2007年04月08日

PRIDE.34速報2

第5試合
ドン・フライ vs.ジェームス・トンプソン
 試合前の睨み合いが凄い。額も鼻もくっつけ合い中尾ばりにキス寸前。トンプソンやっぱりダッシュ。でも滑る。フライが上になるがすぐにスタンドへ。互いに首を掴み殴り合う!一瞬だけ高山vsフライが再現される。フライがトンプソンをサイドスープレックス気味に投げグランドへ。フライ有利な体制を作ろうとするが攻めあぐむ。スタンドへ。トンプソンのパンチがヒット!フライ、コーナーに追い詰められピンチ!連打を浴びるがトンプソンも打ち疲れ気味。島田もなかなか止めない。2分くらい殴られフライが無抵抗になったところでようやくストップ。1R6分23秒トンプソン勝利。ここまで勝った選手全員とフライがマイクで榊原代表に感謝の挨拶した。

 休憩明け。高田本部長登場。「榊原信行、出て来いやー!」。榊原代表の挨拶。「やると言って実現出来なかったカードが一つだけある」。スピード2の曲が掛かる!桜庭和志、タイガーマスクを被って入場!続いてFLAME OF MINDが掛かり田村潔司入場!「本当は今日試合をしたかったのですが、次の体制のPRIDEで必ず実現させます!」。桜庭と田村が挨拶。「僕らにしか出来ない戦いをしたい」。

第6試合
青木真也 vs.ブライアン・ローアンホー
 ブライアン、青木の突進に合わせて飛びヒザ!クリーンヒットしなかったもののその勢いで青木が下になる。しかし青木冷静。スタンドに戻り再びブライアンが飛びヒザ!またもグランド。下から青木が腕ひしぎ!ブライアンたまらずタップ!1R1分33秒青木勝利。

第7試合
ソクジュ vs.ヒカルド・アローナ
 ソクジュ軽快にローを放つ。アローナ応戦しつつ寝技狙いか。アローナがタックル。しかしソクジュがぶる。柔道出身だけに腰が重い。頑なに寝技を拒否?がぶりながらサイドからアローナにパンチ。アローナ諦めたか離れようとする。すると離れぎわにソクジュの強烈なアッパー!アローナ吹っ飛ぶ!追い打ちの蹴り入れたところでストップ!1R1分59秒ソクジュ勝利。ソクジュまたしても大物食い!

第8試合
藤田和之 vs.ジェフ・モンソン
 藤田はPRIDEを代表して戦うという意気込みから「PRIDEメインテーマ」で入場。モンソンはパンチを打ちながら突っ込む。グランドに。一瞬藤田が上になるがモンソンがスルリとバックを取りスリーパー狙い。藤田振りほどいてスタンド。モンソンタックルに行くが藤田は切る。フロントやサイドからヒザを入れる。スタンドへ。モンソンまたもタックルに行くがまたも藤田は切る。よし、勝てるぞ!と思った矢先、モンソンがバックに回り込み。スリーパー狙い。今度も外すだろうと思いきや極まってしまった。。。1R6分37秒モンソン勝利。

 試合後に高田やファイターたちが榊原代表の労をねぎらう。以上です。

人気blogランキング
posted by ジーニアス at 17:32| Comment(2) | TrackBack(0) | プロ格観戦記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
青木の三角締めスキす
ノゲイラもUFC行くみたい
Posted by 超 at 2007年04月08日 18:15
>超さん
私も青木は好きです。UFCは打撃系選手が多いのでノゲイラが出ると新鮮でしょうね。
Posted by ジーニアス at 2007年04月09日 02:09
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索