2011年11月23日

ヒョードルを激励したプーチン首相へのブーイングが話題に/岡見勇信「UFCを日本に定着させたい」etc.

プーチンと柔道の心
プーチンと柔道の心

 主に国内情報を19本紹介

プーチン首相に「大ブーイング」=前代未聞、政権動揺-ロシア(時事通信)

プーチン首相に異例のブーイング、ロシアの格闘技大会で(AFPBB News)
 動画の中でプーチン首相はヒョードルを抱擁した後に話し始めたが、観客からの口笛や低いブーイングが止まらないためにいったん話を止めたように見える。プーチン氏がヒョードルを「ロシアの真のヒーロー」とたたえると、ようやく観客は歓声を上げた。

 プーチン氏のテレビ出演は厳密に演出されるのが通例で、見ず知らずの観客を前に即興で演説することはほとんどない。
 
 柔道の黒帯を持つプーチン氏が格闘技の試合会場でスピーチするというのは強権的指導者のイメージに合っているように思えるが、今回は同氏のパフォーマンスとしてはあまり例のない失敗となった。

 写真も多数掲載されています。関係者はブーイングはプーチン首相ではなくジェフ・モンソンに向けられたものと説明したそうですが無理がありますね。


IGF猪木会長、試合数減らせ!(サンスポ)
 大みそかの格闘技イベント「元気ですか」(さいたま)でゼネラルプロデューサーを務めるIGFのアントニオ猪木会長が19日、試合数削減を訴えた。IGFとともに選手を提供する総合格闘技のDREAMは、約20試合を希望。猪木会長は「かったるい試合が続くだけなら、ファンが疲れてしまう」とめりはりの利いた興行を求めた。

 確かに午後3時から年越しまでというのはキツイです。


「日本にUFC定着を」岡見が意欲(日刊スポーツ)
来年2月26日のUFC144大会(さいたまスーパーアリーナ)で再起戦に臨む岡見勇信(30)が21日、同大会で日本の格闘技熱を盛り上げる意欲をみせた。今年8月、UFCミドル級タイトル戦で王者アンデウソン・シウバ(ブラジル)に2回TKO負けを喫して以来、約6カ月ぶりに同144大会でティム・ボウシュ(30=米国)との対戦が決定。06年以来、約5年半ぶりの国内試合となる岡見は「会場は日本格闘技の聖地。そこからUFCを日本に定着させたい。格闘技の熱気を出していくチャンス」と自らの役目を強く意識していた。

 毎年観たいです。


【ROTK】スウェーデンへ乗り込む佐藤嘉洋インタビュー01(MMAPLANET)

 試合は11月26日に行われます。


最終カードが決定! Dropkick BOM-BA-YE2011 キャバレーナイトフィーバー in 新宿(人間風車)

 五味隆典、小見川道大、金原弘光が出演。


猪木仰天プラン「清武氏VS渡辺会長」(日刊スポーツ)

ボクサー転向京太郎来月B級プロテスト(日刊スポーツ)

王者の苦戦と最終決戦の再浮上。~パッキャオvs.メイウェザー実現!?~(NumberWeb)

【Challengers】秒殺連続、ロウジー=女アームコレクター(MMAPLANET)

遺恨もリングで昇華する!『THE OUTSIDER 第19戦』血まみれ舞台裏レポ!!(日刊サイゾー)

オランダ修行の鈴川帰国、大みそかに意欲(日刊スポーツ)

IGF鈴木、米国武者修行の成果公開(日刊スポーツ)

【リングス】1・22エメリヤーエンコ・ヒョードルがプロデビューした大会が復活!(GBR)

【ニュース】12・4山本優弥、菊野克紀らがトークイベント!これからの格闘技について語る(GBR)

【パンクラス】12・3永田克彦、王者・大石との完全決着へ「満を持して再戦を迎える」(GBR)

【イッツ・ショータイム】1・28日菜太の対戦相手がドラゴからさらなる強豪に変更(GBR)

【ライズ】11・23神村のKO予告に対し、RENA「やれるもんならやってみろ!」(GBR)

【ライズ】11・22K-1ファイターのステファン・レコが挑発!「誰でもかかって来い」(GBR)
posted by ジーニアス at 05:50| Comment(12) | TrackBack(0) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>かったるい試合が続くだけなら、ファンが疲れてしまう

まさにその通り。
Posted by リュ- at 2011年11月23日 06:18
猪木いいこと言うじゃんw
Posted by たから at 2011年11月23日 07:16
>猪木仰天プラン「清武氏VS渡辺会長」

やっぱ猪木さんは、マーケティングの天才だ!
Posted by hiro at 2011年11月23日 08:31
佐藤もそうだけどキシェンコとヨードセンクライの試合楽しみ!
あとユルゲン・クルト懐かしい。
まだ現役で頑張ってたんだ。

Posted by マジ? at 2011年11月23日 09:08
猪木はリングサイドで、寝てるんじゃないかってくらいボーッとしてますからね。
早くマイクパフォーマンスを済ませて、さっさと帰りたいでしょうw
Posted by ダーツ at 2011年11月23日 09:40
確かに20試合は多すぎる
Posted by サタン at 2011年11月23日 10:09
ファイターにも生活がある訳だし、
別に全試合を必ず観なければならない訳でもないので組める資金があるのなら組めば良いと思う。

去年の戦極も試合数が多かったが、年明けに観ていない試合をちょっとづつ観るのが楽しかった。
Posted by Halical at 2011年11月23日 11:06
神村勝つかな?
RENAが意地見せられるか楽しみ!
Posted by 注目 at 2011年11月23日 13:32
試合数を減らすことで、楽しみなガチカードが減っては元も子もない。試合数が多いのは疲れますが、ある意味大晦日っぽくて良い気もします。
理想的には1興業10試合程度にして、もう少し頻繁に開催してもらいたいですが。
Posted by らぴど at 2011年11月23日 14:08
RISEのヘビー級トーナメントは昔のK-1の地方大会クラスの選手が揃いましたね。
何気に楽しみな大会です。
Posted by K' at 2011年11月23日 19:07
興行収入だけで支払いが出来ているならいくら組んでも問題ないと思いますが、スポンサー頼みな状況だとしたら止めてほしいです。スポンサーが継続してもよいと考えるような運営を期待します。。
Posted by TK at 2011年11月23日 19:45
IGFルールの試合を全部削ればいいのだよ
Posted by よっしー at 2011年11月24日 09:53
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索