RIZIN2017__0416_2.jpg

2012年06月22日

エメリヤーエンコ・ヒョードル「良いオファーもないので引退します」

MMA LEGEND No.1(エンターブレインムック)
MMA LEGEND No.1(エンターブレインムック)

Fedor Emelianenko has officially retired from Mixed Martial Arts(LowKick.com)

 ペドロ・ヒーゾとの試合後にエメリヤーエンコ・ヒョードルが以下のコメント。

「その時が来たと思います。私はこのスポーツを引退します。サンボの世界選手権には出場を続けます。家族の存在がMMAをしない理由です。娘たちが成長しているのに父親がそばに居てあげられてないので辞めるにはちょうどいい時です」

「引退を踏みとどまるような素晴らしいオファーがありません。ファブリシオ・ヴェウドゥムとの再戦にも固執していません。そのような試合の合意は全くありません。したがって何も話すことがありません」

posted by ジーニアス at 07:32 | Comment(45) | TrackBack(0) | 海外格闘技 | ▼人気blogランキング
この記事へのコメント
遂に引退ですか?
引退試合は、日本で観たかった。勿論、そんなお金は、何処にもない訳ですが。
Posted by 裸王 at 2012年06月22日 07:39
残念ですが仕方ないですね。
本当お疲れ様でした。あなたは最高でした。
Posted by uk at 2012年06月22日 07:45
強い皇帝見れたしありがとうとしか言えないっす。
ただ金網でいいオファーがこれからあることを祈ります。
Posted by DK高橋 at 2012年06月22日 07:50
残念すぎる。
ただ、良いオファーがあるなら現役続行しそうな雰囲気もあるコメントですね。サンボを続けるなら、体はキープしてるでしょうし。何とか、良いオファーが来るのを祈ります。
何にせよ、今まで俺らを熱狂させてくれて、本当にありがとうございました。これほど俺の心を揺り動かしてくれたアスリートはヒョードルだけです。
Posted by らぴど at 2012年06月22日 07:58
おつかれさまでした
Posted by JULEPS at 2012年06月22日 08:01
ワジムとM1なんて物がなけりゃUFCのオファーが良いと思えたろうに
ほんとにこれでいいのか?
Posted by ミラ at 2012年06月22日 08:10
やっぱりUFCで見てみたかったのが本音ですね。ベルトは巻けなくても、今でも見てみたいマッチメークはたくさんある。
ヒョードルをメインストリームから外させたM-1の罪は大きいですね。
引退前のラスト3試合は相手がトップクラスではなかったので、最後までMMAをやりきったように感じられないんですよね。
長年トップを走ってきたからこそ、世界最高の舞台で終わるべき選手だった。
Posted by ホワイト at 2012年06月22日 08:25
つくづくブロック・レスナー戦のオファーを蹴ったのが悔やまれます。
Posted by Halical at 2012年06月22日 08:35
そうですか。。ではこちらも何も話す事はありません。
Posted by むぅ at 2012年06月22日 08:35
試合は全て面白いのになぁ。。。


てか、良いオファーが無いから辞めるて。。。

皇帝!プロレス仕掛けてる?
Posted by ◉ at 2012年06月22日 09:32
引退しちゃうんかい!
残念。。今日の動きなら全然UFCでも通用すると思うんやけどなー。
まぁ、でも、あなたは素晴らしい。
Posted by ロレンゾ at 2012年06月22日 09:35
ファブリシオ戦で歯車が狂った。
リベンジして欲しい....
Posted by 太郎 at 2012年06月22日 09:50
過酷なスポーツだけにモチベーションが大事ですねやっぱり。
試合だけでなく怪我人が続出するぐらいに練習も相当ハードでしょうし。
もう下の世代が頑張ってきてる時代ですし、
純粋に最強目指す以外ではもう難しいんでしょうかね。

本音を言うともっと見たいカード(vsジョシュ、vsハリト、ファブリベンジ、vsUFC勢etc…)
があって辛いですが・・・
Posted by 無明 at 2012年06月22日 10:08
ドルヒョーをUFCで見たかったな
Posted by ジュロム at 2012年06月22日 10:25
リングだと強いと今日実感したのに、辞めちゃうんだ。ケージではなくていいから、リングに立ち続けて欲しい。

せめて、ジョシュの怪我が治ってから、闘ってもらいたいのに。
Posted by ば at 2012年06月22日 10:28
お疲れさまです。

数々の名勝負ありがとうございます。
今でもヒョードルが最強です。

いつかヒョードルの弟子がトップを取るのを期待してます。

サンボは続けるそうですが、是非ガチ相撲にも来てください。
Posted by エイドリアン at 2012年06月22日 10:42
まだ見たい!

