2013年11月01日

12.21『GLORY 13 TOKYO』でアーツ、シュルト、ボンヤスキーが引退、谷川貞治氏がプロデューサーに限定復帰

ハレンチじゃなくて、いったい、人生にどんな意味があるんだ!
ハレンチじゃなくて、いったい、人生にどんな意味があるんだ!

 GLORYが12.21『GLORY 13 TOKYO』の記者会見を開き、ピーター・アーツらの引退を発表。

【グローリー】ピーター・アーツが日本で引退試合(イーファイト)
 10月31日(木)都内にて記者会見が行われ、12月21日(土)東京・有明コロシアム で開催される『GLORY 13 TOKYO』にてピーター・アーツが引退試合を行うことが発表された。

 アーツは引退する理由を「こういう機会を設けてくれるので引退することにしました。ケガや年齢が理由ではありません」と説明し、引退試合へ向けて「私はキャリアの多くを日本で費やしてきたのでラストファイトは日本でやりたかった。K-1で応援してくれたファンの人たちに見せもらいたい」とメッセージを送った。

 対戦相手は2013GLORY11ヘビー級トーナメント王者リコ・ベホーベン(オランダ)に決定し、「もちろん自信はある。私が勝って彼のこれからの人生を難しいものにしてやります。私は最後まで諦めずに戦います」とした。なお、今回の試合はキックボクサーとしての引退試合であり、プロレス活動については継続する可能性もあるという。

(中略)

 また、アーツと同じくK-1で活躍してきたレミー・ボンヤスキー、セミー・シュルト(いずれもオランダ)も同大会で引退することが発表され、ボンヤスキーは引退試合を行うか現在調整中、シュルトは負傷箇所があるためにドクターの診断次第となる。3選手の引退セレモニーは行われる予定。

 アーツは大晦日に小川直也と対戦するようですし、IGFには上がり続けるんでしょうね(追記:大晦日の小川戦は消滅でした)。シュルトは以前心臓の病気により引退との報道がありましたが、試合はできるのでしょうか…。

【グローリー】元K-1・谷川貞治氏がプロデューサーに復帰(イーファイト)
 10月31日(木)都内にて、12月21日(土)東京・有明コロシアムで開催される『GLORY 13 TOKYO』の記者会見が行われ、ピーター・アーツの引退試合の発表と同時に、元K-1プロデューサーの谷川貞治氏が一度限りのゲストプロデューサーに就任することが発表された。

 会見に出席した谷川プロデューサーは 「ピーター(・アーツ)が引退するので裏方に回って、今回1回限りの協力をします。現在地上派を含めて日本のテレビ局と交渉中です。ただし、K-1でお世話になったテレビ局にほぼ固まりつつあります」とコメントしている。なお、会見場にはフジテレビスポーツのスタッフが訪れていた。

 2003年からK-1創始者・石井和義氏からバトンタッチを受けるかたちで谷川氏がK-1のプロデューサーに就任。谷川氏自ら社長を務めるFEGもK-1の運営を担当するも、2010年より選手への未払い問題が浮上し、2012年5月7日から破産手続きをした。今回はそれ以来の表舞台となった。

 ここで谷川氏が限定復帰するとは驚きですが、日本のテレビ局と交渉役はこの人しかいないということなのでしょう。谷川氏はツイッターで以下のコメント。


















posted by ジーニアス at 05:50| Comment(18) | TrackBack(0) | GLORY | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いろいろ批判もあるだろうけど、谷川氏はやるからにはTV局との交渉やPRを頑張ってほしい
この大会はK-1ファンなら会場観戦必須ですね
Posted by MMA at 2013年11月01日 07:14
谷川貞治のさよならパーティーはいつやるんですか?
それとシカトこかないで、宮田和幸選手に連絡取りなさい。
Posted by ガッツ基地 at 2013年11月01日 07:40
この大会はK-1ファン必死って

今まで裏切られた奴らを いまさらみたくないだろ?
Posted by 田中きよし at 2013年11月01日 08:18
まぁ迷惑かけた分、ただ働きさせようって感じなのかな。
自分の身が危ういのでセフォーには声かけないのかなw
Posted by マロン at 2013年11月01日 08:45
貼られたルンバのツイートにサッと目を通すと、
「うんうん、あなたにはまだ責任があるので少しでも貢献しなさい」とか「お前よく平気でそんな事言えるな」とか色々考えるが、結論としては、

●今回ルンバは弁当代のみ。
●全力をあげて裏方貢献し選手に少しでも還元する事

かな
Posted by むぅ at 2013年11月01日 09:23
>この大会はK-1ファン必死って

>今まで裏切られた奴らを いまさらみたくないだろ?

