2012年11月27日

ロレンツ・ラーキン「ロックホールドもメレンデスもわざと欠場したと思う」→ロックホールドが反論

格闘技本
菊地成孔

格闘技本
マット界 噂の三面記事 Vol.2 (晋遊舎ムック) 電池以下 サブカル・スーパースター鬱伝 Dropkick(ドロップキック) Vol.7 (晋遊舎ムック) JAZZDOMMUNE (DOMMUNE BOOKS 0008)
by G-Tools

Video: Strikeforce's Larkin lashes out at Rockhold's withdrawal, questions UFC timing(MMAJunkie.com)

 1月12日のストライクフォース・オクラホマシティ大会でルーク・ロックホールドのミドル級王座に挑戦する予定だったロレンツ・ラーキンがロックホールド欠場についてコメント

「時間稼ぎを意図的にしているのなら嫌だね。(同じく負傷欠場した)ギルバート・メレンデスだってそうだ。ロックホールドは闘いたくないだけだと思う。彼がUFCに行くのは間違いない。だったらこの試合を受けるべきじゃなかった。俺も他の相手と闘う方がいい」


Champ Rockhold calls Larkin attack 'pretty amateur,' eyes early 2013 for return(MMAJunkie.com)

 これに対しルーク・ロックホールドが以下のコメント。

「彼は誤解している。俺はそうしなきゃいけない状況だったし俺を批判するのはアマチュアじみている。(手首をケガしたので)何かを掴むたびに痛みが走るし、まともにパンチも打てないから泣きたい気分だ。俺はステロイドを使ってないから使っている連中に比べて早く回復するかどうかも分からない。俺は自分の知ってるやり方で回復に努めるだけだ」

「彼らは確認して来なかったし、俺が闘う準備ができると思ってたが、俺はできなかった。何でそうなったのかは分からない。真相を知ろうとも思わない。俺は練習ができなかった。彼らが試合を発表した後、俺はすぐに連絡をして自分のコンディションについて話した。そして今はこの有り様だ。彼らはその日にやりたかったし、他のファイターに対してもそうだと思うし、彼らは理由があって最後の大会に組みたかったのだろう。だがそれは無理があった。俺はその日には間に合わない」

「UFCに行く前に闘いたくないというのは考えたこともなかった。俺はケガをしている。俺は金が欲しい。ロレンツ・ラーキンを黙らせたい。UFCに移籍するのを待ってるわけじゃない。そんな計算はしていない。そういう話を聞いたことがあるが、そのために待つつもりはない。俺はやりたいことがたくさんある。ケガでそれが阻まれている。家を買いたかったが稼げるまで待つことになった。俺は単純に闘いたいし、誰であろうと構わない。現時点ではロレンツと闘いたい」

「UFCに行けたら嬉しいが、それ以前に試合をして稼ぎたい。俺は世界最強になりたい。それがここにあるのか、そこにあるのかは別として俺はとにかく試合がしたい」
posted by ジーニアス at 16:23| Comment(7) | TrackBack(0) | ストライクフォース | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
UFCじゃ中堅にあっさり負けそう
Posted by あsd at 2012年11月27日 17:22
負傷欠場したくせに偉そうに
Posted by あみん at 2012年11月27日 17:44
負傷はしょうがないですし、ちゃんと反論と説明をしているだけで
偉そうには見えませんが・・
Posted by K at 2012年11月27日 17:55
ジャカレイかケネディとやって、勝ったらUFCでロックホールドと対決するってのはどうだろう。
Posted by 赤髪のリーベン at 2012年11月27日 18:11
誰もロックホールドに期待してないですな。12月に復活するクリスリーベンに息の根を止めてほしいですな。
Posted by ghostrider at 2012年11月27日 18:17
>彼らが試合を発表した後、俺はすぐに連絡をして自分のコンディションについて話した。

試合に関して契約済みだったのなら、怪我した時点ですぐに報告するべきなんじゃ・・・?
そうすれば発表前にキャンセルできたんじゃないのかな。
ダンヘンもそうだったが怪我の申告が遅いんじゃないの?
一般の仕事だったらミスの申告をしないようなものだし、替えの効かない立場というポジション考えれば下手すれば減給だよ。
Posted by カラス at 2012年11月27日 19:31
ラーキンは良く言った。
Posted by pretty侍 at 2012年11月27日 20:41
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索