2013年02月23日

デイナ・ホワイトがジョン・フィッチをリリースした件についてコメント

会社を辞めるときの手続き マル得 ガイド
会社を辞めるときの手続き マル得 ガイド

UFC President Dana White defends company's decision to cut Jon Fitch(MMAJunkie.com)

 UFC 157の記者会見でデイナ・ホワイトがジョン・フィッチをリリースした件について以下のコメント

「彼はとても非経済的だった。結局はどこかで復帰戦をするだろう。これはスポーツビジネスだし、よくあることだ。(ベラトールの親会社である)バイアコムは大金があるし懐も痛まない。彼が稼げる場所は他にいくらでもある。彼はベラトールやその他の団体に行けばタイトルを獲得するだろう。向こうに行けば全員をブッ潰してチャンピオンになれる。彼は外に出て何試合か勝って感銘を与えれば戻れる」

「(リリースが批判されている件について)勘弁してくれ。こういうことは他のスポーツでもよくあることだ。(NFLの)グリーンベイ・パッカーズだってチャールズ・ウッドソンをクビにしたんだ。他にもクビになったりトレードされたりしているのは100万人ほどいる。我々は470人ほどのファイターと契約してるんだ。今現在100人以上が(リリースの)候補になっている。まだ血は出し切っていない。(リリースされるファイターは)まだまだ増えるだろう」

「ジョン・フィッチがランキングで9位であろうと7位、6位、4位、2位であろうと我々は切る時は切る。彼はナンバー1だったこともある。タイトルに挑戦した後、2位、3位、6位、7位と落ちて行き、今は9位だ。こういうのを右肩下がりと言う。彼は(最近4試合で)1勝2敗1引き分けだった。『エリック・シウバに勝ったじゃないか』という声もある。あれはエリック・シウバにとって初めてのリアルファイトだったしグレートファイトだった。彼はファイト・オブ・ザ・ナイトのボーナスも獲得した」

「(以前AKAとテレビゲームの肖像権で揉めたことが関係してるのかと尋ねられ)バカじゃないのか? 私はこのビジネスをしてきてティト・オーティズ以上に嫌った人は誰もいない。私は彼の試合を見るたびに『やられてしまえ!』と思ったものだ。それほど私は彼のことを嫌っていたが、そんな彼でもUFCでキャリアを終えた。ランペイジは我々についてクレイジーなことばかり言っていた。バックステージで彼を見た時、私は彼と握手した。試合前のことだ。彼は『寂しくなるな』と言ったので『私もだ、兄弟』と言った。そこにはもう悪い感情はない。その点、ジョン・フィッチとデイナ・ホワイトのバトルなんて大袈裟に言われているだけだ。私は彼のことを1オンスも悪く思っちゃいない。ほんの少しもない。私はジョン・フィッチが好きだ」

「(フィッチに判定決着が多いのが理由かと尋ねられ)私はマット・リドルのことが嫌いか? 彼のスタイルが嫌いだから出て行けと言ったとでも? だがリドルはフィッチのような闘い方をするぞ。最近のことだ。彼はスーパーエキサイティングな試合をしていたが塩漬けするようになった。これはMMAだ。エリック・シウバ戦が良い試合になったのはシウバが彼のレスリングを殺し打撃をヒットさせたからだと思う。ファイターならそうあるべきだし、世界一を目指すべきだし、みんなに感銘を与えなければいけない。自分がどれだけ金を稼ぎたいか、相手を倒したいか、試合を見たいと思わせるかだ」

「実はジョン・フィッチの件についてファンの反応は物凄いものがあった。多くの人たちが彼のことを応援してくれているのが嬉しい。それは悪いことではない。良いことだ。ただこれだけは言える。ジョン・フィッチは安くないぞ。バイアコムは金は持ってるから彼がフリーになったことで自分の価値が分かるというものだ」
posted by ジーニアス at 01:38| Comment(21) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そもそもフィッチの解雇でこんなに騒がれるのはUFCに一極集中しているからですよね。
Posted by 犬ロック at 2013年02月23日 01:55
好試合連発かつ他でチャンピオンになればUFCに戻れるって言うけど
これフィッチにとってはUFCの永久追放も同然じゃないの?
「せいぜいベラトールでフィッチを有効活用してやってくれ。試合の塩分もギャラも高いけどな。笑」
とでも言わんばかりに、やたらバイアコムを挑発してる辺りにダナの本心が垣間見えるっつうか。
長年主戦場にしてきたUFCを厄介払い同然に追い出された挙句
団体間を巡る政治闘争の材料にされちゃったフィッチがかわいそうで仕方ない。
Posted by ozzy at 2013年02月23日 02:52
うーんデイナの言い方がまわりクドいんでしょうか。
リリースした理由がイマイチ分からないですね。
特に塩漬けのくだりはリドルの例を出してますが、何を言ってるんだ…
OMASUKIさんのところでも記事が上がってますが、やっぱり分かりません。


