2007年04月08日

PRIDE.34速報1

 当日券は全席種売っていたが8割ほど入った。

第1試合
中尾“KISS”芳広 vs.エジソン・ドラゴ
 1R。打撃では目立った攻防なし。中尾のタックルが何回か決まるが決定的ポジションは取れない。中尾のソバットがドラゴの脇腹に当たるが当たりが浅い。7分過ぎチキンウイングアームロックが極まりかかるが逃げられる。中尾、袈裟固めに切り替えた。ガッチリ入りドラゴたまらずタップ!9分15秒中尾勝利。

第2試合
バタービーン vs.ズール
 体重185キロ同士(笑)。開始早々殴り合い!ズールの胴タックルでズールが一瞬上になるが、倒れた勢いでクルリと回転。バタービーンが上になってしまう。二人とも丸いから起きた現象(笑)。バタービーン、アームロック狙うがズール堪える。バタービーン、ズールの腹にコツコツパンチ浴びせ再びアームロックにトライ。今度は極まった!1R2分35秒バタービーン勝利。

第3試合
瀧本 誠 vs.ゼルグ・弁慶・ガレシック
 瀧本は初めて裸で試合。胴タックルにいくがゼルグはコーナーを背に粘る。瀧本強引に引き倒す。サイドを奪うが極めきれず。ゼルグ脱出し瀧本が下の猪木アリ状態。ゼルグジャンプし瀧本の顔面踏み付け!そのままマウントも取られるも脱出。スタンドで打ち合い。リーチ差で打ち負け大ピンチ!倒され瀧本目から流血。万事休すかと思いきや。グランドで大逆転。ヒザ十字からアームロック!ゼルグタップ!1R5分40秒瀧本勝利。

第4試合
ギルバート・アイブル vs.小路 晃
 小路のタックルが入り小路が上のガードポジション。コツコツパンチを当ててハーフマウントへ。するとアイブルが突然小路の足首を取る。ヒールホールドだ!小路も負けじとヒール狙い。完全にリングスの攻防じゃん!アイブルが手を離した。小路チャンスか?いや、アイブルが上にのしかかってパウンド連打!レフェリー止めた。1R3分46秒アイブル勝利。

人気blogランキング
posted by ジーニアス at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ格観戦記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索