2006年12月17日

石原真理子が亀田vsランダエタを生観戦するらしい(笑)

 久しぶりにボクシングの話題をメインに。

興毅 “リバウンド作戦”でKOや!(デイリー)
 試合当日、興毅がスーパーフライ級のリミットでリングに上がる。本来のライトフライ級の2階級上で、体重にして約3キロを増量する。19日の計量後に一気に体重を増やす。急激な増量は胃袋に負担をかけるが、それを覚悟で増量に挑む。目的はただひとつ。パワー負けしない体作りだ。

 初めてライトフライ級でリングに上がった前回、試合当日の興毅の体重は、50キロをわずかに超えただけでフライ級リミットを割っていた。対するランダエタは7キロ以上増の56キロ。フライ級の興毅に対し、ランダエタは4階級上のフェザー級のリミットで、明らかに体のサイズが違っていた。

 これ、誰でもやってることなのに何を今さら・・・だよな。PRIDEに上がる選手も前日計量より10キロ以上重い選手もいるって“ブッカーK”こと川崎浩市氏も言ってるし。1日に10キロ増量なんて日本人が真似したら却って動きが悪くなりそうだが・・・外人パワーには敵わない(byミスター高橋)ってことだろうね(笑)。

 そんな亀田興毅に意外な“サポーター”が現れた。

石原真理子 亀田世界戦を生観戦(デイリー)
 13人の芸能人との交際を暴露した自叙伝「ふぞろいな秘密」で“時の人”となった女優・石原真理子(42)が、20日に東京・有明コロシアムで行われるボクシングのWBA世界Lフライ級選手権「亀田興毅対ランダエタ」を生観戦することが15日、明らかになった。

 格闘技好きの石原が、以前から亀田3兄弟のファンということで来場が決定。「興毅クンが勝利することを心から願っています」とエールを送った。当日は1、2列目付近のリングサイドで応援を予定。勝利の際には、試合終了後の打ち上げで花束を贈呈するプランもあるという。

 “問題”の自叙伝は早くも10万部を突破。「(私も)自叙伝を出版するにあたり、悩みに悩みましたが、今では出版に踏み切って本当によかったと思っています。興毅クンも頑張っているんで私も頑張っていきたいです」とコメントした。

ふぞろいな秘密
ふぞろいな秘密


 やっぱりバッシングを浴びている者同士シンパシーを感じるのでしょうか?(笑)これは笑える。

 さらにこんなネタも。

亀田-ランダエタ 本当にちゃんと試合やるのか!?(拳論★取材戦記)
 でも、極端な話、例えばランダエタ側に「1000万円あげるから負けてよ」と言えば了解しちゃいそうな背景はある。日頃のファイトマネーが100万円にも満たない程度で、ミニマム級の世界戦で来日したときのギャラもそこから大きく離れていない。ましてランダエタはキャリア終盤で近いリタイアをほのめかしていたような選手。大金稼げる「仕事」をしちゃった方が楽なのは明白だ。で、亀田側もその程度の金で解決するなら安い買い物。きっちり勝てばスポンサーも付くし今後の商売として限りないリターンがある。このビジネスのディール成立が想定できるから、どうしても疑いの目で見てしまう。

(中略)

 p。s。ちなみに本日の夕刊フジは12・20亀田チケットの販売状況が記事に。偽造チケットが出回る余地もなさそうです。

 夕刊フジ(ZAKZAK)のサイトは土曜日はあまり更新しないので載ってなかったが、FRIDAYの記事と内容は大差ないでしょう。とにかく売れてないらしい。日刊スポーツは「今もほとんどの闘拳ギャルに『亀田離れ』はないという」と書いてたが、これが大ウソ。「応援シート」もサッパリらしい。やはり詐欺商法は長くは続かないということでOK? そんなのに今さら便乗しようという石原真理子の空気の読めなさ度もナイスということで(笑)。

亀田「挑発は何とも思わん」=世界戦予備検診&会見 亀田vsランダエタ、身体データ徹底比較(スポーツナビ)
 だったら「おむつ」に続く挑発パフォーマンスを用意しているランダエタに対して怒らないでもらいたいものだ。

ボクシング情報充実のBlogRankingはこちらから

【その他気になったニュース】
日朝友好「力道山も願っている」…命日に夫人語った(スポーツ報知)
 戦後の英雄、プロレスラー・力道山さん(享年39歳)が亡くなって、43回目の命日となる15日、夫人の田中敬子さん(65)が、東京・池上の本門寺を訪れ、力道山の墓前で“日朝国交正常化”を祈った。

 敬子さんは、3年前に「夫・力道山の慟哭(どうこく)」(双葉社)を出版。力道山さんが朝鮮半島出身(現在の北朝鮮)だったことを遺族として初めて明かしている。それだけに最近の日朝関係の悪化は、残念でならないという。「拉致問題には心を痛めていますし、ミサイルについても信じられません」

 元日航の客室乗務員で国際交流に興味があるという敬子さん。亡き夫の悲願だった日朝友好に民間レベルで貢献したいという。すでに2年前に北朝鮮に渡航していたことも明かし「政治的なことはわかりませんが仲良くできる方法が必ずあるはず」と訴えた。

 まずは拉致被害者全員を帰国させ核も放棄する。話はそれからでしょ・・・。

年末ドリームジャンボお宝タッグマッチ大予想!(ハッスル)
 全16選手から対戦カード4つを予想しろって・・・全部で何通りあるんだよ?

メカマミー 新兵器・メカボイン投入(デイリー)
 “おっぱい男”アメリカン・バルーンにメカミルク攻撃!

