2006年11月04日

徳山昌守はPRIDE参戦する前に拉致問題発言について問いただしたい件について

徳山、格闘技転向も…沈黙8か月(スポーツ報知)
 プロボクシングWBC世界スーパーフライ級王者・徳山昌守(32)=金沢=が、他の格闘技に転向する可能性が2日、浮上した。クロアチアで行われているWBC総会のランキング委員会で、ホセ・スライマン会長が日本ボクシングコミッション(JBC)の安河内(やすこうち)剛事務局長に「他の格闘技(K―1やPRIDE)に移籍するといううわさもある」として、保留したままの進退について事情聴取するよう指導。安河内事務局長も承諾した。

 徳山は2月27日にホセ・ナバーロ(25)=米国=を破って初防衛して以来、8か月間以上、沈黙。格闘家転向説が流れるのも無理はない。実際、ある格闘技団体から具体的な対戦相手も含めたオファーが届いていたことは事実。2003年7月には、K―1に軽量級ができたらと仮定したうえで参戦の可能性も口にした。その真偽を確かめるべく、WBCが最後通告とも取れる措置に出た。

 スポーツ報知では「K-1かPRIDE」と表現していますが・・・。

徳山PRIDE参戦検討、王座はく奪も(スポニチ)

徳山 引退後はPRIDE参戦?(デイリー)

 スポニチとデイリーはPRIDE参戦だと断定しています。こりゃもうPRIDEに決まり? 徳山というとテレビ東京との繋がりが大きいけど、世界初挑戦のころはテレビ朝日で放送してたと記憶してるのだが。しかも在日三世であることを当初からカミングアウトしてた関係で有力スポンサーが付きにくかったのか、当初は世界戦なのに深夜放送だった。

 ま、徳山に限らずイーグル京和の世界戦も深夜だし勇利アルバチャコフはミッキー・ロークとセットにされたり(笑)、日本のジム所属の外人は、そういうことになりがちですが。だからこそ歴代の世界王者で在日であることを隠しているボクサーは多いと聞く。

 徳山が出るとしたらこれはもういきなり大晦日しかないでしょう。近藤隆夫が「本命朝日、対抗テレ東」と言っている今、その両局と繋がりのある徳山の名前が出てきたというのは非常に興味深い。テレビ局の斡旋でこういう話が出てきたと考えるべき。

 『男祭り』はタイソンも含めてボクシングマッチが2試合も組まれる? 勘弁してよ~。ましてや徳山はスーパーフライ級だから73キロ級までしか設定してないPRIDEルールで戦うことはタイソン以上にないだろうし。

 骨の髄までノンポリ(笑)のK-1ならともかく、PRIDEはある程度“本分”をわきまえて欲しいと思うのは私だけではあるまい。しかし、これも昨年の金子賢同様「莫大な大晦日マネーの力」によるものならば妥協も仕方ないということなのか・・・。

 あと徳山が参戦するのならこの件についてちょっと聞いてみたいのだが。

徳山昌守 - Wikipedia
2001年に北朝鮮を訪問した際『自分を世界のプロボクシング界の王者に育ててくれた敬愛する金正日将軍に、勝利と忠誠の報告をするために祖国を訪問した。祖国は自分の人生のすべてであり、祖国を愛する自分の拳は、敬愛する金正日将軍が鉄拳にまで育ててくれた祖国の拳である』などの発言をした。

前述したことに加え、2002年9月17日の小泉純一郎首相の北朝鮮訪問をきっかけに、北朝鮮による拉致事件に関する話題が日本の各メディアによって過熱報道された。この際、徳山も自身のホームページの掲示板に「犯罪者」あるいは「金正日を崇拝するならさっさと北へ帰れ」などと嫌がらせの書き込みが頻発し、一時閉鎖に追い込まれた経緯がある。「徳山がテレビ番組で、拉致被害者について『北朝鮮で結構ハッピーに暮らしてるかも知れない』と発言した」という怪情報も原因となった。

