2014年03月09日

『ROAD FC KOREA 002』試合結果

ザ・ロード スペシャル・プライス [Blu-ray]
ザ・ロード スペシャル・プライス [Blu-ray]

【RFC Korea02】キム・ミンウ、流れるような動きでRNC極める(MMAPLANET)

【RFC Korea02】端貴代、徹底的に組んでドローに持ち込む(MMAPLANET)

【RFC Korea02】残り19秒で亮AKB一本負け、対抗戦は1敗1分に(MMAPLANET)

【RFC Korea02】日本在住英国人ブッカンもRNCで一本負け(MMAPLANET)

【RFC Korea02】寺島も敗れ、対抗戦は3勝1分で韓国に凱歌(MMAPLANET)

 ソウルのグランドヒルトン・コンベンションセンターで開催された『ROAD FC KOREA 002』の試合結果。日韓対抗戦は日本の0勝3敗1引き分けに終わっています。


 なお、こんなこともあったそうです。ボーナスを寄付とは、なかなかできることじゃないですね。
posted by ジーニアス at 23:56| Comment(11) | TrackBack(0) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
前から思ってましたがRFCって結構ホームディシジョンが酷いですよね、判定になると殆ど韓国人の勝ちになるという…
まぁどこの国にもあるからしょうがない
Posted by フォーク at 2014年03月10日 04:16
マジで日本人のRFCの成績わるすぎ
Posted by ふな at 2014年03月10日 06:54
格闘技は選手の移籍に対して特に保障があるわけじゃないので、あくまで個人の任意ですがこういう関係も良いですね。
それだけROAD FCは良い環境なんだと思います。
Posted by ダーツ at 2014年03月10日 08:13
日本弱・・
Posted by 吉 at 2014年03月10日 12:22
詳しい人いたら教えて欲しいんですが、出場している日本人選手と韓国人選手のレベルのマッチングはどうなんでしょうか?
例えば韓国側が自国内トップクラスの選手達で日本人選手は自国内中堅レベルだとか、それぞれの国内でほぼ同クラス同士だとか。
同クラス同士でこの結果だと、いたたまれないですね。
Posted by (^o^)/ at 2014年03月10日 19:43
韓国勢も10戦もしてない選手なのでそこまで変わらないと思いますが以前山上と手塚が負けたのにはショックでした、、、

韓国の選手見て思ったことは確かに若くて勢いが凄く将来性が楽しみな選手が多いと感じます
Posted by ZQN at 2014年03月10日 22:26
ROADFCに出場しているの日本人選手のこと全然知らないんだけど。(笑)もっと強い選手を出そう。
Posted by カズマ at 2014年03月10日 22:30
> (^o^)/さん
男子は中堅レベル以下というか、これからの選手だと思うけど女子の端選手は日本の女子MMAを牽引してきたベテラン選手ですよ。
ただ端選手は今回が故障明けの復帰戦みたいでしたね。端と当てられた対戦相手の女子選手はかなり期待されてるんじゃないかな。
Posted by jin at 2014年03月10日 23:31
UFCを見てもわかるとおり、韓国MMAは日本を完全に凌駕していますよ。
しかも試合が面白い選手も多い。
日本はセコく勝とうとして硬い試合になる選手が多くて、勝っても負けてもイマイチな試合をするのが情けない。
正直言って韓国は好きではありませんが、最近の韓国人選手を見て、韓国MMAは好きになりました。寄付なんてなかなか出来るもんじゃありませんよ、かっこよすぎます。
Posted by きむら at 2014年03月11日 05:39
韓国の総合格闘技ブームは今って感じがしますね
日本はPRIDE時代の一過性(パンチor寝技のどちらがに特化している)に対する反動で
無理にバランス型の流行に乗ろうとして失敗している選手が多いような気がします。
まぁ時間をかけるしかないでしょう。


Posted by doc at 2014年03月11日 10:34
みなさんアドヴァイス有難うございます。
実績のある日本人選手も含めて勝ててないんですね…
水垣や堀口、菊野等例外もありますが、日本人選手はテクニック有るんでしょうが全般的に打撃戦があまり強くない印象が有ります。
相手に勢い良く出られるとズルズルとそのまま押されちゃいますね。
その辺が試合の印象にも影響しているんでしょう。
そこんところ何とか修正して行かないと。
Posted by (^o^)/ at 2014年03月11日 10:36
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索