2006年05月25日

亀田三兄弟、地元大阪からも東京の移転先からも嫌われていた【追記アリ】

post20060602_001.jpg

 今週号の週刊現代は珍しく「DSEバッシング」は無し。そろそろ新ネタがないと厳しいか。その代わり(?)というわけではないでしょうが、ライバル誌の週刊ポストが先週から亀田三兄弟叩きを開始しております。先週号は暴力団との関係について。そして今週号(6月2日号)は、

「亀田三兄弟の裏切りと呆れたKO劇」を恩師が暴露!

 と題して更なる追及をしています。噛ませ犬タイ人とばかり試合してることや、ジム移籍のゴタゴタなどは当ブログでも書いてきましたが・・・。記事の一部を引用。

 駅前に延びるアーケード街には、
「闘拳 亀田興毅 地元天下茶屋から世界へはばたけ」と書かれた大きな横断幕が掲げられている。

(中略)

 ところが、商店街の反応は意外なものだった。
「あの横断幕な。いっぺん外してたのを、テレビの取材が来てるから頼むいうて、また付け直したんや。そのらをちょっと歩いたらすぐわかるけど、地元では誰もあんな親子、応援しとらんで。裏切り者やさかいや」(商店街店主)

 (;´∀`)・・・うわぁ・・・これをTBSのヤラセと言わずに何と言えと? まるで韓流ブームのように捏造のブームと考えて良さそうです。
「亀田の家は三兄弟に親父と、みんな礼儀がなってへんやろ。西成の人間がみんなあんな言葉遣いしとる思われたらかなわんわ。亀田家が東京に行ってくれて、この辺のもんはホッとしてんちゃうか」

 西成区といえば関西でも治安の悪さで有名な所。大正区が地元の前田日明も自伝でケンカ修業のために西成区に遠征してたと書いてたくらいですからね(苦笑)。治安の悪さの一翼を担っていた家族が消えてくれれば、そりