2006年08月17日

アクション俳優・倉田保昭氏がPRIDE、K-1について語る~その他プロ格情報

アクション映画の復活を(読売新聞)
 2人合わせて120歳以上と言われても、にわかには信じられない。

 19日に公開される映画「マスター・オブ・サンダー 決戦!!封魔龍虎伝」(シネマート六本木ほかにて順次全国ロードショー)で、日本アクション映画界の両雄、倉田保昭と千葉真一が激突。還暦を過ぎているとは思えない激しいアクションを見せている。

 ジャッキー・チェンらと共演するなど、香港アクション映画界でも著名な倉田と、ハリウッドでも活躍している千葉。年代的にも近い2人だが、意外なことに、本格的な共演はこれが初めてという。

 初共演の理由を、倉田は「この時代に千葉、倉田というアクション俳優がいたというのを残したかった」と説明する。背景にあるのは、「日本のアクション映画が絶滅状態にある」という危機感だ。

 倉田は「アクションは吹き替えでいい、危ないし、俳優の日程もいっぱいだから、構えてみせるだけでいい」という考え方が、日本の映画業界に蔓延(まんえん)していると指摘。「それでは観客は感動しない。我々の仕事は人を感動させることのはずなのに、原点を忘れている」と憂慮する。

 なんでもコンピューターグラフィックスで表現できる時代ではあるが、「生身の人間の動き以上に人を感動させるものはない。そうでなかったら、PRIDEやK―1が流行するはずがない」と思うからだ。

 映画には、元デカイエローの木下あゆ美をはじめ、特撮ヒーロー番組出身の若手人気俳優がずらり勢ぞろいしてもいる。「彼らのファンの若い人に、この映画で本物のアクションの迫力を知ってほしい。たまには泣くためではなく、映画館に行ってもいいんじゃない?」と話す倉田。この映画をきっかけに、アクション映画を復活させたいという夢を、一映画ファンとして心から応援したい。

 「Gメン'75」の草野刑事や、「ブルース・リーにヌンチャクをプレゼントした男」としても有名な倉田保昭氏。そんな日本が誇る世界のアクション俳優がPRIDEやK-1について語るとは! 最近も東スポのコラムで「アクション俳優が年齢とともに演技派にシフトしていくのは間違いだ」と、生涯アクション俳優宣言をしていました。これぞ男の美学ですよ。

 千葉真一氏と夢の競演とは素晴らしい。でも老骨にムチ打ってがんばるのもいいですが、ケガには気を付けていただきたいものです。ま、撮影はもう終わってますが(苦笑)。

 「生身の人間の動き以上に人を感動させるものはない」・・・その通り! しかし最近のK-1は「感動」ではなく「お笑い」になっていることも指摘して欲しかったですよ(笑)。

 倉田さん絡みではこんな記事もあります。

ジャガー横田「子供をアクション俳優に」(日刊スポーツ)
 妊娠7カ月のプロレスラー、ジャガー横田(45)が15日、あこがれのアクション俳優倉田保昭(60)と対面し「子供をアクション俳優にする」と宣言した。都内で倉田と千葉真一(67)の共演映画「マスター・オブ・サンダー」(19日公開)の試写会に参加し「プロレスラーじゃなけりゃ、アクション俳優になりたかった。昔(役者の)レッスンに行ったこともある」と告白。倉田と会話するうち「おなかがモゾモゾ動いてるんで、子供も喜んでると思う」としおらしく話した。

 ジャガーさん、産んでもいないのに親バカぶりを発揮しています(苦笑)。

[参考リンク]
和製ドラゴン!倉田保昭オフィシャルサイト
マスター・オブ・サンダー 決戦!!封魔龍虎伝


【その他気になったニュース】
8・26武士道挑戦試合の2カードが追加発表“Uの遺伝子対決”と“最強のアニキ決定戦”(PRIDE)
▼武士道挑戦試合 ライト級
池本誠知(日本/フリー)
VS
中村大介(日本/U-FILE CAMP.com)

▼武士道挑戦試合 ライト級
阿部裕幸(日本/AACC)
VS
松下直揮(日本/MB3z)

 きっついカードだなぁ。「武士道挑戦試合」とは言っても年齢的には「フューチャーファイト」っていう感じでもないし。

美濃輪、仮想バタービーンにエルボードロップ 8・26は“新型”美濃輪がリングに上がる!?(PRIDE)
 いや、エルボーは禁止だろ(笑)。

[MFC] ホジャー・グレイシー、11月に総合デビューへ(BoutReview)
 一部で流れる噂によると、ホジャーは勝利賞金を含めると約25万ドル(約2900万円)という、MMAデビューとしては破格のファイトマネーで契約合意に達したとの事だが、MFCとホジャーとの間で交わされた契約の詳細はもちろん明らかにされていない。

 さすがアブダビコンバットを制覇した大物。相手はドン・フライが濃厚ってのがアレですが。

ミルコ・クロコップインタビュー(BurningSpirit)
 アメリカのMMA団体の代理人が継続的にオファーをしてきているとのこと。PRIDEラスベガス大会が終わったらどうなるか・・・。

エンセンがシウバに“挑戦状”(デイリー)
 現役復帰に意欲を見せたエンセン。でもエンセンってノゲイラに負けた後グズグズとマイクでしゃべっててブーイング浴びた印象が強いからなぁ(苦笑)。

曙 レスナーよ…覚悟しとけ!(デイリー)
 やっぱりやりそうですね、このカード。でも曙さん相手に「覚悟」なんていらないよ。

【イノキ・ゲノム】猪木娘、右足骨折で出場に黄信号(サンスポ)
 寛子さんが負傷したことは昨日も書きましたが、気になったのはこの部分。
また大会に協力する新日本のサイモン猪木社長は、大会で予定されていた総合格闘技トーナメント実施は白紙となっていることを明らかにした。

 ・・・('A`)。もう全てを白紙にした方がいいんじゃないの?

