2006年08月05日

亀田興毅八百長問題PART4~応援してたブログは炎上し、スポンサー撤退も?

 昨日の記事で「取りあえず8月2日の試合に関しての批判は、この記事が最後の予定」と書いたのですが、まだまだネタがわんさか出てくるので性懲りもなくまた書きます。

亀田vsランダエタ 大みそかにも!再戦!…WBA指令へ(スポーツ報知)

 他のメディアは「タイトル返上か」「大晦日も白紙」という論調なのに、報知だけは大晦日再戦と書いている。

スポーツ報知緊急アンケート「亀田の負け」94%(スポーツ報知)

 Yahoo!のアンケートとほぼ同様の結果に。そりゃそうだろ。

金平会長、亀田の疑惑判定に反論(内外タイムス)
 協栄ジムには試合終了後から抗議の電話が押し寄せ、一夜明けた3日もスタッフが対応に追われた。大量の苦情メールでパソコンのサーバーは機能停止。金平会長は「ウチは慣れてますから」と平静を装い、判定への抗議は鬼塚で経験済みである点を強調した。

 しかし、今回の騒ぎは注目度がケタ違いに高かったこともあり、鬼塚のケースをはるかに超えている。日本ボクシングコミッションには3日朝から抗議の電話が殺到。本来の業務に手が付けられない状態に陥った。

 ( ´,_ゝ`)プッ。抗議に慣れてるということは、八百長の常連だと認めているようなもの(苦笑)。でも鬼塚の時代はメールなんて無かったんだから、サーバー機能停止には慣れていないだろうにwww。

ジャガー横田「本人が分かってる」(デイリー)

 ジャガーさんもこの件についてコメントしてるとは。

ランダエタ選手に激励殺到-ベネズエラの日本大使館(サンスポ)

 日本を嫌いにならないで欲しいものだ。

亀田王座返上案は既定シナリオだった…真相は?(ZAKZAK)
 「実は、2日のタイトルマッチを数日後に控えた7月末、ジムではなく亀田家の意向として、『勝っても負けても、次はノンタイトル戦にしたい』という話が、複数の関係者に伝えられていた」と明かすのはタイトルマッチにかかわったある興行関係者だ。

 「亀田本人は悪くない」なんて意見も多いですが、この親にしてこの子ありなんじゃないの?

防衛戦か、タイトル返上か 疑惑判定に揺れる亀田(スポーツナビ)
 王座決定戦を制して新王者となった場合、初防衛戦はWBAの指名試合となり、ランキング1位選手を迎える。2日の試合が論議を呼ぶ判定だっただけに対戦相手のフアン・ランダエタ(ベネズエラ)が1位のまま据え置かれ、再戦となる可能性もある。
 亀田は「ランダエタとは何回やっても勝てる」と自信をみせる。だが一方で金平会長は「動きを見るとライトフライ級ではきついかなとも思う」と、減量苦からフライ級に上げる可能性も示唆する。
 フライ級は亀田の持ち味であるパワーやスタミナが存分に生かせる。しかし王者が強い。世界ボクシング評議会(WBC)のポンサクレック・クラティンデーンジム(タイ)は15度連続防衛中で、WBAのロレンソ・パーラ(ベネズエラ)も亀田のようなファイター型をさばくのがうまい強豪。次の試合は結果と内容が求められるだけに、陣営も挑戦には慎重になるだろう。

 どっちに転んでもダメじゃん。返上してフライ級に戻り、また噛ませ犬相手に茶番劇演じるしか道はないのでは?

亀田疑惑判定大反発…TBSもKO、ネット火付け(ZAKZAK)
 「今は昔と違い、皆が自分なりの真実を探そうという時代。やろうと思えばいろいろな情報が得られる。いろいろなモノの見方があるなか、テレビ局が一方的に『新チャンピオンでござい』『これで納得しなさい』といった大本営発表みたいなやり方を続けているから、『テレビはオールドメディアだ』と呼ばれてしまうのでしょう」

 こう指摘するのはITジャーナリストの井上トシユキ氏。

(中略)

 井上氏は、スポーツに関して、そうした情報波及のパターンが最初に注目されたのは、「2002年サッカーW杯のとき」と指摘。当時、韓国対イタリア戦で、観客がレーザーポインターでイタリア人選手を攻撃しようとしたとみられる映像などが、「あっという間に世界中に流れた」と振り返る。

 協栄ジムを運営しているのは“かの国”の人。イタリア選手にレーザーポインター攻撃をしようとしたのも“かの国”の人。彼らには「恥」という概念がないのでしょうか?

亀田選手の判定勝ちでわかったインターネットのすごさ(PJオピニオン)

 ネット世論の勢力が拡大してきたってことでしょうな。

亀田興毅を応援してBlogが炎上?(PJオピニオン)

 これなんかもその最たる例でしょう。モーグルの上村愛子さんのブログが“炎上”。理由は亀田興毅を誉める文章を書いたから。

 愛子さんは、翌日8月3日に「皆さんの意見やTVや新聞で昨日の試合の事を聞いたりして今とにかく思う事は、ボクシングの判定基準もぜんぜん知らないのに軽々しくコメントしてしまったんだと思って反省しています」という反省のコメント を掲載された。

 しかし、ボクは、ブログで軽々しくコメントしてもまったくいいと思う。また、愛子さんに「反省しています」という文章を書かせてしまったコメントを自己リンクなしに書きなぐった人に「?」を感じる。自分のブログなんだから、誰かにとやかく言われる筋合いはないはずだ。しかもコメントのみで、批判している人ほど、自分へのリンクがどこにもない。こんな「名無しさんのコメント」をあえて、真正面に受け止めてしまって、「反省しています」となり、ブログを書くのが、もういやだ…というようなことにはならないように願いたい。

