2012年10月25日

谷川貞治「ファンがルールやマッチメイクやギャラを決める大会を考案中」

平謝り K-1凋落、本当の理由平謝り K-1凋落、本当の理由
谷川 貞治

ベースボール・マガジン社 2012-10-26
売り上げランキング : 708

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

原 タコヤキ君(Twitter)

 元『紙のプロレス』の編集者である原タコヤキさんが三省堂書店で開催された谷川貞治氏の『平謝り K-1凋落、本当の理由』発売記念トークショーに参加され、コメントしています。トークショーには山口日昇氏も参加しています。

会場はほぼ満員。

谷川貞治さん、心からお詫び申し上げますとのこと。

谷川貞治サイン会、谷川さん、お詫びした後は朝岡さんに誤植のことをチクリ。

谷川貞治サイン会、山口会長は三年ほど資金繰りに追われていたとのこと。

谷川貞治サイン会、谷川さんと会長とバーストブラザーズを結成。

谷川貞治サイン会、谷川さん、ドリームにお金払ってないんですよと半笑い。

谷川貞治サイン会、ファンがルールやマッチメイクやギャラを決める大会を考案中とのこと。これが重大発表なのかな。

谷川貞治サイン会、谷川さん、オンラインコミュニティとクラウドファンディングがキーワードとのこと。

谷川貞治サイン会、そのイベントは11月半ばから動き出すとのこと。始動するって意味かな。

谷川貞治サイン会、山口会長、かみぷろというWebマガジン創刊を宣言。

谷川貞治サイン会、谷川さん、かみぷろでちい散歩みたいなことをやりたいとのこと。

 「ファンがルールやマッチメイクやギャラを決める大会」とは斬新な…。とにかく頑張ってくださいとしか言い様がないですね。
posted by ジーニアス at 21:04| Comment(22) | TrackBack(0) | K-1 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マッチメイクやルールはともかく、ギャラはどうなんだろw
Posted by 社長 at 2012年10月25日 21:16
>ファンがルールやマッチメイクやギャラを決める大会を考案中とのこと。
なんだか職場放棄のような感じが(苦笑
Posted by 豆増 at 2012年10月25日 21:56
トークショー行きました。山口氏が話してる姿初めて見たwDREAMにお金を払ってなくて半笑い~とあって罪の意識がなさそうに伝わりそうですが、本当に申し訳なさそうにしてましたよ。半笑いでなくて苦笑いですね。活字は怖いですな。
Posted by 濃飛 at 2012年10月25日 22:27
もう何でもありだなw
Posted by カマン at 2012年10月25日 22:33
ギャラがわからないとか、選手が不安になるだけじゃんか。
そんなの一体誰が得するんだよと。
行き当たりばったりの戦略、何も変わってないな…。
Posted by UGF at 2012年10月25日 22:36
この人好きな人いるのかね?


若花田(若ノ花)を電柱の影から勧誘した時点から大嫌いだな!!
Posted by B at 2012年10月25日 23:14
ギャラは払わないとね
長州じゃないんだから
Posted by pretty侍 at 2012年10月25日 23:49
谷川さんはファンのニーズがまるっきりわかってないね。だめだこりゃ。
Posted by すまほ at 2012年10月26日 00:17
オクタゴン&OFGのキックボクシングが見たいです
Posted by いろは at 2012年10月26日 03:52
ラスタとんねるずでやってた人間将棋みたいな感じか?
Posted by マロン at 2012年10月26日 08:11
ギャラを払うのもファン。
Posted by かねなし at 2012年10月26日 08:15
もう魔裟斗やK-1看板選手 VS 引退してブランク状態にあった他競技の格闘家っていう、メチャクチャK-1選手擁護なマッチメークしなくて済むから、少しほっとしてるのでしょうかね? いつも、松坂投手の前に、原監督を打席に立たせてガチな対戦させてるようだったよ! まるでさー、
Posted by イノキボンバイエ at 2012年10月26日 10:17
K-1は、谷川(元EP)や、または裏側から石井館長が隠政を敷き過ぎてたように思えたのと、よほどMMAに対するコンプレックスや、立ち技は寝技とか投げ技には応用が効かない、K-1は総合やプロレスラーよりか弱いってコンプレックスが過剰にまで被害妄想が強かったせいか、魔裟斗を中心に、他競技のた対戦に、えげつないほと、そして狡猾なまでに、K-1勢絶対ルールの中に、札束ちらつかせて不利なルールに他競技格闘家を引きづり込んでK-1最強をアピールしてましたが、そこらへんもK-1破綻に繋がる要因の一部にはなってたものかと考えてます。
Posted by イノキボンバイエ at 2012年10月26日 11:10
このつくづく「コレ面白そう」の人だな
Posted by A・A at 2012年10月26日 11:55
もう格闘技にかかわらないでほしい
Posted by k at 2012年10月26日 12:30
まだ格闘技に関わろうとするかね。この人は。
Posted by cccp at 2012年10月26日 14:12
団体が成熟してくるとかならず沸いてくる判定狙いヤローへの対策としてはファンがギャラを決めるってのは面白いアイデア。
他人が築いた人気の上で勝てばいいみたいなつまらない試合する選手が大金掴むのには不満もあったしね。
ただ問題はどう考えても絵にかいた餅で終わりそうなところw
Posted by ワイン at 2012年10月26日 16:13
自殺しなかっただけでも、えらい。
個人の資産も、全部売り払ったとか書いてたし。
それでも、表面上は平静を保つなんて
なかなか出来ないこと。
これからも、頑張って欲しい。
Posted by ジャンリュック at 2012年10月26日 16:38
基本給はダメだけど、それ以外にボーナスポイントを用意してそれの配分を投票で決めるのは面白いかも。
ファイトオブザナイトやベストノックアウトみたいな形を投票にするのもいいけど。
でも現実的には試合内容に関係ないコアなファンの組織票で現金が動くことになりかねないので難しいかな。
ネット排除してチケット半券を投票用紙にしてもやっぱりそういう組織票は出来てしまうだろうし。
Posted by カラス at 2012年10月26日 17:32
ファンがこの人の行先決めるってのはどう?w
Posted by 六雪駄 at 2012年10月26日 17:43
>K-1は総合やプロレスラーよりか弱いってコンプレックスが過剰にまで被害妄想が強かったせいか、魔裟斗を中心に、他競技のた対戦に、えげつないほと、そして狡猾なまでに、K-1勢絶対ルールの中に、札束ちらつかせて不利なルールに他競技格闘家を引きづり込んでK-1最強をアピールしてました

記事から脱線して申し訳ないけど、その発想こそまさにコンプレックの裏返しというか、被害妄想じみてる。
K-1の源流は他流試合。キック系選手vs他競技の選手、という試合が後期まで組まれ続けたのはある意味必然でしょう。
アリスター、サップ、ホンマンなど他競技(もしくは外敵)の選手がK-1選手に勝って一般人の注目を集めた過去もあるわけで
マサト一人を除き、運営は常にK-1選手の勝利を望んでるわけでもなかったと思う。
Posted by KK at 2012年10月26日 18:39
それだ!
Posted by マティアス at 2012年10月26日 22:56
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索