猪木 “闘魂節”が全開(内外タイムス)
 悩める新日プロにハッパをかけた猪木だが、ここまで辛らつにメッセージを送った背景には夢プランがあったからだ。「猪木ゲノムの日は午前中に新日本プロレスがやれたら面白かったと思う。ファンもプロレスを見て、その後に格闘技を見れたら良いでしょう」。今回は窮地にある新日プロが全面協力できないことから、ダブルヘッダー開催プランを諦めざるを得なかったというわけだ。

 ていうか協力してるのは娘婿のサイモンだけなんでしょ・・・。

HERO\'$(山本“KID”徳郁BLOG)
やっぱ俺も試合してーなー!年末だけはやっぱ大阪で暴れよっ、ブヒッ!

 やっぱりそうか。結局大晦日マネーの誘惑には勝てないと。そんなんで北京五輪は大丈夫? まさかアマレスのエキシビジョンマッチやるんじゃないだろうね?

馳浩ロングインタビュー(全日本プロレス)
 本当に「ロング」インタビューなので、リンク先をご参照下さい。ただし特に気になったのがこの部分。
「目の輝き。目が死んでる奴はプロレスやってもダメだ。今まで何人か声かけて育てたり、スカウトしてきたけど、みんな目がいいですね。いい目をしてますよ。あとは本人に努力をする才能があるかどうかですよ。どういう努力をすればいいかは指導しますけど、本人がしっかり考えて、リングで お客さんに自分の試合を見せるためにはどうしたらいいか。でも、ちょっとあんまり十分、指導できなかったのは中西かな。側にいて、いろんなことを教えてやりたかったけど、ちょっと中途半端だったかな。潜在能力からしたら100満点 中5点ぐらいしか出てないから、もったいないなって」

 ちょwww中西さんは「5点」かよwww。

東京スポーツ盃にプロレスラー高岩竜一登場(netkeiba.com)
 8月23日(水)、川崎競馬場で行われる東京スポーツ盃スパーキングサマーチャレンジのレース後に実施される表彰式のプレゼンターに、プロレスラー高岩竜一選手(ZERO-ONE-MAX)が起用されることが分かった。また、レース当日は各種イベントが行われる予定となっている。詳細は以下の通り。

◆来場者プレゼント
 8月23日(水)当日は、特別観覧席ご利用のお客様先着500名に東京スポーツ新聞社から夕刊紙「東京スポーツ」をプレゼント。

◆競馬予想クイズ
 当日競馬場来賓室に読者35人を招待。高岩竜一選手をゲストに招き、7R、8Rを対象に競馬予想クイズを実施。的中者には高岩選手のサイン色紙、東京スポーツ表彰式出席権等のプレゼントがある。

 ちょwww東スポプレゼントってwww。もうちょっとマシなもんくれよ!

HGがスケスケ新衣装で筆おろしフォー!=ハッスル(スポーツナビ)
 波田陽区は着流しを着なくなってから見る機会が減った。それだけに心配だ。

ガニア氏「日高、藤田は恥さらし」開幕戦で対決指令=ZERO1-MAX(スポーツナビ)
 デール・ガニア氏の理不尽要求で天下一Jr.トーナメントのカードが大幅変更に。

AWA会長デール・ガニア氏より緊急アナウンス(BLOG@ZERO1-MAX)
 これが要求の全文。

蝶野がお宮参り、命名は「正独」(日刊スポーツ)
 蝶野正独(なおとく)と読むそうです。「独」を入れる宣言をしていましたが、独創的なネーミングですね。

藤原組長のばらしちゃうぞ(内外タイムス)
 亀田問題について書いています。今回がひとまず最終回だとか。

●この連載を楽しみにしていただけに残念・・・/人気ブログランキング
posted by ジーニアス at 02:00| Comment(3) | TrackBack(1) | プロレス&格闘技 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あ~馳がいたころの新日はよかったなぁ。
長州がはばきかせてて、三銃士がいて、外人もベイダー・ビガロにノートンと…
健介がホークとウォリアーズのペイントしてゴングの表紙かざってた時は震え上がるほどカッコよかったし、WCWからスティングやブッカーTなんかも来てましたよねえ…
天山も凱旋帰国してきたころはかっこよかったし、『天山、俺達と一緒にやろう!』て右手を差し出した越中にモンゴリアンやったのは爆笑しましたけどね~。今はテレビも専門誌も見なくなりましたよ(笑)
Posted by 理不尽大王 at 2006年08月17日 02:55
>毒針エルボー
頭部以外へのエルボーは有りのはずです。
Posted by わむ at 2006年08月17日 08:18
>理不尽大王さん

私は馳はプロレスラーとしては評価していますが、コーチとしては疑問符ですかね。やっぱり新日道場は小鉄さんがコーチしてた頃の方が良かった。テレビも専門誌も見ないということはネットオンリーですか。私もノア中継やワールドプロレスリングは気が向いた時しか見なくなりましたね。

>わむさん

あー、そうか。武藤の毒針エルボーやザ・ロックのピープルズエルボーのような技ならOKだと。あんな無駄な動きのある技使ってるヒマないでしょうけどね(苦笑)。
Posted by ジーニアス at 2006年08月18日 02:51
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

絶滅してゆく動物達・・・
Excerpt: 新種が見つかる。海洋資源が枯渇する。絶滅してゆく動物達がいる。何故にという題名で、新たに記事をアップしましたので、興味のある方は、是非、お読み下さい。
Weblog: 医療と生物をやさしく読み解く入門
Tracked: 2006-08-19 16:46
記事検索