2011年05月19日

アントニオ・マッキーが青木真也戦欠場についてコメント

結婚ドタキャン症候群―なぜ彼らは別れなければならなかったのか
結婚ドタキャン症候群―なぜ彼らは別れなければならなかったのか

Antonio McKee Takes Responsibility for Shinya Aoki Fight Not Happening(MMAFighting)

 アントニオ・マッキーが5月29日の『DREAM JAPAN GP -2011バンタム級日本トーナメント-』で予定されていた青木真也戦を欠場する件についてコメント

・「近い将来青木との対戦を実現させるためにも俺は何も言うつもりはない」

・「俺は自分が手術を受けたから出られないと聞いた。ビザの問題があるから出られないとも聞いた。ファイトマネーが支払われないから出られないとも聞いた。だが試合が実現しなかったのは俺の責任だし、それ以上のことは言いたくない。いずれは青木と対戦したいと思ってるからね。その方が俺にとってもDREAMにとってもいいだろう」

・「状況が少し落ち着くまでは黙秘権を行使する。俺は今、MMAコミュニティの間でとてもホットな話題になってるようだしね。発言にも少し注意しないといけない。俺はおしゃべりだし、ストレートに物を言うタイプだが、この状況では黙っていた方が自分のキャリアにとってはベストだ」

・「次は7月23日にカナダで開催される『CCF Bushido』でハファエル・オリベイラと対戦する予定だ。できればその後に青木と闘いたい」


▼人気blogランキング
posted by ジーニアス at 04:35| Comment(5) | TrackBack(0) | DREAM | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
言い分としては、消滅の理由は青木側に有るけど、そう発言しちゃうと、もう青木と闘えなくなるかもしれないから今は言えないって事でしょうか?
Posted by えいぢ at 2011年05月19日 09:20
「試合が実現しなかったのは俺の責任」とマッキー自身が明言してますが。。
Posted by え at 2011年05月19日 09:44
消滅の理由は青木側にあるなんて、どこで読める?
こういうのって、選手本人というより、マネージャーの問題?
なんにしろお粗末。
Posted by さる at 2011年05月19日 09:58
まじめか(笑)
外人特有の言い訳なく
素直すぎ
Posted by た at 2011年05月19日 12:00
そうですね、深読みし過ぎちゃいました(´・ω・`)ゞ
Posted by えいぢ at 2011年05月19日 18:28
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索