにされて肋骨が派手に折れたよ!」(AOLニュース)

 『エクスペンダブルズ3』のパトリック・ヒューズ監督がインタビューで以下のコメント

―― 今回はエクスペンダブルズに若いメンバーが合流する物語ですけど、若い役者さんたちは大スターに囲まれて緊張したりしてなかったですか?

パトリック: ロンダ・ラウジーがいるだろ。彼女はUFC(アメリカの総合格闘技イベント)のチャンピオンで、はっきり言うけど人を瞬殺できるぐらい強い。
でも演技は初体験だったから、緊張しちゃっててね。最初の撮影がスタローンとバーで出会うシーンだったんだけど、ロボットみたいになガチガチの動きなんだよ。「これはリラックスさせなきゃいけない!」と思ってね。「デカい試合の前はどうやってリラックスしてるの?」って聞いたら「ひたすらサンドバッグをぶっ叩くの」って言うんだ。「じゃあ、何かパンチするかい?」って聞いたら「あなたのことパンチしたいの」って言うんだよ。

―― え? 監督が人間サンドバッグに指名されたんですか?

パトリック: まぁ、本当にパンチを当てるわけないだろうと思って「いいよ!」って答えたら「顔面をガードして」って言うから「え? なんで?」と思った瞬間、本気でボコボコに殴られたんだよ!

―― よく生きてましたね……。

パトリック: でもおかげで肋骨が派手に折れたよ! それはメイキング班が撮ってたと思うよ。まさか本気でくるとは思ってなかったな~。何度でも言うけどロンダはUFCのチャンピオンだぜ!? スライ(スタローンの愛称)だって殺せちゃうよ!

posted by ジーニアス at 02:17| Comment(9) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これはさすがにジョークだろう。
Posted by NMB at 2014年11月03日 02:44
まぁ単なるジョークだと思うけど、
「顔面をガードして」と言って、肋骨を折ったのが本当だったら、ラウジーは相当イカレてる話になるぞ。
Posted by あもん at 2014年11月03日 02:59
マジならかなり危ない奴でしょ。素人相手に加減出来ず怪我させるような奴はプロ失格だよ。
Posted by あ at 2014年11月03日 06:21
映画パンフにも共演者のボクサーとスパーやって不意打ちで意識飛ばしたって言ってるし、怪我の有無はともかくお茶目な人なんだろうな。シャレになるかはさておいて。
Posted by 名無し at 2014年11月03日 12:07
アメリカンジョーク?
Posted by アンドジャスティスフォーオール at 2014年11月03日 12:48
そういえばサイボーグもレポーターにスリーパーして失神させてる動画ありましたね

前に風車さんのサイトで元チームメイトが
ラウジーは柔道家時代から相手の腕を破壊しまくってたという記事読んでから
危ない人なのかなぁと思ってたけど
上の記事見たら女版アリスターのような気がします
http://ningenfusha.jugem.jp/?eid=292
Posted by asd at 2014年11月03日 13:20
流石にジョークでしょ。
実際に折るわけない笑
Posted by d at 2014年11月03日 18:33
マジならラウジーはただのジョークのつもりだったんだろう。

熊が人間相手にジャレるようなレベルだけどな。
Posted by a at 2014年11月03日 18:34
監督がエクスペンダブル(消耗品)かよ!
Posted by 消耗品 at 2014年11月04日 04:51
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索