2011年05月01日

UFC 129: St-Pierre vs. Shields 速報

UFC 129 St-Pierre vs. Shields [DVD]
Ufc 129 [DVD] [Import]

UFC 129 Results & Live Play-by-Play(Sherdog)

UFC 129: St-Pierre vs. Shields Results and Play-by-Play(MMAWeekly)

UFC 129 play by play and live results(MMAjunkie.com)

 上記を参照。以下、速報

フェザー級/5分3R
パブロ・ガーザ vs. イーブス・ジャボウィン


 1ラウンド4分31秒、三角絞めでパブロ・ガーザ勝利。


ライト級/5分3R
ジョン・マクデッシ vs. カイル・ワトソン


 3ラウンド1分27秒、強烈なバックハンドブローでジョン・マクデッシKO勝ち。 


ミドル級/5分3R
ジェイソン・マクドナルド vs. ライアン・ジェンセン


 1ラウンド。マクドナルドテイクダウン、ジェンセンギロチンチョーク。マクドナルド外すとバックを取りチョーク狙い。これを反転したジェンセン、しかしマクドナルドが下から三角絞め! ジェンセンタップ!

 1ラウンド1分37秒、ジェイソン・マクドナルド勝利。


バンタム級/5分3R
アイヴァン・メンジヴァー vs. チャーリー・ヴァレンシア


 メンジヴァーヒジ打ちでヴァレンシアをダウンさせそのままパウンド! レフェリー止めた!

 1ラウンド1分30秒、アイヴァン・メンジヴァーTKO勝ち。


ウェルター級/5分3R
クロード・パトリック vs. ダニエル・ロバーツ


 3ラウンド終了、判定3-0(三者とも29-28)でクロード・パトリック勝利。


ウェルター級/5分3R
ジェイク・エレンバーガー vs. ショーン・ピアソン


 1ラウンド。互いに距離を取ってジャブ。エレンバーガーテイクダウン。しかしピアソンすぐに立つ。エレンバーガー左フック! ピアソンダウン! 崩れていくピアソンにトドメの右フック! ノックアウト!

 1ラウンド2分42秒、ジェイク・エレンバーガーKO勝ち。


ウェルター級/5分3R
ネイト・ディアス vs. ローリー・マクドナルド


 1ラウンド。マクドナルド左ロー、前蹴り。ディアスジャブ。マクドナルド右ミドル。また右ミドル。ディアスクリンチ、金網に押し込む。一旦離れて連打。またクリンチ。互いにテイクダウンを狙いもつれてグラウンド。しかし互いにすぐ立つ。マクドナルドスーパーマンパンチ。右ミドル。クリンチ。マクドナルドヒザ蹴り。金網に押し込む。離れる。マクドナルド前蹴り、ロー。ディアスジャブ、片足タックルから金網に押し込む。離れる。マクドナルド左ロー。ラウンド終了。

 2ラウンド。マクドナルドジャブとローのコンビネーション。ディアスクリンチ。離れる。クリンチ。マクドナルド金網に押し込む。テイクダウン。ディアス下から組み付いてテイクダウン狙うも振りほどいてパンチ。ディアス立つ。マクドナルドテイクダウン。しかし深追いせず。ディアス立つ。打ち合いからマクドナルドクリンチ。離れ際にアッパー。またクリンチ。離れる。マクドナルドタックル、ディアス差し返しててクリンチ。離れる。マクドナルドロートジャブのコンビネーション。クリンチ、ディアス金網に押し込む。マクドナルドヒザ蹴り。さらに跳びヒザ。マクドナルドフェイントの右ロー。ラウンド終了。

 3ラウンド。マクドナルド右ミドル、また右ミドル。マクドナルドクリンチからヒザ蹴り。ジャーマンのような豪快な投げ2連発! 下になったディアス。マクドナルド立ったままパウンド! そしてまたジャーマン! ディアス粘ってクリンチ。離れる。またクリンチ。マクドナルド金網に押し込む。マクドナルドテイクダウン。パウンド。なおもパウンド! ヒジ打ち! ディアスようやく脱出しスタンドも試合終了。

