2011年06月15日

テキサス州がジョシュ・バーネットにライセンスを発行

LICENSE vol.TALK SHINAGAWA [DVD]
LICENSE vol.TALK SHINAGAWA [DVD]

Josh Barnett licensed to fight at "Strikeforce: Overeem vs. Werdum"(MMAjunkie.com)

 6月18日の『Strikeforce: Overeem vs. Werdum』でブレット・ロジャース戦が予定されているジョシュ・バーネットにテキサス州がファイト・ライセンスを発行したことを確認したとのこと。ライセンスは1年間有効だそうです。当たり前といえば当たり前なのですが、ジョシュの場合はこうしてニュースになってしまうという…。なおジョシュがアメリカで試合をするのは2009年1月の『Affliction: Day of Reckoning』でのギルバート・アイブル戦以来。

▼人気blogランキング
posted by ジーニアス at 06:50| Comment(3) | TrackBack(0) | ストライクフォース | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これで一安心ですね。
Posted by シャイン at 2011年06月15日 07:20
ヒョードル戦中止以降立ちふさがっていたものがようやく解決した感じで、長い道のりでしたな~

ちなみにヒョードル戦が実現していたら、ジョシュが判定勝ちした可能性は充分あった。ヒョードルに勝てるのは、すごい必殺技を持っている選手ではなく、オールラウンドでとにかくミスが少ないタイプ、という予想は、その後の二敗でもはっきりしたと思う。
今更言ってもしょうがないことですが~

今のジョシュは試合カンを忘れていると思うのでどうなのかな、、、
Posted by 2階からプランチャー at 2011年06月15日 20:12
いやいやヒョードル戦の件があるから
試合が始まるまで安心はできませんね・・
Posted by akok at 2011年06月15日 23:02
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索