Posted by ろばーと at 2013年02月23日 02:57
うーんなんか微妙…w納得いく答えではないな
Posted by お at 2013年02月23日 03:07
経営者として人気選手であろうが、割に合わないものは切る。PRIDEほどの熱狂は望めないが、長く総合格闘技を楽しませて頂けるという点ではありがたい。
Posted by kmatsuo at 2013年02月23日 03:12
いつも貴重な情報をありがとうございます。この記事の原文を読む機会があったのですが、デイナが「He went from being super exciting to now he wants to grab your legs and hold you down」と語っているのは、フィッチについてではなく、マット・リドルのことではないかと思います。つまり「リドルはかつてはスーパーエキサイティングな試合をしたが、今では(フィッチと同様に)塩漬けをするようになった(しかし、だからといって、リドルの首を切るわけではない。つまり私は、フィッチのスタイルが嫌いだから彼を切ったわけではない)」というニュアンスではないでしょうか。
Posted by がんた at 2013年02月23日 03:19
ジョン・フィッチは短期間で、他団体のチャンピオンになれるほど、本当に、強い。
Posted by あ at 2013年02月23日 03:43
いつも、貴重な情報をありがとうございます。
こういった情報を知る事ができ、アメリカではMMAが本当に大きなビジネスになったと改めて感じます。
日本にもMMAと言う競技が認知され、ファイトスポーツとしての市場を持ち、ちゃんとしたビジネスとして発展して行ってくれる機会が生まれる事を願いたくなりました。
Posted by 96 at 2013年02月23日 03:44
>がんたさん
直しました。ご指摘ありがとうございます。
Posted by ジーニアス at 2013年02月23日 04:07
自分はフィッチの試合は退屈だったのでリリースしたことに依存はありません、でもバイアコムを必要ないのに挑発するのはいただけない、こういうのは読んでいて気分がいいモノではない。

>(以前AKAとテレビゲームの肖像権で揉めたことが関係してるのかと尋ねられ)
アメリカのMMAマスコミのレベルの低さが分かる質問。本気でそんなこと聞いてるのかね。

「みんなに感銘を与えなければいけない。自分がどれだけ金を稼ぎたいか、相手を倒したいか、試合を見たいと思わせるかだ」
これがフィッチがリリースされた理由ですしょう。ファンがお金を払って時間を割いてでも見たいと思う選手になれと言うこと。
ベラトールからもフィッチは体のいい断りを入れられています。あの退屈な試合を『見たい人が少ない=需要がない』のです。
Posted by ガッツ at 2013年02月23日 05:00
適当な事を言って誤魔化しとるな。
470人を200人にするという状況でフィッチを切るならわかる。
ただ単にこのタイミングでフィッチを切るというのが理解出来ないだけ。
実力主義の競技を謳ってる以上、解雇基準などがあまりにも平等を逸脱するとそりゃ批判されるわ。
ある程度は許容するし誰もが理解もするだろうけど、フィッチ程の選手をこんなにあっさり解雇するというのは異常だという事なんだよ。
Posted by あ at 2013年02月23日 08:27
ジャッジがレスリングを重視し過ぎるからこうなるんだよ。
Posted by アラフォー at 2013年02月23日 08:44
AKB同様、金になるタレントは全力で守り、金にならないタレントは即解雇。そういう世界だと思います。

つまりはフィッチにそれだけの価値はないとの見解でしょう。

過去何連勝しようと、何位にランキングされていようとも、団体に利益をもたらさない選手は必要ないと。
Posted by 秘密 at 2013年02月23日 09:46
 デイナの言っていることは聞く人が聞けば全くの正論だと思いますね。
 例えば、その他のプロスポーツのコミッショナーやチームオーナーなどに聞けば、デイナを批判する人は恐らくいないのでは・・?
 プロスポーツ、興業、エンターテイメントの世界は情け容赦無く厳しいから、こういうことが時としてあって当たり前だと思います。
 仮にデイナ&UFCがそれによってファンを失えば、彼が後悔すれば良いのでしょうが、少なくとも今回はそうはならない自信があるのでしょう。
 
Posted by ufcer at 2013年02月23日 09:59
解雇したのは嫌いだからじゃないよ、高い割につまんないからだよってことか。
フィッチもある程度は納得してるのかもね
Posted by サブレっち at 2013年02月23日 10:10
フィッチが右肩下がりで、高くて集客力もないからクビってことですか。
これじゃ他団体も欲しがらないんじゃ。。。
Posted by masa at 2013年02月23日 11:26
フェアな競技もエンターテイメントのためだからなぁ。

これくらいの柔軟性があっていいと思う。
無視できないくらい強いってワケじゃないかも。

よくあるジレンマかな。

直接的な投資としてはもちろん、競技性の維持強化のための投資と考えてもリターンが見合わないと判断したんでしょう
Posted by nao at 2013年02月23日 13:14
コスパが悪いんだよフィッチさんは。
Posted by NMB at 2013年02月23日 13:19
何気にデイナがバイアコムについて語るのは滅多にないこと
数年前ならライバルをジョークとこきおろしてましたが

一方のレブニーの記事を合わせて考えるに
ベラトールはUFCのライバルになる野望があり
いつかどこかで敵対することになるんじゃあないかなと
今のとこお互い住み分けてますけれど
Posted by オーウェン at 2013年02月23日 14:49
高いのにつまんない選手は実力あっても切るってことか。
やっぱ納得できない・・
Posted by あ at 2013年02月23日 17:23
ギャラは契約次第なんだから、
低い額を提示すればいいんじゃないの?

それをフィッチが断ったのかな
「俺の実績を考えればファイトマネーが高くて当然だ」って
それで「お前なんかイラネ」って流れかな

でもさ、正直フィッチ切るくらいなら
フライ級とか女子を止めてほしいと思うのは僕だけですか?
UFCがこのまま頑なに、
実力者を切ってフライ級とか女子をごり押しするなら、
むしろ離れていくファンも多い気がするけどなぁ
Posted by パプアニューサトシ at 2013年02月24日 09:51
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索