2012年06月24日

ヒョードルがツイッターで引退についてコメント

PRIDE GP プラスチックチャンピオンベルト
【新入荷!!】PRIDE GP プラスチックチャンピオンベルト

evgeni kogan(Twitter)

 M-1グローバル事業部長のエフゲニー・コーガンがツイッターで以下のコメント。

「ヒョードルは引退しました。ペドロ・ヒーゾ戦の後に彼は家族とより多くの時間を過ごすためにこのスポーツから離れると言ってました」


Федор Емельяненко(Twitter)

 エメリヤーエンコ・ヒョードルがツイッターで以下のコメント。

「親愛なるMMAファンの皆さん、私はあなたたちの応援に心から感謝しますし、いつもそのことを感じていました」

「今は一番身近にいる人たちとより多くの時間を過ごしたいです。皆さんの温かい言葉や応援に改めて感謝します」
posted by ジーニアス at 04:52| Comment(25) | TrackBack(0) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
よし!
とりあえずサンボのルール全部覚える!
Posted by うん at 2012年06月24日 05:14
俺が格闘技が好きになったのは間違いなくヒョードルです。
そして、日本の格闘技を盛り上げたのも間違いなくヒョードルでした。
これからはゆっくり休んでまた日本に何らかの形で来てほしいです!
お疲れさまでした!そしてありがとう!!!
Posted by ゆーすけ at 2012年06月24日 05:29
今まで本当にありがとう、ヒョードル・・・。
Posted by ブルボン at 2012年06月24日 06:11
寂しくなるなぁ…。
Posted by ルイジアンナ at 2012年06月24日 08:21
うっ・・・(´;ω;`)
自分が総合を知った時彼が世界一で良かったです。
でなければここまでのめりこまなかったと思います。
Posted by 無明 at 2012年06月24日 08:33
幻想ではなく、ヒョードルは最高のMMAファイターでした
多くの興奮できるアグレッシブ・ファイトを見せてくれてありがとう!
お疲れさまでした
Posted by コアトレ at 2012年06月24日 09:07
日本ローカルでは最強だったけど、アメリカメジャーでは通用しなかったってイメージですね。
やっぱりSFで3連敗は・・・
SFに行かずにUFCに行って2勝2敗くらいの成績を残していればそんなイメージは残らなかったと思います。
団体の選択も引退も残念です。
Posted by 秘密 at 2012年06月24日 09:09
格闘技史上最強の男ヒョードル。

ヒョードル程、格闘家らしくない選手って居ないよね。

笑った顔とか見ると、試合の時のターミネーターみたいな顔と比べると、別人みたいですよね。

お疲れ様でした。
Posted by エイドリアン at 2012年06月24日 10:02
日本がメジャーな時に最強でした 当時のUFCのトップアルロフ シルビアも倒してる 時代の流れに突っ込んで揚げ足とるやつ かこわるい
Posted by かいじ at 2012年06月24日 11:06
ヒョードルの試合を観たことで総合格闘技が大好きになり、実際に始めるきっかけになりました!
ホントにありがとうございました(^-^)
そしてホントにお疲れ様でした!!



Posted by 将来のヒョードルを目指して at 2012年06月24日 11:06
チャンピオンは強いやつと戦い続けてこそ、輝く。
Posted by やまだ at 2012年06月24日 11:12
日本ローカルとかw
Posted by 頭弱いな at 2012年06月24日 12:57
ヒョードルがPRIDEでノゲイラやミルコと戦っていた2005年当時、UFCのチャンピオンはアルロフスキーやティム・シルビアでした。
その三年後アフリクションで二人を秒殺したのは言わずもがなですが、
それよりも重要なのは当時看板を背負っていたヘビー級の選手は軒並みトップ戦線から外れているということです、PRIDEもUFCも。
今活躍しているジュニオール・ドス・サントスやケイン・ヴェラスケスを例に挙げれば彼らは2006年に”デビュー”してるんです。
ちなみにヒョードルを倒したダンヘンもヴェウドゥムも2005年当時はPRIDEの選手ですよ。ペザオンもHERO'Sなので「日本ローカル」ですよね。

これは別に煽ってるつもりはないんですが、いつもPRIDE批判する人は時系列を無視するのでもう少し事実に目を向けてほしいんですよね。
Posted by にご at 2012年06月24日 16:18
SF3連敗はもうキャリア晩年だからしょうがない。反応スピードの劣化が著しかったし。2007年くらいまでは世界最強でしょう。世界で通用しなかったってイメージはないなあ。衰えが早かったイメージはあるけど。
Posted by ヒョードル at 2012年06月24日 16:52
シルヴィア・アルロフスキーがトップだった時期のUFCヘビー級とその時のPRIDEなら後者の方がレベルが高かったかと。特にヒョードルの強さは突出してた。
Posted by アゴイズム at 2012年06月24日 17:16
今まで数々の素晴らしい試合をありがとう!