誰かヒョードルに良いオファーを!





Posted by ジャック at 2012年06月22日 10:56
何もさせずに勝ったのに
まだ観たいなー、もう負け付いてるから勝ったり負けたりでも観たいなー
でも高額なオファーじゃないとやらないし、もうそんなに出せるとこないもんなー
納得してるはずだが納得しきれないぐらいロシアンフックがキレキレだった
Posted by MB at 2012年06月22日 11:12
お疲れ様と言いたいがホント残念だな。
まだまだ戦うべき相手はいますよ。
ある意味、UFCに一極集中してしまったがゆえに産み出した悲劇ですね。
Posted by 東京ナイト at 2012年06月22日 11:15
明日辺りに

一部で私がオファーがないから引退するかのような情報が出回ってますが、そんな事行った覚えはありません。

という撤回がありそう
Posted by サ at 2012年06月22日 11:35
サさん
受けた(笑)
言えてます。
Posted by ufcer at 2012年06月22日 12:04
おつかれさま!
まさに優秀の美という終わり方です。

しかし、このスピードとパンチの当て勘、威力…
全盛期に戻ってない?
こんだけできて引退はもったいない!

ぜひUFCで見たい、まだまだトップ狙えるレベルにいるよ!
Posted by えめり家えん子 at 2012年06月22日 12:05
良いオファー=共同開催だからなあ...
Posted by おおかみ at 2012年06月22日 12:12
ファイターは、引退後の復帰が早い場合が多いからな(笑)
Posted by ラーメン大好き at 2012年06月22日 12:38
三連敗から自分を立て直して
中堅選手を三人ワンサイドで片付けて
内容的にも徐々に調子を上げてきて
ようやくこれから再びトップに絡んでいく、
というところ。

「ご覧の通り私はまだまだやれるのでそろそろ良いオファーを持ってきてください」
という意味と解釈する。
Posted by キツネさん at 2012年06月22日 12:49
固執してないからな!絶対固執してないからな!という「振り」ですか。ファブリシオとの再戦希望でUFCからのオファーを誘ってるという。ビッグフットやダンヘンとやるよりぶん殴られてもダメージ少なく済みそうだし、最後のひと稼ぎで引退…という画をワジムが描いてヒョードルのケツをかいてるという。何とか実現してくれまいか。
Posted by 潤 at 2012年06月22日 13:09
見たかった試合はたくさんありますけど、
PRIDEGP2006を制覇したキレキレミルコとの試合が
一番見てみたかったです。
Posted by ばばる at 2012年06月22日 13:10
素直にお疲れ様でした。今までありがとう。
Posted by わっしょい at 2012年06月22日 13:30
ヒョードルすねてる。
Posted by 侘之助 at 2012年06月22日 13:44
引退撤回はむしろしてくれても構わないと思っています。
ひとまずお疲れさまでした。またいつか見られる日を楽しみにしています。
Posted by KC at 2012年06月22日 13:49
お疲れ様、、、
とは言いたくないな〜、、、。

これ観ちゃうとね。
Posted by しましょ at 2012年06月22日 14:36
ドバイ辺りでヒョードルvsジョシュとか組めないのかな?

アブダビコンバットはやってもヒョードルとかには興味無いのかな?

Posted by ジャック at 2012年06月22日 14:59
ヒョードルが勝ったあとにヒョードルに抱きつく女性がいたが、あれは前の嫁さんの娘だな。めっちゃデカくなって驚いたわ。それに、今のヒョードルの嫁はめっちゃ綺麗で羨ましいですわ。
Posted by あ at 2012年06月22日 15:25
それなりの知名度と実力のあるヘビー級の選手はほとんどズッファとの契約下にある現状ではモチベーションの上がる対戦相手見つけるのは困難だろうね。
ヒーゾ戦も最初はどうかと思ったけど、今考えるとヒーゾクラスの知名度と実績の選手でもほとんど思いつかないからなぁ〜
クートァとはやって欲しかったけどね、もう遅いか?
本当に引退なら、今までずっと熱狂させてくれて本当にありがとう!
ヒョードルの居なくなったMMA の世界を想像するとなんだか味気ないね…
Posted by もく at 2012年06月22日 16:28
落ちぶれて上の選手とやれなくなっちゃったので娘を理由に辞めます
ワジムに破壊されたキャリアの末の自滅ですね。
お疲れ様でした。
Posted by おか at 2012年06月22日 20:50
お疲れさん。