 3ラウンド終了、判定3-0(30-26、30-26、30-27)でローリー・マクドナルド勝利。


ライト級/5分3R
マーク・ボチェック vs. ベン・ヘンダーソン


 1ラウンド。ベン前蹴り。ボチェックジャブからクリンチ。ベン逆に金網に押し込む。ヒザ蹴り。なおもヒザ蹴り。ブレイク。ベン左ミドル。ボチェッククリンチ、しかしベンが金網に押し込む。離れる。ベンワンツー。右ロー。ボチェックワンツー。ベンジャブ。マークワンツー。ボチェック片足タックル、ベン必死の抵抗もテイクダウン。金網際。マーク金網から離す。ベンバタフライガード。ラウンド終了。

 2ラウンド。ベン左ミドル。左ストレート。ボチェックタックル、金網に押し込む。テイクダウン。しかしベンすぐ立つ。クリンチ。ベン金網に押し込む。離れる。ボチェックタックル、しかし逆にベンがテイクダウン。パウンド。ボチェック立ってクリンチ。ボチェックアナコンダチョーク狙いも外れる。ベンヒザ蹴り連打! 離れる。ボチェック頭部から流血。ラウンド終了。

 3ラウンド。ベンワンツー。ボチェックテイクダウン。ベンクローズドガード。逆にベンが上になる。パウンド! ボチェック足を掴んでバックを取る。ベン立つ。クリンチ。ベンバックを取る。金網に押し込んでテイクダウン。ボチェック金網を背にする。立つ。ベンヒザ蹴り連打、ワンツー。離れる。ボチェックアッパー。ジャブからテイクダウン。ハーフガード。ベン立つ。パンチ連打。試合終了。

 3ラウンド終了、判定3-0(三者とも30-27)でベン・ヘンダーソン勝利。


ライトヘビー級/5分3R
ウラジミール・マティシェンコ vs. ジェイソン・ブリルズ


 1ラウンド。マティシェンコ左フック、右フック! ブリルズダウン! マティシェンコパウンド! レフェリー止めた!

 1ラウンド0分20秒、ウラジミール・マティシェンコTKO勝ち。


ライトヘビー級/5分3R
ランディ・クートゥア vs. リョート・マチダ


 1ラウンド。互いに距離を取る。前進するクートゥアにマチダジャブ。クートゥア左フック。マチダアッパー空振り。左ロー。左右連打、離れる。マチダが時計回りに回る、マチダ左ストレート。クートゥアジャブ、マチダ交わす。クートゥアタックル、マチダ振り払う。クートゥア右ストレート、タックル。金網に押し込もうとするがマチダ振り払う。ジャブを打ってきたクートゥアにマチダヒザ蹴り。離れる。ラウンド終了。

 2ラウンド。マチダ左右連打。クートゥアがぶる。離れる。クートゥアストレート、マチダがストレート。マチダ左と見せかけて右の前蹴り! クートゥアノックアウト! 試合終了!

 2ラウンド1分09秒、リョート・マチダKO勝ち。 


UFCフェザー級タイトルマッチ/5分5R
ジョゼ・アルド vs. マーク・ホーミニック


 1ラウンド。アルドワンツー、アッパー、右ロー。ホーミニックワンツー。アルド右ロー。ホーミニック左フック。アルドアッパー。左ロー。ホーミニック蹴り足捕らえてアルド倒れるもすぐに立つ。ホーミニックジャブ。アルド右ロー。テイクダウン。ホーミニック下から腕ひしぎ狙い。アルド外す。パウンド。ヒジ打ち。なおもヒジ打ち。パウンド。ブレイク。スタンド。ホーミニック左フック。アルドテイクダウン。ラウンド終了。マーク鼻血。

 2ラウンド。ホーミニック左右フック。アルドアッパー、左フック。右ロー。アルドジャブからタックル、ホーミニック切る。ホーミニックジャブ。なおもジャブ。アルドテイクダウン。ホーミニッククローズドガード。アルドパウンド、ヒジ打ち。ブレイク。スタンド。ホーミニックジャブ、左ロー。アルドテイクダウン。ホーミニック金網を足に掛ける。ラウンド終了。

 3ラウンド。ホーミニックジャブ。なおもジャブ。アルドジャブ。アルドアッパーからタックル、ホーミニック切る。ホーミニックジャブ。アルドアッパー、右ロー。至近距離で激しいジャブの打ち合い。アルドタックル、ホーミニック切る。アルド右フック! ホーミニックぐらつきタックルでごまかそうとするがアルド潰して鉄槌! ホーミニッククローズドガード。右目の下からも流血。ラウンド終了。