ユニオン 12/15 1st RING大会その2(ExtremeParty)
 こちらに詳しく載っています。

男色ディーノ、KUDOアメリカ遠征決定(DDT)
 本場のゲイにやられないように注意して下さい・・・。

「ギブUPまで待てない!!!リターンズ」が大盛況 三又らお笑い軍団と西口プロ勢が全面戦争(スポーツナビ)
 神奈月、2日連続で試合かよ。

キンタロー、TAKA、愚連隊らも参戦=1.1グレートプロレスリング(スポーツナビ)
 サバイバル飛田vsスタンガン高村! インディーサミットよりも好カードじゃないか?

【K-1】12・18須藤元気がYahoo!ライブトークで対戦相手を発表(GBR)
 所英男との対戦を体調不良を理由に断ったから欠場するのかと思いきや出場ですか。てことは噛ませ犬相手に決定ですね(;´∀`)・・・。それにしても今年のDynamite!!のカードは酷すぎる!! 谷川さんも選手を甘やかし過ぎなんだよ。桜庭vs秋山が一番マシなカードってどういうことだよ・・・。

韓国サイトより、Dynamite!!出場選手情報。(くまページBlog)
 相変わらずとんでもないところからネタを拾ってくるくまページさん。チェ・ホンマンの参戦と6月のK-1ソウル大会で藤本祐介と対戦したキム・ドンウクの参戦を予告しております。また、武蔵と対戦するランディ・キムは正道会館で武蔵と一緒に練習したことあるそうで(笑)。

[ジャングルファイト] 12.17 スロベニア:ミルコの弟子も参戦(BoutReview)
 スロベニアだったら「ジャングル」じゃないじゃん・・・。ミルコ・クロコップの弟子・Igor Pokrajac(イゴール・何て言うんだ?)がアスエリオ・シウバと対戦。

日本選手団が総括会見 球技、格闘技コラボで金取れ…アジア大会最終日(スポーツ報知)
 土壇場での強さを磨くためには、格闘技との合同トレーニングが必要と明かした。市原総監督は私見として、「格闘技の個人選手は、減量とも戦っている。団体競技にはそういう苦しみがない。格闘技と球技を競い合わせて、肉体的鍛錬を続けていかないといけないかもしれない」とプランを披露した。来年秋には東京・北区の国立スポーツ科学センターがナショナルトレーニングセンターとして完成し、稼働する。異競技が同じ場所で練習する機会は増える。これまでに柔道とレスリングなど、格闘技同士の代表合同練習はあったが、球技と格闘技は異例だ。

 バレーとレスリング、ホッケーと柔道など、異色の“コラボレーション”が実現するかもしれない。北京五輪まで残り1年8か月。日本の強化策に注目だ。

 球技と格闘技のコラボレーションは桜庭と下柳、秋山と清原がすでにやっていますが。

“世界のTK”高阪剛氏が渋谷で先生に「疲れ知らずのTK式体操」(スポーツナビ)
 体操だけではなくヒョードル戦の秘話も語られたそうで。気になる。

TBS系 5時間半の格闘技番組(読売新聞)
 読売新聞が珍しくDynamite!!のことを取り上げている。

格闘技「カポエイラ」国内初大会 芦屋(神戸新聞)
 カポエイラは約四百年前、ブラジルのサルバドールで黒人奴隷らによって編み出された。十九世紀末から半世紀近く、暴動などを恐れたブラジル政府が競技を禁止。その間、取り締まりの目を逃れるため、ダンスの練習を装ったことから、歌や音楽に乗せて行われるようになったという。日本でも競技人口が増え続けているが、まだ千人程度で、ダンスがルーツとの誤解もあるという。

 K-1のせいで誤解されたのかね?

DSE榊原代表スペシャルインタビュー第1部「われわれも地上波での放送はしたかった」(スポーツナビ)
 大みそかはDynamite!!と競合しながら、格闘技全体として紅白に肉薄するような数字を取ってきたんですが……これは僕が思ってるだけかもしれないけど、例年に比べて格闘技界の大みそかに対する意識というのは、マスコミもそうだけど、やや低いかもしれない。「今年盛り上がってないよね、格闘技界は、大みそかは」となっているんじゃないかという。こういうのは競い合ってやった方が、熱がつくんですよ。その意味では男祭りがあってDynamite!!があって、同じ土俵で闘った方が谷川さんにしても頑張るだろうし、向こうに対してこう来たら、こっちはこうしようっていう…お互いにいいものを作るために、正々堂々と闘うというのはやってみたかった、そういう気持ちはありますけどね。逆にそこで足を引っ張り合って、2003年みたいなばかげたことには当然すべきではありませんが。

 いやぁ、ホントに盛り上がってないっすよ。Dynamite!!はダメ興行決定。男祭りも・・・残りカードもネットでの噂通りだったら萎えるなぁ。

噂のカードが語られている人気blogランキングはコチラ
posted by ジーニアス at 02:27| Comment(2) | TrackBack(0) | ボクシング | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>ダイナマイの武蔵戦
もちろん相手の選手は砲丸を使って戦うんですよね?(笑)

>リバウンド作戦
一応、「前回もリバウンドは考えていたが、ゆっくり減量したため胃が小さくなってあまり食えなかった」ということらしいです。
個人的にはそれよりも「余裕がないのにハンバーガー食いパフォしたために余計きつくなった」という話の真偽のほうが気になったり(笑)。
Posted by わむ at 2006年12月17日 08:58
>わむさん
砲丸使ってもハンデになるだけでしょう(笑)。亀田の場合ハンバーガーがどうのこうの言う以前に技術が・・・。親父の指導法に不安を感じてジムで練習するようになったらしいので、今回はやるかもしれませんが。
Posted by ジーニアス at 2006年12月18日 19:43
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索