2011年06月07日

TUF 13 Finale ファイトマネー

スポーツビズ―スポーツ界のマネー事情
スポーツビズ―スポーツ界のマネー事情

The Ultimate Fighter 13 Finale salaries: Guida and Herman lead payroll(MMAjunkie.com)

 ネバダ州アスレチックコミッションが『TUF 13 Finale』のファイトマネーを発表

トニー・ファーガソン 1万6000ドル(勝利ボーナス8000ドル込み)
ラムジー・ニジェム  8000ドル

クレイ・グィダ    7万4000ドル(勝利ボーナス3万7000ドル込み)
アンソニー・ペティス 1万ドル

エド・ハーマン    4万8000ドル(勝利ボーナス2万4000ドル込み)
ティム・クレデュアー 1万ドル

カイル・キングスベリー2万ドル(勝利ボーナス1万ドル込み)
ファビオ・マルドナド 1万ドル

クリス・コープ    1万6000ドル(勝利ボーナス8000ドル込み)
チャック・オニール  8000ドル

 前座試合はリンク先で全試合の合計は38万9000ドル。

▼人気blogランキング
posted by ジーニアス at 05:06| Comment(3) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ペティスクラスでも1万ドルなのか、年間5試合もできる訳でもないのに。
UFCでこれじゃあ、他の団体の選手は生活できるんでしょうか。
Posted by mm at 2011年06月07日 12:31
他団体の選手なら契約の縛りがない分、自分の好きなペースで試合が出来るのでは?
むしろ独占契約のUFCで一試合1万ドルクラスの選手の方が生活掛かってそう。
毎試合KOボーナス取れる保証があるわけじゃないし。
実力じゃ劣るトビーイマダとかの方が末端のUFC選手より稼いでると思う。
Posted by ajo at 2011年06月07日 14:40
初回契約では少なくてもしょうがないでしょう。
傘下のWECで試合をしていたとはいえUFCでは今回が初戦ですし。
3試合で2勝以上して新たに契約し直す時に上がると思いますよ。
WECではフェイバーですら2万6千くらいでしたらか、ペティスの1万は妥当かと。
王者になる直前にエドガーも2万5千前後でしたしね。
Posted by エンドレス at 2011年06月07日 22:01
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索