 この件については当ブログで書いたことあります。

徳山昌守、亀田興毅&長谷川穂積との対戦をブチ上げる(2006年05月27日)
102 名前:日出づる処の名無し :02/10/07 09:25 ID:VJR4dNdx
「HPの掲示板に嫌がらせの書き込みをされた」と訴える(WBC)スーパーフライ級王者、徳山昌守(本名・洪昌守)のTVでのコメント。

 父親が朝鮮人として誇りを持てという教育をした話と、本人が北朝鮮へ行った時の話の後、テリー伊藤が日本と北朝鮮が国交がないことを言うと「残念です」みたいな内容。

 そこでテリーが拉致問題とかあるしと言うと、
「日本の女の子ってチャラチャラして外国旅行してるじゃないですか、だから狙われるんでしょう。朝鮮人じゃ考えられないです」

 ここでテリーが、日本でも拉致されたという話もあるがと切り返すと、「そういう証拠もないのに朝鮮人を悪者にするのは良くないですよ」。

「もし、そういうことしたのなら良くないことだと思います。でも、さらわれる方も問題があるんじゃないですか?外国とかで遊んでた日本人でしょう?危険は何処でもあるんだし」

 そして「北朝鮮で結構ハッピーに暮らしてるかも知れないじゃないですか」

 それと「日本?好きですよ。こうしてお金稼げるのも日本のおかげだし」とは言ってました。テリー伊藤が拉致問題の発言にムッとしたのは確かです。BSフジって結構、リピート放送しますんで、もう1回位放映するかも知れません。

 BSフジというマイナーな所で放送されたが故に見ている人も少なければ、確かめようもないというのが実情。ただし「彼なら言いそうだな」と思われたからこういう話が広まったという側面もある。この話が本当ならば大問題でしょう。強く謝罪を要求したい。というか、そんなに将軍様が好きなのだったらとっとと祖国に(・∀・)カエレ!!

半年前にも(・∀・)カエレ!!って言ってますが・・・/人気ブログランキング

【その他気になったニュース】
ドラえもん(テレビ朝日)
年末の番組の放送日は、近々このホームページでお知らせするから、もう少~し待っててね!

 NHBnews PROさん経由の情報。誰でも投稿可能なサイトとはいえ、よくこんな情報を見つけてくるなと感心。これで大晦日から別の日へのスライドが確定か? レコード大賞に続いてドラえもんまで大晦日撤退となると格闘技パワー恐るべしだよな。

フィリオ“タイソン魂”で優勝を(スポニチ)
 タイソンのタトゥーを左腕に入れているパウロ・フィリョ。タイソンPRIDE参戦で一番興奮しているのは彼?

メレンデスが負傷欠場、クレイ・フレンチが代わって出場=PRIDE武士道(スポーツナビ)
 大会2日前に正式発表。本当にケガ?

「シュートボクシング世界最強決定トーナメントS-cup2006」(スポーツナビ)
 ベテラン・緒形が優勝するとは驚いた。まだ自分が会場に行ってた時代からトップファイターだっただけに息が長いなぁ。

11・5ウェルター級GP決勝進出の4人が揃って会見「フィリオに初めて土をつける瞬間が近付いている」(三崎)「無敗の歴史を今後も続けていきたいと思う」(フィリオ)(PRIDE)
 三崎は緒形になれんだろう・・・。

武蔵がタイ合宿に出発、「限界説」を一蹴(日刊スポーツ)
 関係者から引退を勧められていたとは・・・。

バービック氏殺害容疑で、おいを告発(日刊スポーツ)
 身内だったとは・・・。

武藤“第3世代”歴史から消す!(デイリー)
 この日は都内でテレビ収録を行い、ハッスルに参戦中のTAJIRIと対談し「グレート・ムタをぜひハッスル・マニアに呼びたい」と熱望されたがきっぱりと拒否。

