2011年04月26日

ジョン・ジョーンズが負傷、エヴァンスはUFC 133でデイビスと対戦か(追記:正式決定)

ひざ痛は99%完治する
ひざ痛は99%完治する

Jon Jones injured, Phil Davis vs. Rashad Evans now targeted for UFC 133(MMAjunkie.com)

 ラシャド・エヴァンスとライトヘビー級王座防衛戦を行う予定だったジョン・ジョーンズが右手の靱帯を負傷し長期欠場するとのこと(訂正:当初右ヒザと書いてましたが右手でした)。これを受けてラシャド・エヴァンスは8月6日のUFC 133でフィル・デイビスと対戦することを確認したとのこと(追記:その後、UFCが正式発表しています)。フィル・デイビスは『UFC Fight Night 24』でアントニオ・ホジェリオ・ノゲイラに判定勝ちして以来の試合で現在9勝0敗。最近は小さなケガがあることや技術を改善するために年末まで休みたいとコメントしていました。

▼人気blogランキング
posted by ジーニアス at 02:04| Comment(16) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
選手にケガはつきものですが、なぜかUFCの新チャンピオンは防衛前に長期欠場が多い気がしますね。
Posted by むぅ at 2011年04月26日 02:09
エヴァンスさんのターンきたこれ
Posted by まぁ at 2011年04月26日 02:19
エヴァンスなら今の俺でもイケると思ったのか?
エヴァンスのKO勝ちに期待。
Posted by Ⅸ at 2011年04月26日 02:28
なんか王者の長期離脱って定番になってますな。
選手方に悪気はないし仕方が無い事なんですが、こうも頻繁だと萎えますな

ベラスケスしかりショーグンしかりアルドしかりそしてジョンジョーンズ
Posted by ソニー at 2011年04月26日 03:12
膝の負傷は放っておくと取り返しのつかないことになりますからね。
JJは若いですが、既に王者でスポンサーもついているので休めるのでいいですね。
早く全ての選手がベストな状態で試合出来るような環境になって欲しいものです。
Posted by リンゴマスター at 2011年04月26日 03:32
また新王者が怪我か
Posted by ミラ at 2011年04月26日 04:02
接触とか無理な体勢になることが多い競技だから、怪我が多いのはまあ仕方ないね。
Posted by D at 2011年04月26日 08:12
バリー もしダナ・ホワイトが「UFCに残りたいなら、どうしてもキース・ジャーディンと戦いなさい」って言ってきたらどうする?

ジョーンズ うーむ。何とかする方法はあると思うなあ・・・怪我したふりをするとかさあ。

まさか・・・ね?
Posted by きっち at 2011年04月26日 08:37
今のUFCは王者になってから、古傷を一端完治させるという流れが定番になってきたね。

まあ、ベストな状態にして少しでも永く防衛を続けたい気持ちの表れなんだろうけど。
Posted by BB at 2011年04月26日 11:21
ショーグン戦に続きJJ戦まで。。。さすがにエバンスに同情を禁じ得ないなw
Posted by ダイマル at 2011年04月26日 12:39

そう考えると
やっぱりアンデウソンとGSPは驚異的ですね

Posted by ぼく at 2011年04月26日 12:42
王者の長期離脱について文句言うのは酷

頂点に立つまではそれこそ肉体的にも経済的にも無理を重ねてきたんだから
Posted by スラッカー at 2011年04月26日 13:11
ヴェラスケスもショーグンもJJも王者になると長期離脱って。
ファブもヒョードルに勝った後に長期離脱してるし。
まあしょうがないんだけどさ。
Posted by kp at 2011年04月26日 13:39
なんか最近のUFCは王者になった後、とりあえず怪我して長期離脱ってのがパターン化してる。
噛ませ無しで戦わされるから、ファイター側の策略なんかな。
Posted by ケント at 2011年04月26日 16:11
これは残念ですね
エバンスもトラッシュトークで盛り上げてただけにね
Posted by 格闘技ラブ at 2011年04月26日 20:38
>格闘技ラブさん

あえてツッコミを入れさせて頂きますと、トラッシュトークとは試合中に相手に囁いて相手の心理を乱す事等を言いますので、試合前の舌戦とは意味が違うと思いますよ(笑)

Posted by 金田 at 2011年04月27日 17:17
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索