 4ラウンド。ホーミニックジャブ連打。アルド右ロー。アルドワンツー、ヒザ蹴り。アルド右ロー。クリンチ、離れる。アルドワンツー。アルドヒザ蹴り、ローブローで休憩後再開。ホーミニックジャブ。アルド右ロー。ワンツー。左フックから右ロー。ホーミニックジャブ連打。アルド右ストレートでホーミニックダウン! アルドパウンド! ホーミニッククローズドガード。ホーミニックの右の額に巨大なたんこぶができてドクターチェック後スタンドから再開。アルド右ストレートからテイクダウン。ラウンド終了。

 5ラウンド。アルド右アッパー! しかしホーミニックテイクダウン。パウンド。ヒジ打ち。パウンド! 鉄槌! パウンド! 鉄槌! パウンド! 鉄槌! ここで試合終了。

 5ラウンド終了、判定3-0(48-45、48-46、49-46)でジョゼ・アルド勝利。UFCフェザー級タイトルを防衛。


UFCウェルター級タイトルマッチ/5分5R
ジョルジュ・サンピエール vs. ジェイク・シールズ


 1ラウンド。GSPジャブ。シールズジャブ。GSP左ミドル、シールズキャッチするもテイクダウンさせず。金網際。離れる。シールズジャブ。GSP左ミドル。シールズ左ミドル。GSPバックスピン。GSPジャブ、ジャブ、ジャブ。バックスピン。シールズ左ロー。GSPジャブ。左ミドル。サイドキック。左ストレートでシールズダウン、すぐに立つ。GSPスーパーマンパンチ。シールズ鼻血。GSPワンツー。右フック。左ハイ。ラウンド終了。

 2ラウンド。シールズジャブ。GSPジャブ。シールズ左ミドル。ワンツー。左ミドル、ワンツー。GSP右フック! スーパーマンパンチ、右フック。シールズジャブ。GSP右フック。ワンツー。バックスピンキック。シールズ左ミドル。GSPジャブ。クリンチ、離れる。GSPワンツー、バックスピン。シールズキャッチも振りほどく。GSP右ロー。シールズタックルに行くも取れない。ラウンド終了。

 3ラウンド。シールズ左ミドル。じりじり前進。GSPステップバックして交わす。シールズ左ミドル。GSP右フック。シールズタックル、GSP切る。右フック。クリンチ。離れる。GSPジャブ。シールズタックル、届かない。GSP右フック、ジャブ。ジャブ。シールズ左ミドル。GSP右フック。GSPテイクダウン。シールズハーフガード。ラウンド終了。

 4ラウンド。GSP、シールズの左ミドルを捕らえテイクダウン。しかし深追いせずスタンド。GSPスーパーマンパンチ。GSP左ハイでシールズぐらつく! しかしGSPの足に組み付いてスタンドに戻る。GSP鼻の頭から出血。GSPバックスピン。右フック。右ミドル。ジャブ、ジャブ。ラウンド終了。

 5ラウンド。シールズジャブ。GSPジャブ、左ハイ。スーパーマンパンチ。シールズジャブ。GSP右フック。ジャブで前進するシールズにGSPカウンターのフック。GSPジャブ。ジャブ。バックスピン。互いにジャブの打ち合い。GSPタックル、金網に押し込む。試合終了。

 5ラウンド終了、判定3-0(50-45、48-47、48-47)でジョルジュ・サンピエール勝利。UFCウェルター級タイトルを防衛。

▼人気blogランキング
posted by ジーニアス at 07:12| Comment(43) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
エレンバーガめっちゃ強いな
Posted by ういぃ at 2011年05月01日 09:54
ガーザ、綺麗に極めましたね!
マティシェンコはもう40歳ですか、すごいな。
Posted by ずしおう at 2011年05月01日 11:02
ベンヘン勝った!
なんかWEC組は妙に応援してしまうなあ
Posted by VE at 2011年05月01日 11:05
師匠まさかのKO勝ちw
Posted by RE at 2011年05月01日 11:23
LYOTOもセガール直伝のあの蹴りか!!
Posted by ギャラード at 2011年05月01日 11:27
リョ―トやったぞ!

セガール先生がなんか言うぞっ。

ランディーお疲れさん!

