2012年09月27日

ランペイジが各方面に毒を吐きまくる

平和の毒、日本よ
平和の毒、日本よ

Rampage Jackson: 'I Can Beat Jon Jones,' Who Is 'Fake' And Has No 'Honor'(MMAmania)

 UFC 153で予定されていたグローヴァー・テイシェイラ戦を負傷欠場したクイントン“ランペイジ”ジャクソンがMMAFightingで以下のコメント

「俺は前回の試合(UFC 144のライアン・ベイダー戦)でケガを抱えたまま闘い、その後いろいろ問題があった。だから俺はもう2度とリスクを冒すつもりはないと言った。この試合を欠場して強くなって戻ってくると言った。次の試合はできるだけ100%に近い状態で闘いたいし、自分の実力を世界に証明したい。もうライアン・ベイダーのようなヤツに負けて後悔するのは2度と御免だ。アイツはクソッタレだ。今度会ったら面と向かってクソッタレと言ってやるよ。どうやって俺を倒すつもりだったとか下らないことばかり言いやがって。アイツは俺が計量ミスしたことでケガを抱えていたことを知っていた。俺はマンツーマンでアイツに『エキサイティングな試合をしようぜ』と言った。それで負ける可能性があることは分かってたが、俺は日本でつまらない試合をしたくはなかった。ところがアイツは試合を本当につまらなくしやがった。そんなヤツは尊敬できねぇ。アイツはクソッタレだ」

「俺は(UFC 86で)フォレスト・グリフィンに判定負けした時点でこのスポーツに対する愛情を失った。俺はあの試合に勝っていた。ぶっちゃけこれは人種差別だと叫びたかったよ。俺たちブラックは強いからな。俺は勝っていた。俺は一番ハードな練習ができなかったしダン・ヘンダーソン戦から(10ヶ月の)ブランクがあった。それに少し拳を痛めていた。それでもフォレストをKOするつもりだった。試合後、俺はみんなが思ってたようなリアクションをしなかった。俺は負けを受け入れた。俺は勝ったと思ったが『まぁアイツもよくやったし』と言った。俺もアホなことをしたくなかったから頭を上げたままオクタゴンを出ていった。俺がメンフィスに帰った時、多くの白人連中が俺に近づいてきて軽蔑的なことを言ってきたことをみんなは知らない。その中にはレイシスト的なものもあった。それがヤツらの正体だ」

「(あと1試合でUFCとの契約が切れるが)今のところフリーエージェントになれば前途洋々になりそうだ。別に慌ててはいない。UFCのギャラが悪かったと言うつもりはない。正直言ってかなり良かったことは認めざるをえない。俺は貪欲な人間じゃない。それには満足しているが、プライバシーな問題を抱えてまでやる価値がないということだ。俺は他所に行くつもりだが、良い金額のオファーも来ている」

「(ジョン・ジョーンズ vs. ビクトー・ベウフォートの感想を聞かれ)ビクトーは短期間で試合を受けたのに、あんな関節蹴りを繰り出すことがリスペクトしてると言えるのか? ジョン・ジョーンズは模範的な人間になるべきだ。あれは相手をケガさせることもキャリアを中断させることもできる。人生を台無しにさせることもできる関節蹴りを何度も何度も出しやがった。俺には相手に対する敬意が感じられなかった。俺は敬意を払って闘うけどな。彼には節操が無い。彼はフェイクだ。彼のファイトスタイルには同意できない。俺はジョン・ジョーンズに勝てると思う。今なら勝てる。ジョン・ジョーンズとはもう一度闘わなければいけないタイプの男だ」

「デイナ・ホワイトはクールガイだ。だが彼は自分のブランドのことを気にしている。そして彼らは俺も自分のブランドを気にしていることを理解していないと思う。俺が引退してもUFCは続いていく。UFCは金を稼いでいくだろうし、俺が引退してもUFCは繁盛するだろう。だが俺は引退したら他に金を稼ぐ方法を見つけないといけない。子供を私立学校に通わせる方法を見つけないといけない。俺は金の雨が降るクラブを探さないといけないがUFCは繁盛し続ける」
posted by ジーニアス at 06:20| Comment(26) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ランペイジ相変わらずでよかった(^o^)

ただランペイジは日本ではシウバと対戦していた時くらいが一番輝いていましたね。 ヒカルドアローナをスラムした時は驚きましたね。

他と言うけどUFCで頑張って欲しい。
Posted by アローナ at 2012年09月27日 08:01
オファーが来てる、と金の雨のフレーズ。
まさか次に上がる団体は?サクとの再戦?
Posted by DK高橋 at 2012年09月27日 08:23
>その中にはレイシスト的なものもあった。それがヤツらの正体だ
ランペイジだって日本人の出っ歯や細い目をばかにするのをビデオにとって笑ってたじゃないですか・・しかも女の店員に俺のペニ○サイズのパンツは日本にないのか?小さすぎるぞみたいなこと英語で話しかけたり(笑
まあランペイジ好きだから頑張ってほしいです