あなたの試合は今まで何度も見返してきました。
それはすべて、あなたの強さを再確認して興奮するための自慰行為のようなものでした。
ここまでのめりこんだ事は初めてでした。

今後は良き父親、良き指導者として頑張ってください。

そして、良いオファーがあったらいつでも復帰してください!
Posted by えめり家えん子 at 2012年06月24日 18:28
にごささんのコメントに同意。

ヒョードル、長い間の現役生活おつかれさま!
Posted by 鎧 at 2012年06月25日 01:18
全盛期大好きでした。
勝って終わってよかったよ。
お疲れ様でした。
Posted by 元ファン at 2012年06月25日 01:22
現在最強なわけではないし、全盛期に今のドスサントスやヴェラスケスとやった場合に勝てるかはわからない(個人的には難しいと思う)。
でもそれは別の話であって、ヒョードルが世界最強だった期間が数年にわたりあったのはだれにも否定できないと思う。
Posted by ayane at 2012年06月25日 06:50
まだ完全燃焼してないよね。

ワジムさん、お願い。
最後にヒョードルを自由にしてあげて下さい。
一格闘家に戻してあげてください。
Posted by アンチ判定 at 2012年06月25日 06:52
いままでありがとう
晩年は別に形で観たかったがもう過ぎた事
MMAへの多大なる貢献、感謝してます
個人的に殿堂入りで歴代世界チャンピオンでは一番好きな選手です
Posted by MB at 2012年06月25日 10:49
シュルト・ノゲイラ兄・シルビアと戦った時はかなりの身長差があったけど,何故か負けるようには見えなかった。
リングス時代(自分は見てないけど)からいつか最強になるって言われていたし,実際てっぺんに立った。

チームスポーツ化した総合格闘技にありながら,誰とやっても勝ってしまうだろうと思える凄いオーラでした。

Posted by ミルミル at 2012年06月25日 13:38
誰が何と言おうと貴方が最強で最高の選手でした。
本当にお疲れ様です。
Posted by KC at 2012年06月25日 21:37
全盛期は現在でも誰も勝てないくらい強かったし、カリスマ性があった。
あの独特な雰囲気纏った姿は絶対に忘れないし
あなたより最強という言葉が似合う人もいません。
ヒョードル以上にMMAに貢献した人はいません。
本当にお疲れ様でした。
Posted by USA at 2012年06月26日 17:20
私が総合格闘技を好きになるきっかけを作った人物であり、一番好きな人物であり、尊敬している人物です。

12年のキャリアの内、10年もの間無敗の記録を誇っているのは奇跡であり、驚異的です。

あの伝説のボクサーであるマイク・タイソンが「歴代最強のMMAファイターはヒョードルだ」と発言するのに相応しいほど強かったです。

現在の総合格闘技の歴史において彼ほど完璧なファイターはいません。「投・打・極」全ての要素が揃っていて完璧でした。

人格はもちろんのこと、彼のスポーツに対する精神が素晴らしかったからこそ、人々は憧れや尊敬の念を抱いたのだと思います。

彼ほど「強さ」と「人格」そして「カリスマ」を兼ね備え多くのファンやファイターから憧れや尊敬の眼差しで見られる人物は後にも先にも出てこないのではないかと思わせるほど絶対的で圧倒的な存在でした。

彼の存在は間違いなく後世の総合格闘技の世界で語り継がれるし、おそらく彼ほど影響力のあるファイターはもう二度と現れないでしょう。

ヒョードルがいない総合格闘技の世界は寂しくなるけど、
彼が現役で活躍した時代に生まれてその姿を見れたことに本当に感謝します。
これからは父親として子供の成長をしっかりと見守ってあげてください。

あなたの試合は見ていて本当に面白かった。
今まで、本当にありがとう。そして、本当にお疲れ様でした。
Posted by KOキング at 2012年06月27日 20:13
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索