キャプテンアメリカよ永遠なりっ。

いやぁ~見ごたえある試合でしたっ。
Posted by yama at 2011年05月01日 11:29
セガール再び…
Posted by ずしおう at 2011年05月01日 11:33
ランディー負けたか
これで引退も寂しいな
Posted by 亀田 at 2011年05月01日 11:35
Lヘビーにリョートありって感じだった。
やはり強い。
Posted by care at 2011年05月01日 12:01
アンデウソンやリョートがした蹴りは、本当に有効なんだね。
ヴィクトー戦ではじめて見た時は偶然かと思ったけど・・・。

すげーなー。

今でもMMAは進化している。

ライトヘビー級王者二人が、同じ技でやられるなんて不思議だな・・・。

Posted by 間化人 at 2011年05月01日 12:09
セミ、まさに手に汗握る試合だな。
まさに死闘。
Posted by らぴど at 2011年05月01日 12:22
これは良い腕立て伏せ
Posted by ずしおう at 2011年05月01日 12:23
さすが間合いの達人や……
Posted by G at 2011年05月01日 12:27
ジェイクシールズ故意にサミングしたでしょ。
Posted by Lunpet at 2011年05月01日 13:12
メインいまいち........

ホーミニックはまた見たい!
Posted by ケイジー at 2011年05月01日 13:20
また判定判定と騒ぐ人が出そうですね〜。
メインとしては消化不良な気もするけど、シールズ相手にグラウンド勝負の必要もないしダウンも取ったから面白かったですけどね。
Posted by tacoma at 2011年05月01日 13:39
セガーーーーーーーール!!!!

セガール拳恐るべし!
Posted by えいぢ at 2011年05月01日 13:42
いいか悪いかは別にして、GSPは強いけどつまらないですね。技術面で楽しめる人はいるのかもしれませんが、ほとんどの人はつまらないと感じると思います…
Posted by フォードル at 2011年05月01日 14:23
これで兄貴の出番なわけですかな。
同じように漬けられてしまう訳だが、、。
Posted by showgun at 2011年05月01日 14:31
GSPの試合はレベルが高くて勉強になります。なかなか真似はできませんけど笑
Posted by a at 2011年05月01日 15:16
GSP好きですけど、面白い試合とは思えないですね。
寝技は回避でスタンド勝負でしたが、ディアス相手だとスタンド勝負は危険なので、どのように対策立てるのか興味深いです。
シールズ相手に出血もして外傷ありましたし、ディアスは寝技も出来ますからねぇ。
Posted by xyz at 2011年05月01日 15:51
GSPは全局面で相手を上回っているからああいう危なげない面白みのない戦いになっても仕方がない。挑戦者に試合を盛り上げる義務がある。
Posted by けん at 2011年05月01日 16:06
セ、セガール師匠…

シールズは、パンチ打つ時、拳を握ってない様に見える場面がありましたね。
Posted by 新アルソック体操 at 2011年05月01日 16:17
GSPはあまり上手く戦えてませんでしたね。
スタンドの打撃はまだまだだと思いました。
あと、テイクダウンして攻める事を避ける程グランドの技術の差が大きいとも思いませんし、打撃で劣勢だった後半はテイクダウンして攻めて欲しかったですね。
普通の選手で言えば普通の勝ちですが、いつも完璧なGSPとしてはポイントを失うような苦しい展開に見えました。

アルドはあわや逆転TKO負けだったし、長期政権を築くにはまだまだだと思った。
Posted by ケニー at 2011年05月01日 16:36
全局面で上回ってるならせめてKO・一本のどちらかで決めてほしいよ。
マット・セラに負ける前のGSPの方がアグレッシブでKO・一本が多かったから好きだった。
Posted by むむむ at 2011年05月01日 16:42
いやいやチャンピオンが盛り上げるべきでしょ
Posted by 春 at 2011年05月01日 16:42
ディアスはレスラ―系が鬼門と思われてるから、
GSPにとっては対策立てやすいと思うよ。
この場合は,スタンドには付き合わないだろうな・・
Posted by えいおき at 2011年05月01日 16:57
さすがセガール
クートゥアお疲れ
Posted by 犬マン at 2011年05月01日 18:08
チャンピオンがリスク最小限で勝ちに拘るのはしょうがないことですよね。でもプロならリスク負ってでも盛り上げて欲しいし…
Posted by 鷹 at 2011年05月01日 18:49
ネイトディアスの試合見たかった><
あの人もサンチェズみたいにアグレッシブな試合するから好きなんですけどね・・・WOWOW、TUF放送の割には出場選手の試合全く放送しないですね・・・
リョート、すごかった!そしてランディお疲れさまでした!

