2012年03月23日

ジョン・ジョーンズ「俺たちは動物じゃない。チームメイトとは闘いたくない」

真・異種格闘大戦(10) (アクションコミックス)
真・異種格闘大戦(10) (アクションコミックス)

The Moment Everything Supposedly Changed for Jon Jones and Rashad Evans(MMAFighting)

 NBCSports.comのインタビューでジョン・ジョーンズがコメント

「UFCファイターとして生きていくのであればデイナ・ホワイトの世界に入らなければならない。そして俺はデイナのことをとても尊敬しているし、彼がどうしてもやりたいということはやるべきだと思う。俺もラシャドもそのことでクビになりたくはない。俺たちにとって極めて厄介な問題だ。ラシャドと俺は共通点も多い。互いにアフリカ系アメリカ人の家庭で育った若い男だ。互いに唄を歌うのが好きだ。互いにエリートのMMAファイターだ。共通点が多いだけじゃなく、俺たちは本当に、本当に仲が良かった。ここは他にも多くの強豪ファイターと対戦できる世界だ。そしてみんなも知ってる通り、俺たちは動物じゃない。俺たちは友達だ、俺たちは人間だ。俺は自分のチームメイトと闘うのは嫌だ。絶対に自分からやりたいとは思わない」

※注釈入れるのを忘れてましたが、これは昨年2月のインタビューです。
posted by ジーニアス at 17:21| Comment(22) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
15カ月くらい前のコメントかな?
Posted by ブルータル・ビーフケーキ at 2012年03月23日 18:08
そもそも選手同士が友人の試合って、パウンド遠慮したり変に関節技狙ったりでつまんない。

去年のDynamiteも資金難のためか知り合いカード組みすぎて、グラウンドになるたびにグダグダだったし。
Posted by ましば at 2012年03月23日 18:22
なぜいまそんなことを…
作戦じゃないだろうな
Posted by 774 at 2012年03月23日 18:30
その本音をもっと早くコメントしていれば、ラシャドとこんなにもこじれる事は無かったのにね、JJ。
もっとも、そのお陰でJJ VS ラシャドが最高の形での対戦が実現した訳だけどね。
Posted by BB at 2012年03月23日 18:39
動物の方がやらないと思うぞ
Posted by ミラ at 2012年03月23日 19:22
結局これが本音なんでしょうねえ・・・友人相手に顔面殴って首絞めるとかそりゃあやりたくないでしょう。でも会社の上司がやれと言うんだからやるしかないわけでね。
Posted by MMA at 2012年03月23日 20:28
ヒトほど同種の争い、殺し合いを行う動物はいません。
Posted by マキャ at 2012年03月23日 20:33
そんな意味で「動物じゃない」って言ったわけじゃねぇだろうよ。
Posted by 古屋 at 2012年03月23日 20:41
その覚悟ならベルトを返上すべき。
頂点に立つ選手としてはプロ意識が足りないと思う。
普通の選手がわざわざ友達とやる必要はないんだよ。
しかし世界の頂点を決める戦いなら一位と二位がやらなければならない。
やらないならその意志表明のため自ら頂点から降りるべき。
まあジョーンズはやらないとは言ってないみたいだし、エバンス以外にそういう相手はいなさそうだけど。

これは本音だろうか。
本音ならエバンスと戦う事の辛さで泣きが出ちゃったかな。
Posted by かんち at 2012年03月23日 21:08
動物はよくやるよ(野生の動物の縄張り争い、雌争奪戦からペット同士のけんかまで)。
でも致命傷を与えるようなことはしないな。
子供のころからのじゃれあいなどで力加減や殺し合いではない「勝負」の落とし所を心得ている。
レフェリーなんかいなくても、お互いが勝敗に納得して勝負が終わる。
Posted by 奇想天外 at 2012年03月23日 21:46
野生動物は余程ことじゃないと闘わないでしょw
弱肉強食の世界、手負いイコール死に繋がるからね。
争いは極力避けてるんじゃないかな。
Posted by 侘之助 at 2012年03月23日 21:48
まあそうですよね(笑) しゃーないといえばそれまで
Posted by ゼーベス星人 at 2012年03月23日 21:52
気持ちはわかりますが、王者の発言ではないかなと。

キャリア浅いのうちにチームメイトのラシャドの怪我で転がり込んできたチャンスをものにしたJJ、UFC本線一発目で王者になってからずっと防衛中のアンデウさん。

勝ったり負けたりしながらなにがなんでも王者になりたい選手の気持ちなんてのは、この二人にはわからないんじゃないでしょうかねえ。
Posted by ごん at 2012年03月23日 21:57
同種じゃなくて、仲間ね。
Posted by はく at 2012年03月23日 22:13
こういう綺麗ごと言うわりにやるこたーしっかりやるのがJJ
今も昔も変わってないし、そういうところがラシャドがむかついてるところだと思うぞ
Posted by サタ at 2012年03月24日 00:24
金と名誉が手に入るんならやるでしょJJ
Posted by 高 at 2012年03月24日 00:26
ふたりはプロに徹して不仲を演じてるんだろうか。

経緯に無知なもので、そうとも思ってしまう過去のインタビュー。
Posted by フォックス at 2012年03月24日 01:44
詰まるところ、ファイトマネーですよね。動物は生存。人間は金。ま、金も生存だと思えばそうですが。それにしても、ジョーンズってのは、若いですな。
Posted by ゴーストライダー at 2012年03月24日 03:23
これが戦略かと思わない人は終わってますね、
Posted by ガンダム at 2012年03月24日 09:08
そうですね~
バスケットやフットボールだったら、親友同士の対戦も美しく、ドラマティックだけど、MMAでそれを受け入れるのは、観るほうもやるほうも多くの人が難しいでしょうね。
相手を負かすには肉体的ダメージ不可避ですからね。 友達であったことを忘れて、今後も友達に戻ることは無い…くらいの覚悟が必要ですね。
Posted by ufcer at 2012年03月24日 10:28
と言いつつスパーでけっこうエグい攻撃している動画がありましたが
やるとなったら遠慮はなさそうですね
Posted by 774 at 2012年03月24日 14:16
JJが遠慮する訳がない
奴は刈りに行くぞ
圧倒的に勝と思うがエバンスもしっかり作戦ねって来るだろうから面白い事にはなるだろうね
エバンスも遠慮のないはめ殺しで決して大きく踏み込まずソネンのようなネチネチ攻撃をするかも
あれは観ててもイライラしてくる攻め方だよね
そこまで効いてないけど隙をつけない攻撃に転じれない
ただJJがそこにハマる気が全くしない
Posted by MB at 2012年03月24日 14:39
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索