2006年05月28日

UFC60試合結果&桜庭和志来場

UFCに桜庭和志が登場!! HERO'Sとの交流戦の話が急浮上(HERO'S)

 この文章書いたの安西グレイシーかヤスカクですか? と言いたくような提灯記事。一部を引用。

桜庭が会場に現われると、ファンがサインや記念撮影のため押し寄せる。UFCのダナ・ホワイト社長らも歓迎ムードで、あらためて桜庭の人気が証明された。

 ここまでならまぁ分かりますよ。ただ、これ以降の文章を読むとサクにファンがたくさん群がったのかすら怪しく思えてしまう。

 ホイスの相手は、現ウェルター級世界王者のマット・ヒューズ。時間無制限、判定なしのルールを好むホイスにとって、5分3ラウンド、道衣を着てはならないUFCのルールは正直言って厳しい。それでも、あえて不利なUFCのルールに挑み、しかも現役バリバリの王者と闘うホイスの飽くなきチャレンジ精神には頭が下がる。決して安住の地には留まらない姿に、ファンや関係者、そしてファイターからも、尊敬の念を抱かれるのだろう。

 (°Д°)ハァ? 判定なしをゴリ押ししてきた今までが異常だっただけじゃん! しかも「道衣を着てはならない厳しいルール」って、吉田秀彦戦以降は別に道衣には拘ってないし。「尊敬の念を抱かれる」・・・『プロレス・K-1・PRIDEヤミ裏事件簿』で、ヤノタクは所vsホイスを見てホイスのことを一刀両断してましたが。

 スタンドでヒューズの左フックやローキックを浴びたホイスは、最初のボディコンタクトでテイクダウンを許してしまう。すかさずアームロックを仕掛けられ、早くもピンチを迎えた。1万5000人の大声援を浴び、腕関節から逃げることに成功したホイス。ここで逆襲できればよかったのだが、その直後にバックマウントを奪われる。胴をしっかりと両足で挟まれ、身動きが取れなくなったホイスに、ヒューズは15発以上のパンチを落とした。ここでホイスは動きが止まり、レフェリーが試合をストップ。全米中の注目を集めた一戦は、4分39秒で、残念ながらホイスのTKO負けに終わった。

 早い話、何も出来なかったんですよね。某所で動画を見ましたけど、序盤にホイスはけん制のローキックを当てたぐらいなもの。にも関わらずこの記事のサブタイトルは「ホイス・グレイシーは現王者のマット・ヒューズと壮絶な大激戦」ってんだから・・・。

 で、中邑真輔も来場しててサクとの2ショット写真もありますよ! また、谷川さんはUFCのダナ・ホワイト社長と二日間話し合いの場を持ったとのこと。ホワイト社長はサクと山本KIDに興味津々なようですな。

 全試合結果はこちらから入手した情報を和訳して掲載。

Detailed UFC 60 Hughes vs. Gracie Results, & Big News/Notes(ProWrestling.com)
○メルビン・ギラード(1R 1:37 KO)リック・デービス×
※パンチ

○ガブリエル・ナパオン(2R 0:24 TKO)ファビアーノ・シャーナー×

○スペンサー・フィッシャー(2R 1:43 KO)マット・ウィマン×
※フライングニー

○ジェレミー・ホーン(2R 1:17 アームバー)チェール・シェノン×

○マイク・スィック(2R 2:19 ギロチンチョーク)ジョー・リッグス×

○ブランドン・ヴェラ(2R 2:39 ギロチンチョーク)アスエリオ・シウバ×

○ディエゴ・サンチェス(3R 判定3-0)ジョン・アレッシオ×

○ディーン・リスター(1R 2:20 三角絞め)アレッシオ・サカラ×

○マット・ヒューズ(1R 4:39 TKO)ホイス・グレイシー×
※バックマウントからのタコ殴り

 日本でのTV放送は明日のWOWOWで。その他の情報としては、

・ザ・ロックも来場していた。
・パリス・ヒルトンやシンディ・クロフォードといったセレブも来場。
・ゲイリー・グッドリッジやもう一人のK-1ファイター、元PRIDEファイター(誰?)もいた。
・次回UFC61で、ティム・シルビアvsアンドレイ・アルロフスキーのラバーマッチ(1勝1敗の決着戦)?

 私、訳すのが下手なんで、すいません・・・。で、ついでにこんな情報も発見。

Bill Goldberg To Fight UFC Star Tank Abbott In MMA?(ProWrestling.com)

 ビル・ゴールドバーグとタンク・アボットが総合マッチ!? まぁまだ交渉の段階なので、アレですけど。ゴールドバーグってもう39歳なんですね。いかんせん無理があると思うのだが。国立競技場でのDynamite!!で挨拶したのが懐かしいです。


【その他気になったニュース】
垣原賢人引退セレモニー(NJPWシリーズ&カード情報)
当日行われる垣原選手引退セレモニーに
安生洋二選手・高山善廣選手・田村潔司選手、その他垣原選手にゆかりのある方々が多数来場します。

 高山はともかく、新日本vsUインターを頑なに拒否した田村と、Uインター時代からハッスルまで一貫して新日本のオポジションに居続ける安生が来場するとはね。長州に「死んだら墓に糞ぶっかけられる」予定の宮戸優光さんはさすがに来れなかったか。
5月28日(日)後楽園ホール試合結果(NJPW)
 うーん、本当に試合結果しか載ってないなぁ。せめてカッキー引退セレモニーの様子ぐらいアップしてほしいものだが。後でするかもしれませんが。
ニコラス・ペタスが総合初体験=DEEP禅道会・秋山賢治、来年早々の復帰を宣言(スポーツナビ)
 エキシビジョンだけどね・・・。
Erica&マーガレットがスーパータッグに挑戦!=ハッスル(スポーツナビ)
 これで坂田組が女性相手に負けて青木裕子が水着になったら笑えるのだが。
鉄人小橋・王座獲りへ始動、6.4札幌でタイトル戦決定=ノア(スポーツナビ)
 こちらは「一人で十分」だとか「100億年早い」とか子供のケンカみたいなことは言わないんですね。
宮本がキングスロード初勝利、ZERO1-MAXに宣戦布告(スポーツナビ)
 日刊スポーツには「バトルリーグに改名」って書いてあったんですけど(苦笑)。あんまりキングスロードという団体名を全面に出さないで大会名称の「バトルリーグ」を使っていくようで。観衆は主催者発表で400人。次回大会は7月1日で北沢タウンホール。どんどん規模縮小してますね・・・。
日・米・メキシコの三つ巴戦が今夏開幕=DRAGON GATE(スポーツナビ)
 巴戦といえばセッド・ジニアスが・・・(以下略)。新日が日・米・ソの対抗戦やったのを思い出してしまった。

●他のプロレス・格闘技ブログはこちらから。
posted by ジーニアス at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス&格闘技 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
記事検索