必死じゃなくて必須でしょ。
それに選手に裏切られてきたわけじゃないし、
一時代を築いた選手が一堂に会する大会ですから、
K-1ファンなら会場に足を運びたくなると思いますよ。

地上波放送が決まったとして、谷川が解説席に座るとかはしないでほしいですが。
Posted by みゆパパ at 2013年11月01日 10:54
> 田中きよしさん
裏切ったのは谷川であって、アーツ達ではないでしょ。むしろアーツ達は未払いの被害者なわけで。
K-1の伝説の王者であるアーツ達の引退試合を見に行くことがK-1ファンにとって必至なのは当然でしょう。何がおかしいんですか?

GLORYはアメリカを拠点にしていくから、日本大会でこれだけ豪華なイベントになるのは今回が最後かもしれないし、これはなおさらK-1ファンならチケット買って見に行くしかないですね
Posted by KO1 at 2013年11月01日 10:59
bs238で当日放送が見れる事だし、地上波とかは関わらないで欲しいな
またややこしくなるかも知れないし
Posted by @ at 2013年11月01日 11:42
記事を見る限りだと、テレビ局とのパイプ役で担ぎ出された感じかな。
GROLYが地上波契約を結べれば、それだけ出場選手も潤うわけで、ヤフコメとかで言われてるほど悪い話でもないように思う。
谷川には迷惑を掛けた格闘技業界や選手たちに誠心誠意尽くすつもりで、全力で地上波との契約を成功させて欲しいけどね。
Posted by 真の禊 at 2013年11月01日 11:47
なんだかをんだで谷川はやり手だからね!働き者だし!是非フジで地上波を決めて欲しい!頑張れ、谷川!
Posted by ケイト at 2013年11月01日 12:25
谷川氏はボブのオランダ逃亡事件とか平気でツイートしているが、
あれは谷川氏が当日までにサップとの契約をまとめ切れず、無契約状態のまま試合当日を迎えてしまったのが事の真相だろう。
2010年の大晦日も3万ドルでサップにオファーしたものの、サップが日本に到着した直後に1万5千ドルに値切って拒否され、谷川は事実を隠蔽し敵前逃亡したと勝手な会見を開いた。
谷川氏は対戦相手だった鈴川真一と、共同開催のIGFに迷惑をかけた。その後サップはIGFのリングに上がり続けている事からも、両者の関係は良好であり、問題は彼にあったことが分かる。

また去年も「赤字は出した事はない」と声明を発表し、ギャラ未払いは赤字の範疇に入らないかのような発言をした。言ってみれば谷川Pは平気で嘘がつけるタイプの人物。
こういう人間を再び人を管理する立場に就けて良いものかどうか・・・。
Posted by ライク at 2013年11月01日 14:05
石井館長もゴン格でK-1自体はずっと黒字だったけど、リアルエンタのDREAMが毎回5000万円以上の大赤字で、本来リアルエンタが払うべきものもFEGが払ってしまい、FEGに入るべき利益もリアルに入っていたのがFEGの破綻の原因の第一と言ってましたね。
Posted by tete at 2013年11月01日 14:47
宮田とセフォーの来場も希望!
Posted by 長い歴史 at 2013年11月01日 17:59
バンナを忘れちゃいけないでしょ!
谷川はしっかりやってほしいな。
Posted by bk201 at 2013年11月01日 19:00
これ、なんだかんだ、谷川さん、綺麗事言ってますが、未払いの選手には、一円もいかないんでしょうね^_^;

そういうやつが運営に携わるの信じられません。
マジで会場にセフォーこないかな。
Posted by むみん at 2013年11月01日 20:04
K-1版やれんのか!みたいな感じ?
おっさんにはたまらない面子だろ
ずっとテレビで観てたけど初めて会場に行ってみようかな
Posted by ララガーデン at 2013年11月01日 20:28
まあオファーがあって本人がやる気があるなら何でも頑張ってやればいいよ。
別に死んで償う訳でもないし、生きてる限りは仕事を頑張るしかないだろう。
もうグローリーもメンバー的にK-1とは別物になりつつあるし、いい転機なのでは。

しかしK-1の最終回が日本で出来るなら良い事だな。
ドリームや戦国はこのまま後味悪くフェードアウトなんだろうが、K-1の区切りぐらいは欲しいわな。
Posted by お at 2013年11月01日 23:02
未払いの選手に一円もいくわけないでしょ。
何のための自己破産だと思ってるんだか。
Posted by 御手洗 at 2013年11月01日 23:10
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索