アイアンマンさんこっちでした
Posted by KKJ at 2012年09月27日 09:48
何かわからんが、ランペイジはやっぱり面白い。要は最近の格闘技っぽさが消えてきたUFCが嫌なんでしょうね。
Posted by mm at 2012年09月27日 10:12
自分もジョーンズのよくやるリーチ生かした安全圏からの関節蹴りが嫌いです。
いろんな団体でこの技が禁止されてるのには理由があるので
見ててあまり良い気分はしないですね。
かといってルールでOKなら悪だとか出すなとは言いませんが。
Posted by KC at 2012年09月27日 10:14
いいオファーってのはプロレスかな?これだけ毒を吐くってことは。

ランペイジという名前に合ってるし、ジャクソンらしくていいんじゃないかな。
Posted by ば at 2012年09月27日 10:20
関節蹴りだけは同意
Posted by あらま at 2012年09月27日 11:14
青木が立派な人格者に見えるほどのすごい発言だらけですね。

・体重オーバーしてきたやつが言うな
・グリフィン戦の判定は別におかしくはない
・佐竹の頭蓋骨を陥没骨折させたやつがJJの関節蹴りを批判するな

このへんをまず感じましたが、JJともう一回やりたいとかなんやゆUFC続行しそうな雰囲気もあるので、ちょっとだけ期待してます。
Posted by ごん at 2012年09月27日 12:47
ジョーンズと戦わなければならないなら
UFCにしがみついて、戦うチャンスを得る為に
つまらなくても、勝てるスタイルを学ぼうよw

行動や、ファイトスタイルを改善してなくて、
それをせず言葉だけ言ってばかりなら
グリフィンさん、ソネンさんの事を悪く言えないと思うw

ソネンは、戦って勝つ為に 口撃してる訳だからねw
負け続けで つまらない戦い方でも、それを学ばず
結果を残す事に 執着してないのに口で攻撃ばかりするのは、感心できないと思いますw
Posted by あ at 2012年09月27日 16:03
佐竹のは背骨骨折じゃなかった?それと確かにグリフィンのは微妙な判定でしたよ。
Posted by カマン at 2012年09月27日 17:27
関節蹴りは本当に危険だよね。カウンターでもろ入っちゃったら…考えただけでゾッとしますね。関節蹴り禁止にして踏みつけありにしてくれないかな。まあ踏みつけも危険だけど。
Posted by たぬ at 2012年09月27日 17:47
カマンさん

記憶違いだったかとググッてみたら、ランペのバスターで佐竹は頭蓋骨骨折して開頭手術、さらに背骨にもヒビが入っていたとのことらしいです。あぶねー。。

たぬ さん
関節蹴り禁止は個人的にはイヤだなあ。それじゃあローも前蹴りも出来なくなっちゃう。足関節も禁止論ありますが、珍しい技術だから対処できない選手が多いってだけで、禁止するのはフェアじゃないと思ふ。
サムゴーみたいにミドルで相手の腕を殺す選手が出てきたら禁止にされそう。
アームバーもヒールホールドもパウンドもみんな危険なんだから、対処する技術を身に付ければいいんじゃないかなあ。
Posted by ごん at 2012年09月27日 19:04
確かK-1でも膝を正面から蹴るのは反則だったような・・・(昔マニア間でフグトルネードが反則かどうかで議論があったような)。
正面から膝を蹴るのは自分も反対。
Posted by マリーシア at 2012年09月27日 21:48
別にUFCの試合で関節蹴りによる重症者が出た訳でもないのにイメージだけで批判するのもなあ。
仮にその技に負傷したとしても特別危険だとは思わないけど。
MMAの技なんてどれも怪我をするものだし。
ヘビー級の豪腕パンチやタップが遅れた時のサブミッションの方がずっと危険度は高いぐらいでしょう。

MMAで関節蹴ったら危ないなんて全く思わないね。
どんどん蹴ればいい。
歩けなくなる人が続出でもすれば考えればいいけど。
頭部への打撃の後遺症で脳障害や鬱になる選手もいるし、そういう本当に深刻な事ならともかく危険だなんだと無闇に言ってたらMMAにならないよ。
現時点で危険度も低いし、仮に今後有効技として使われるようになってもその分それに対するディフェンス面も向上するでしょう。
全く問題無し。
Posted by パパス at 2012年09月27日 22:17
関節蹴りは、相撲の張り手や変化みたいな受けとられ方?
UFC王者にも品格?
Posted by 良僧 at 2012年09月27日 23:15
パパスは、関節蹴りがまともにはいったらどうなるか知ってるのか?
Posted by kan at 2012年09月27日 23:22
>>kan
そのまともに関節蹴りが入ってとんでもない事になる確率が他の攻撃より高いのでなければ禁止にする必要はないと言ってるんだよ。
とんでもないリスクや後遺症が出たならともかく、そうではないよね。
MMAにおいて有効な攻撃というのはほとんどが相手を痛めつける物であって、相手がディフェンスをしてない状態で目一杯の攻撃をすれば、大概はとんでもない事になるよ。
ボクシングでもMMAでも例は少ないが死亡事故も起こっている。
ごくごく少ない例かMMA以外の競技の話で関節蹴りは禁止にしなければならない程危険だと言っても説得力がない。
ごく僅かな確率で関節蹴りによって歩けなくなる人が出るかも知れないけど、脳をやられたり視力をやられたりする選手もいるだろうし。