 ってか、以前から正式にオファーはしているみたいですけど、アドリブ要素の少ないハッスルでは「ムタ・ワールド」が全開出来ないという考えなのかなぁ。

夢タッグふたたび!武藤が神無月にタッグ再結成をオファー(スポーツナビ)
 こっちの方はノリノリ(笑)。全日本プロレスファン感謝興行(12月15日・後楽園ホール)とうことは、浜松の最強タッグ優勝戦の後はビッグマッチなしか・・・。

<ピープル>「心温かい金一先輩」…呂建夫氏が東京で故人追悼(中央日報)
 呂建夫とは星野勘太郎さんのこと。
 彼は金氏を見舞う度に少なくない経済的支援をし、いつも電話で安否も尋ねていた。 このため金一氏の訃報に彼は胸が痛んだと語った。

 「私は神戸で高校に通っていた時まで噂されるほどの“喧嘩屋”でした。卒業後、東京に来て力道山道場の門をたたきました。うまくやれば金と名誉を握ることができるという考えでした。喧嘩なら自信がありましたから」。

 さすがふた回り以上もデカイ前田日明に怯まなかった男。

プロレスの証言者 アントニオ猪木(9)(日刊スポーツ)
 アントンハイセルの巨額の借金と倍賞美津子さんとの離婚が重なった時は自殺も考えたとか・・・。

電気ウナギ&電気ナマズ・デスマッチin ユニオン(ブラックアイ2)
 ナマズさん試合前なのに死んじゃった 。・゚・(ノД`)・゚・。。

たまには、第6回T-1大会情報やレディゴンについて(極上の“T-1二見激情”見参)

またウチを絶賛していただいた。ありがとうございます。/人気ブログランキング
posted by ジーニアス at 03:17| Comment(2) | TrackBack(1) | ボクシング | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
徳山の世界初挑戦の試合を放送したのは、WOWOWでした。かなり動きにキレがあって、ダウンも奪っていたように記憶しています。
防衛戦は基本テレ東で、柳光かペニャロサ戦だけ朝日だったと思います。そう言えば柳光も朝鮮人に見えなくもない。

徳山の考えは、アルセには勝てない、長谷川も不利と見て、亀田の弟が挑戦出来るまで待ってるのかもしれません。

それと今更ではありますが、改めて長兄の試合を採点しながら見てみたんですが、7点差でした。
ガッツ無茶言ってたな~と言う印象でしたが同じですね。
小泉さんが、識者は皆、僅差と見ているなんて言われるから、いまの採点方法では仕方ないと思ってましたが…。
それと試合を見て、亀田側の主張が理解出来ました。亀田の言う強いパンチとは、自分が強く打っているパンチ。相手に強いダメージを与える攻撃を優先してポイントにするというのがプロの採点基準ですが、自分が強く打っているから、相手より優勢と考えられるのだと思います。
当たってない、効いてない。だけど、確かに強くは打ってました。
Posted by アゴサラス at 2006年11月04日 14:55
>アゴサラスさん

あれれ、最初はWOWOWでしたっけ。私も自信がなかったので「世界初挑戦の“ころ”」とか“当初は”という表現で逃げを打っていたのですが(笑)。情報ありがとうございました。亀田vsランダエタは今思えば保存版にすべきでした・・・。やはりガッツさんの採点はガチですね。TBSはゲストに呼ぶべきです。
Posted by ジーニアス at 2006年11月05日 01:22
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

PRIDE武士道GPウェルターGP決勝戦!
Excerpt: いよいよ明日・・・・PRIDE武士道       ウェルターGP決勝戦!って世間的にはほとんど注目されてないっすね。フジ地上派撤退の影響はもちろんですがなんと..
Weblog: ■■ 株と鬼嫁と3億円 ■■
Tracked: 2006-11-04 16:48
記事検索