王者は去り際が大事というが、良いオファーがないから、ってのはちょっとな。

俺の強者のイメージって相手を選ばず誰でも倒してやるよ!ってイメージだけに。

何かワジムのマッチメークは亀田のそれに似ている気がして残念だ。
Posted by むらよし at 2012年06月22日 21:29
お疲れ様でした。
試合後の雰囲気見てると、これで引退もありかな、と思った。
Posted by CGF420 at 2012年06月22日 22:45
ヒョードルはまだ闘えると思ってる。
もう闘う理由やモチベーションをお金に求める位置にもいないはず。

頼む、2試合契約でUFCに来てくれ。
そしてVSドスサントス、ジョーンズよろしく
Posted by アラサー at 2012年06月23日 00:11
なんか、本当に節目ですね。私もズルズルとMMA見てきたけど、やはりあの頃のあの気持ちは今のMMAにはないな。お気に入りからもMMA関連消して一つ線を引きます。これからのMMAの発展を心から祈ってます。
Posted by FCR at 2012年06月23日 04:20
お疲れ様でした。

今まで格闘技を見てきて、心の底から60億分の1だなと思えたのはヒョードルとヒクソンだけでした。

夢を見させてくれてありがとうございました。
Posted by ぼんばいえ at 2012年06月23日 08:02
サッカーの本田同様ロシアン飼い殺し臭が・・・・
最後の最強「幻想」ファイターになったわけだけど
プロレス脳以外のファンはやっぱり幻想より現実を観たいわけなんですよね
Posted by op at 2012年06月23日 10:18
ヒョードルお疲れ!

これで本当に引退なんですかね。
良いオファーじゃないかもしれないけど、日本での引退試合のニーズはあると思うので、大晦日に最後にもう1試合して欲しい。(個人的にはジョシュとの試合を希望!)
Posted by 税理士 at 2012年06月23日 11:33
この歳になり名声よりも安寧を求める気持ちの方が優ったといったところでしょうか。
この競技で勝ち続けるには野心が何より大事なのは彼が一番良く分かっているからこその引き際なのかもしれませんね。

総合格闘技がMMAというスポーツに変容を遂げた現在以降、最強のMMAアスリートは誕生しても最強の格闘家というイメージに合う人物はヒョードルが最後のような気がしてなりません。
Posted by じゅう at 2012年06月23日 12:42
ヒョードル程の偉大な選手がこのまま引退ってのも寂しいので、大晦日に日本でヒョードル引退記念大会を開催してほしい。
PRIDEファイターを集めて開催してほしい。


ヒョードル対ジョッシュも観たいけど、ヒョードル対ミルコのMIXルールなんてのも観たいような。

アレキサンダーとの兄弟対決も良いかも
Posted by エイドリアン at 2012年06月23日 17:10
>落ちぶれて上の選手とやれなくなっちゃったので娘を理由に辞めます
ワジムに破壊されたキャリアの末の自滅ですね。

辞める理由は子供の成長を見守るためです。
それは2008年頃に引退を示唆した時にも言ってます。
引退する理由をそんなくだらないものにして勝手に決めつけないでほしいですね。

>最後の最強「幻想」ファイターになったわけだけど
プロレス脳以外のファンはやっぱり幻想より現実を観たいわけなんですよね

彼は間違いなく「幻想」ではなく「リアル」で最強でした。
それは彼のこれまでの戦いぶりやキャリアを見ても明らかです。
だから多くのファンやファイターが彼に魅了されて憧れるんです。
Posted by KOキング at 2012年06月24日 05:30
コメントを書く(承認制:反映に時間がかかかります)
お名前:(未入力、公序良俗に反するHNは反映されません。記事ごとにHNを変える人のコメントも削除します)

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:(公序良俗に反する内容、選手・関係者への罵詈雑言、自作自演行為は反映されません。内容次第ではIPアドレスを公開します)

この記事へのTrackBack URL(承認制)
http://blog.seesaa.jp/tb/276536253
banner_02.gif ←この記事が面白かった、役に立ったという場合はクリックを・・・
記事検索