2011年07月30日

ダナ・ホワイトがヒョードル vs. ヘンダーソンについてコメント

ドラえもん ジャイアン猛言トランプ
ドラえもん ジャイアン猛言トランプ

White talks Strikeforce, UFC injury woes, more in wide-ranging Q&A(SI.com)

 ダナ・ホワイトがエメリヤーエンコ・ヒョードル vs. ダン・ヘンダーソンについてコメント

――エメリヤーエンコ・ヒョードルは大きな試合を控えています。あなたは自分の主張が証明されたと思いますか? あなたはここ数年「彼が短期間で危険な相手で、なおかつケージ、統一ルールで闘えばどうなるか分かるだろう」と言っていました。そして私たちはどうなったかを見ました。
「いや、私はそうは思わない。私はヒョードルに限らずどのファイターの名誉も傷付けるようなことは言っていない。みんなが私に意見を求めてくるからファイターに対する自分の意見を述べているまでだ。キンボ・スライスだって同じだ。私は彼はバーベキューでは最強かもしれないがここには来ないだろうと言った。そして私は彼にオファーをした。『やってみたいか? 私は君がTUFで優勝するとは思えない。だがやってみたいならチャンスを与えよう』と言った。

 私はキンボのことが好きだ。私が会った中では世界一のナイスガイだし、マネージメントも素晴らしかった。だがそれで私の主張が正しかったことを意味しているわけではない。私は19歳から格闘技ビジネスをしているし、多少なりともこの業界のことを分かっているつもりだ。だからファイターに対する意見を持っている。スポーツ記者やファンのようにね。私の意見が正しかったこともあれば間違ってたこともある。私はキンボはTUFで優勝できないと思ってたし、ヒョードルは大袈裟に宣伝されているだけだと思った。逆に強いのに彼ほど評価されていないファイターも大勢いる。

 例えばアンデウソン・シウバは2006年以降世界のトップファイターとしか対戦しておらず、全員に勝っている。ケガをしていた時でも20分以上闘い、最後に一本勝ちした。もっと評価されてしかるべき、最強と言われてしかるべきの人たちがいるのにヒョードルこそパウンド・フォー・パウンド世界一だと言う記者がいた。そういうことだよ。私は自分の主張が証明されたとは思ってないし、ヒョードルに対する嫌悪感もない。私は彼らの誤解を正そうとしているだけだ」

――ヒョードルとダン・ヘンダーソンの試合はどうなると思いますか?
「難しい質問だね。私はヒョードルはパウンド・フォー・パウンドランキングにも入ってないと思ってるが、ヘビー級ではギリギリトップ10、おそらくちょうど10位に入ってると評価している。彼のパンチは強力だ。当たればノックアウトできる。だが彼の肌は切れやすい。顔がカットされやすいことは周知の事実だ。ダン・ヘンダーソンはタフだしアゴが強い。スタミナもある。どちらの手でも相手をノックアウトできる。とても面白い試合になりそうだ。

 それでもヒョードルに対して皮肉を言うならば『君はミドル級ファイターと闘うのかい』ということだな。ヘンダーソンはアゴは強い、頑丈、レスリングが上手い、サブミッションから逃げるのも上手い。ヘンダーソンのことならいくらでも褒めることができるが、それでもミドル級だ。だからこの試合はヒョードルにとってはルーズ-ルーズな試合だと思ってる。ヘンダーソンをKOしたところでミドル級に勝っただけだと言われるし、KOされたらミドル級にやられたと言われてしまうだろう」


▼人気blogランキング
posted by ジーニアス at 18:36| Comment(10) | TrackBack(0) | ストライクフォース | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ジャイアンの癖に正論ダナ
Posted by エレナ at 2011年07月30日 19:05
ダナ的トップ10は

ヴェラスケス
ドスサントス
レスナー
ジョシュ
アリスター
カーウィン
ファブリシオ
ゴリバ
ミア
ヒョードル

こんな感じなのかな?
Posted by ジュロム at 2011年07月30日 19:10
真偽は置いておいて話の筋は通ってますね。
ソネンもこれくらいの事言えばいいのに。
ところでダナのランクでは、ヒョードルの上位9人は
誰なんでしょうね。
それが全て新しい世代だとしたら、少なくともヒョードルが
「世界最強だった」事だけは認めてるのかもしれませんね。
Posted by きっち at 2011年07月30日 19:11
まぁ面白い試合になるなら何でもいいよ!
2人ともレジェンドなのは間違いないし!
Posted by CAMARO at 2011年07月30日 19:28
ダナは筋は通ってるかも知れないが、過去の意見と照らし合わせるとコロコロと内容が変わるもんだ。
Posted by ppp at 2011年07月30日 21:16
ダナの脳内TOP10の内、SF勢が結構入ってそう
Posted by GOOS at 2011年07月30日 22:02
ヒョードルが階級↓の人間と残り少ない人生をする意味が全く分からない。

正直、情けないし、UFCのヘビー級と向き合わない弱さにはもう一線級ではないとの証明でしょう・・。

まあ、UFCうんぬんはともかく、階級↓(ダナ曰く、ライトヘビーどころかミドル級)の人間とやるのは、
マジ悲しすぎるわな、自分の人生を・・・。
Posted by まあ、正論やな at 2011年07月30日 22:43
「正論やな」さん。この戦いは現在SFトーナメントが開催されているので、ヘビー級で見合う相手がいないのと、ダンヘンの強い希望によって実現した対戦ですよ?そのことを知らないで情けないとコメントするのは大間違いでしょ。あと、この戦いに勝利したら再びヘビー級戦線に戻る予定だそうです。
Posted by >< at 2011年07月31日 00:03
このカード組まれた時にダンヘン以上に集客力がありメインも張れて手が空いてる選手がSFのヘビー級に居たかね?

ダナも文句あるならUFCから誰か貸してくれれば良かったのに
Posted by ケチダナ at 2011年07月31日 01:53
ヒョードルについて語っている前半部分はほとんどが建前だね。
いくら嫌悪感がなかったと言っても、ヒョードル敗戦直後のツイートまでは釈明できないだろうし、
あれこそコントロールできない選手に対するダナの本音では。
Posted by ルフ at 2011年07月31日 03:07
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索