自分は上でも言った通り現時点での話をしてるんであって、将来関節蹴りが流行ってそれによって深刻な負傷者が続出したりすれば考慮しないといけないかも知れないし、その可能性は否定しないよ。
足関だって昔は危険だとよく言われてたけど禁止にしなければならないような情勢には全くなっていない。
Posted by パパス at 2012年09月28日 01:05
まー確かに間接蹴りは危険な技術だけど
それを危険たらしめる棒立ち状態やサイドをとられたりとかを試合中にしてる奴は自業自得といわざるを得ない

それよりもこれを使われると相手の方がリーチ短いと捌かない限り何も出来なくなるのが問題かと
まーそれも捌く技術がないのにリングに上がるなんて…となるとそれまでだが

でもグレイシーもよく使う技だよね
アマやスパーでは禁止にすべきだろうけどプロの試合で禁止にしたらいけない技な気がする
Posted by スラッカー at 2012年09月28日 01:33
ここで言う関節蹴りは、単に関節に蹴りを当てるということでなく、体重がかかった膝に回し蹴りではなく、直進的な蹴りを当てることと思う。
Posted by hoacha at 2012年09月28日 08:02
総合格闘技なんだから、「何でもあり」にしちまえばいいんだよ
関節蹴りだって、現代MMAの新しい技術でしょ?(空手では古来からあった?)四点膝の膝蹴りもサッカーボールキックもオッケー!
個人的には肘がつまんね
体力残ってるのに「血で前が見えない」「傷口深い~」とか
なんか不完全燃焼。

ルール制約が多いと、いろんな技術の発展・技術の進歩はないよ
制約が少ないからこそ、絶対王者たるものと戦う前にいろんな作戦・技術を考える力が産まれるんだと思う
Posted by ファンキー at 2012年09月28日 08:17
禁止している団体があることから分かるとおり、品格の問題ではなく、人を壊す蓋然性の問題。金的や目潰しと似ている。

張り手や変化とは明らかに違う。それはどちらかというと、総合でいう塩漬けに近い。亀田などが強敵に対してよくやる逃げ回るアウトボクシングも然り。これらは、品格やファンを楽しませるというプロ意識の問題という点で共通。

Posted by ば at 2012年09月28日 08:46
膝はMMAでは命といえるほど重要ですから、他の箇所と比べて怪我をした場合に影響が大きいんじゃないですかね?

今はまだ多用するのはジョーンズぐらいですけど、今後使用者が増えれば問題になる気がします。

再起不能者が出る前に対応して欲しいです。
Posted by 豚足人間 at 2012年09月28日 08:57
kanさん

横からすみませんが、どうなるんでしょうか?

そしてそれは、例えばアームロックやヒールホールド、目・鼻にパウンドや肘を打ち込む、パンチで脳を揺らすなどの攻撃と比べて危険なのでしょうか?
Posted by ごん at 2012年09月28日 12:24
・サブミッション→意思表示(タップ)する事で負傷を未然に防げる
・肘による攻撃→ワセリン&カットマン完備、裂傷は完治するのが早い
・足関節への打撃→体重を支えてる箇所に瞬間的に力が加わる=負傷しやすい。ケガも重篤化しやすい

関節蹴りは肘やサブミッションとは混同できないんじゃないかな
後は上で言われてるように、膝はMMAをやる上でアキレス腱といっていい位に重要な部分
競技者や見る側で神経質になる人がいるのも仕方ないのでしょう
Posted by 横槍ですが… at 2012年09月28日 16:51
パパスは、机上の蘊蓄は、一級品ダナ。
そのまともに関節蹴りが入ってとんでもない事になる確率が他の攻撃より簡単にできて危険度が高いんだよ。
Posted by ファイター at 2012年09月29日 10:21
関節蹴りが膝が壊れて危ないなら、ヒールも禁止だな
ヒールもアレ実は膝を壊す関節技だからね
しかも他の関節技と違って、あれ我慢できると思っちゃうんだよね
痛くないな…と思って我慢してたら急にバキって鳴って膝の靭帯イッちゃった~みたいな
だからヒール入って怪我する事前にタップするのって結構難しいかも
Posted by ファンキー at 2012年09月29日 19:25
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索