GSP、視力の低下とはいえハイキックの後せめてほしかったですね。
Posted by ハイネ at 2011年05月01日 20:03
これがGSPの限界か?KO出来ないのは痛い。シールズも打撃がもっとシャープだったらナァ。組合避けるのは正解です!しかし、カナダでなければ金のとれない試合でしたねぇ、制空権の取り合いに終始した。見所はソコだった。
Posted by 真影流 at 2011年05月01日 22:04
チャンピオンだろうとリスクを負って興行を盛り上げて欲しいという気持ちはわかるし、それができたうえで王者として君臨するのが真のスーパースターなんだろうけども、現実はシビアな競技としての総合格闘技があって勝ってなんぼの世界があるわけで、だとすればリスクをより負える立場にある挑戦者こそが試合を盛り上げるべきだと思うんだけどね。今日の試合だってポイントゲームならGSPが上回ってることはシールズだって試合中にわかってたはずなんだからもっとリスクを負うべきだと思った。消化不良というか実力差がそのまま結果に反映された試合だった。もっと賭けにでるべきだった。別団体のチャンピオンとしての体裁があったんじゃないのかな。こういう試合は往々にしてあるけど俺は挑戦者にこそより責任があると思う。
Posted by けん at 2011年05月01日 22:41
これじゃあアンデウソンとやっても勝てないかなー
Posted by つよし at 2011年05月01日 23:32
GSPの試合はつまらない。他の階級と比較してつまらなさが突出している。勝って喜んでいるのはカナダ人だけで、多くのMMAファンは余りのつまらなさに彼に試合に無関心の状況になりつつあると思う。
Posted by こうだ at 2011年05月02日 00:08
メンジヴァー、UFC来たんですね。しかも90秒殺!
パンクラスでバスター連発してたのが懐かしい!
Posted by とり at 2011年05月02日 01:48
GSPがKOまたは一本を決める必要があったでしょ。
ましてやカナダで開催されているし、前の試合のフェザー級タイトルマッチも判定だったから
見ててもかなり退屈だったと思う。ここ2年近く判定勝利が続いていたから
GSPにはKOか一本で決めてほしかったのか正直な感想かな。
まぁお互いに判定の多いファイターだから判定決着にはなるだろうと思ったけど…
Posted by qqq at 2011年05月02日 02:59
GSP、48-47が二人って意外と危なかったんですね。
ただ、私も今回の試合は退屈でしたね。もうGSPの試合は3ラウンドで判定してくれたらいい。
Posted by mm at 2011年05月02日 09:52
ペンがGSPに勝てなかったように、GSPもまたアンデウソンには99%勝てないだろうな。そしてアンデウソンもJJには歯が立たないだろう。ただJJならヴェラスケス倒せそうだよね。
Posted by ギルモン at 2011年05月02日 10:14
軽量級だけはまだ日本も行けるぐらいに思ってたけど、甘かった。って思ってしまうレベルの高い試合だった。5R全然見れる。GSPはちょっとスポーツマン過ぎるなあ。もちろんスポーツなんだけど、格闘技なんだからなぁ。
Posted by GPS at 2011年05月02日 11:54
ヴェラスケス倒すのは無理でしょ
Posted by jkl at 2011年05月02日 15:39
なんだかんだでフェザーやバンタムは混戦状態でしょう。
アルドは今回の試合で弱点をいくつか露呈しちゃった感じだし、他の選手にも十分付け入る隙はあると思う。
この二階級については今後どんな選手が勝ち上がりチャンプになってもそんなに驚かないかな。
Posted by モーン at 2011年05月02日 15:41
シールズはサッカーの本田に似てる。

そして二人ともジミー大西にも似ています。

そんなことを考えながら試合を観てました。

今回こそはと期待して観たけど、やはり退屈だった…。
Posted by ひで at 2011年05月02日 20:40
GSPの試合は退屈やったけど
左目途中から見えてなかったみたいやし
仕方ないかなと、シールズに実質なにもさせなかった
興行としては今回もめっちゃくちゃ楽しめた
UFCはかなりの短い間隔でいいカード魅せてくれる
次も楽しみ過ぎる
Posted by MB at 2011年05月02日 23:49
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索