2014年10月28日

UFC 179の結果を受けてUFC公式サイトがランキングを更新

UFC Fighter Rankings(UFC.com)

 『UFC 179: Aldo vs. Mendes 2』の結果を受けてUFC公式サイトがメディア投票ランキングを更新。

 フライ級はスコット・ヨルゲンセンが15位からランク外に、そのヨルゲンセンに勝利したウィルソン・ヘイスがランク外から15位に。

 バンタム級の試合は無かったもののエディ・ワインランドが1ランクアップし6位、水垣偉弥が1ランクダウンし7位に。

 ライトヘビー級はフィル・デイビスが1ランクアップし5位、そのデイビスに敗れたグローヴァー・テイシェイラが2ランクダウンし6位に。DV容疑で現在無期限出場停止中のアンソニー・ジョンソンがUFC 172でデイビスに勝利していることが評価され2ランクアップし3位に。ハンス・ストリンガーに勝利したファビオ・マルドナドが1ランクアップし14位に。

 ヘビー級はここ最近試合をしてないにも関わらずアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラとマット・ミトリオンが激しい15位争いを繰り広げていますが、今回またもノゲイラが15位からランク外に落ちてミトリオンが15位にランクインしています。

posted by ジーニアス at 12:43| Comment(5) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
選手たちも言ってるけど、そろそろP4Pのジョーンズとアルドの順位入れ替わらないかな。
選手数・選手層も随分違うのにアルドが気の毒。

ライトヘビーとかはトップ10外れたらファビオクラスがランクインしてたり、まともに戦ってないビクトーが何年もいたりと微妙な感じだけれど、
ヘビーは15位付近でもノゲイラ、ゴンザカ、シュトルーブ、ミトリオン、ジョーダン、ミア、パラレイ、シャウブ他、
何気にヘビー級の15位付近って推定20位ちょいまで結構実力とキャラのある良い選手が入れ替わりしてる激戦区ですよね。この辺の争いは結構面白いなと。
ハリトーノフやモー、ヴォルコフ、ミナコフ等まだまだ選手いるしもUFCに来たらその辺がさらに盛り上がりそう。コンゴも和解してほしい・・・。
Posted by DD at 2014年10月28日 15:25
激しい15位争い…
Posted by イエス又吉 at 2014年10月28日 15:27
自分はライトヘビーのファイターは実力者が多いと思いますけどね。ヘビーは安定した実力のファイターが少ない気がします。
JJが倒してきた相手は元王者が多かったしPFPはジョンジョーンズが最強だと思います。
Posted by UFO at 2014年10月28日 16:01
JJはリーチ+間合いのコントロールと技術の組み合わせが絶妙でアルドはスピードとフットワーク+華麗なスタンド技術が絶妙、でもアルドの戦い方の方がすごく見えるんだよな~JJも好きだけど自分の中ではアルドが1位だ!
Posted by フォーク at 2014年10月28日 19:54
ノゲイラとミトリオンが直接戦えばいい
Posted by ダック at 2014年10月28日 23:32
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索