 あるあるwww。女性有名人の場合、コメント欄を設けてるとセクハラ的な書き込みするヤツも多いのに偉いね愛子さんは。正直私もこのブログのコメント欄削除しようかと思ったこともあるし。

 まぁでも見知らぬ人からレスポンスがあるからこそブログの醍醐味だと思うので、今のところそういうことはしないですけどね。「双方向」だからこそ面白いわけだし、事実誤認があったら指摘してもらえるし。

亀田興毅&一家「暴力団との問題写真」(livedoor芸能総合)

 FRIDAYに載ってましたね。立ち読みしました。マスコミ連中もバッシングのネタをいくつも持っていて手ぐすね引いてると勝谷誠彦氏は言ってたが、どうなるか。下手すると日本のボクシング業界は壊滅状態になるのでは?

ローソン、明治製菓 「スポンサーやめろ」の大合唱(J-CASTニュース)
「イメージキャラクターをきちんと選定するのも重要な企業戦略だろ。これだけダーティー(試合前からだけど)なキャラを選ぶとは、株主を馬鹿にしているのか?株主の利益を考えるなら、即刻、関係を絶つべきだろ」

「さすがに八百長試合を見せられて、そのスポンサー企業の商品を買う気持ちにはなれません」

「誰が見ても粉飾試合!CM見たらみんな買わなくなるぞ。この商品もこの会社も粉飾じゃないのかって思われる。イメージ最悪!」

「外国から来た対戦相手に対してあのような悪態をつく人間をなぜCMに使う?」

 こんな抗議が殺到しているそうです。

亀田バッシングと問題の本質(拳論★取材戦記)

 こんなやつらに様々な特例を認めたJBCや亀田用の贈呈ベルトを用意していたWBAらの体質を批判すると同時に、裏事情を知っていながら彼らを祭り上げたマスコミ全体も批判しています。専門誌では提灯記事を書いておきながら、他のメディアでは匿名でボロクソ書いてる人もいたそうで(苦笑)。ダメだこりゃ('A`)。


[NEWS] とくダネが亀田を参考人招致 (JP only)

 昨日アップした「とくダネ!」のフルバージョン。


二宮&やくみつる  亀田・メディア批判

 スーパーモーニングで二宮清純氏とやくみつるがボロクソ(笑)。


Kameda - ABC MOVE!

 朝日放送の「ムーブ!」でもボロクソ・・・かと思いきや、なぜか橋下弁護士だけは擁護。


Kameda - ABC MOVE! - Part2

 勝谷誠彦と二宮清純が激怒!

●更なる亀田八百長情報はこちら/人気ブログランキング
posted by ジーニアス at 02:30| Comment(4) | TrackBack(1) | ボクシング | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>下手すると日本のボクシング業界は壊滅状態になるのでは?
リングサイドで観戦されてた「ちょいワル親父(笑)」
の皆樣のコトですね。ネットってのはコワいモンで、このグラサンの人は○○会系××組長ですよ、と教えてくれるんですね。でも、コレがOKやったら、フジTV、PRIDEの放映打ち切らんでもよかったんちゃうの?ってヤツアタリしたくなります。
Posted by shin2 at 2006年08月06日 01:33
>shin2さん

 PRIDEの場合、ボクシングに比べて遥かに歴史が浅い上に組織として脆弱な部分もありますしね。狙い撃ちしやすかったのでしょう。

 まぁでもこの世にある興行という興行は全てヤクザが絡んでいると考えてもいいでしょう。もちろん世界的に。ボクシングには暴力団が介入してるからということで一斉にネガティブキャンペーンが始まったら日本にいる世界王者は全員海外での試合を余儀なくされ、それこそホームタウン・デシジョンで負けて帰国することになると思います。
Posted by ジーニアス at 2006年08月06日 02:25
とりあえず生でTBS,並び亀田親子、養護派は見ない事。視聴率が良ければ全て良しのホリエモン思考を静止すべき!

『本当に強い奴は吠えない!』

対戦相手が日本人ならどうなるのかな?ボクシングだけでなくほとんどのプロスポーツはたいして稼げない!学業との両立を終了し、次は労働との両立、働きながらコツコツと少ない稼ぎの中頑張っている人達はたくさんいる。私はそんな人達を応援したい!

パフォーマンスは選手同志が、お客さんや試合を盛り上げるために行う事じゃないのかな?いつから人を舐める事になった?

気に入らないなら見なきゃいい!という橋本弁護士・・・見たあんたが悪い!とでも言っているよう、信用がた落ちだ!私の弁護が気に入らないなら頼まなきゃいい!頼んだあんたが悪い!とでも言いたいのかな?
Posted by てんと at 2006年08月09日 13:22
>てんとさん

橋下弁護士は大きく株を落としましたよね。というかサンデージャポンの亀田称賛報道はあまりにも・・・。橋下もそうですが、テリー伊藤や高橋ジョージは最悪です。
Posted by ジーニアス at 2006年08月10日 10:26
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

亀田人気:[悪名は無名に勝るのか][時代の寵児と歴史の空白]
Excerpt:  亀田現象と呼んでいいかもしれない。  それが歴史の光の部分として残るのか、恥部として残るのか、忘れ去られるかはまだ分からない。今までは飛ぶ鳥を落とす勢いだったとしても、今後は奈落の底に落ちるかもし..
Weblog: 脳内会議中は死んだ
Tracked: 2006-08-10 11:23
記事検索