2013年12月19日

石井文彦氏「UFCは全然稼げますよ。ただし勝てばの話ですが」

稼げる資格 2013年下半期版 (リクルートムック)
稼げる資格 2013年下半期版 (リクルートムック)

ファイター必読!敏腕マネジメントが語るUFCの歩き方/「UFCは全然稼げますよ。ただし勝てばの話ですが」(『Dropkick』チャンネル)
UFCに日本人選手を送り込むマネジメントといえば、シュウ・ヒラタ氏が有名だが、今回の「スペシャルトーク」に登場する石井文彦氏も腕利きのひとりである。現地在住でシーザー・グレイシーアカデミーやAKAなど幅広いネットワークを持ち、情報収集に余念がなく、熱心なロビー活動により電撃的に参戦が決まった日本人選手も数多い。そんな石井氏に「至近距離から見た北米MMA」の真実を語ってもらった。

――石井さんがマネジメントしている選手はどなたになるんですか?

石井 いまUFC、 ONE FC、 ROAD FCと契約しているKID選手、堀口恭司、朴光哲、徳留一樹、ストラッサー起一、福田力、BJ(小島伸一)、手塚基伸選手たちですね。ほかにも数名海外のプロモーターに提案をしている選手がいます。

(中略)

石井 こういう言い方をすると怒られるかもしれませんが、事情をよくわかってないと思うんです。たとえば日本だと「UFCに出ても儲からない」という言い方をされる方がいるようですが、いやいや全然稼げますよ、と。ただし「勝てば」の話ですが。

(中略)

石井 試合交渉だけならマネジメントとはいえないと思うんです。たとえば税金。よく「アメリカだとファイトマネーから30パーセントも取られて大して残らない」と言う選手もいますが、ちゃんと手続きを踏めばそんなに取られませんよ。凄くもったいない。

――選手の皆さん、いますぐ石井さんに相談しましょう(笑)。

石井 ボクやシュウ(・ヒラタ)さんはアメリカに住んでるから向こうの税制の理解があるんですが、それでも「知らないこと」は数多くあってそこはズッファから教えてもらったりしてるんです。で、ズッファが言うには、ボクとシュウさんが担当する日本人選手しか使ってない制度もあったりしますからね。(以下略)

 他にも興味深い話がたくさん載ってます。
posted by ジーニアス at 13:02| Comment(5) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
エイオキのこと言ってる?
青木からしたらそんなん知ってるわって感じだと思うけど。
それもリスクも含めた判断として今があるんだろう。
それを評価するかどうかは別として。
Posted by サブレッチェ at 2013年12月19日 13:23
青木は勝てないから関係ない話だね
Posted by ガンマ at 2013年12月19日 15:25
「勝つこと」に加えて主催者に気に入られる試合をすることも必要だと思う
Posted by ゲン at 2013年12月19日 16:26
青木がUFCを腐してたから事実を言っただけでしょうね。
川尻や菊野が青木より稼げるようになるかはわからないけど、稼げるようになって欲しいね。
Posted by きm at 2013年12月19日 18:22
久保田武蔵は無理でも高瀬大樹ならどうかな?
Posted by 発見シュミット at 2013年12月19日 20:16
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索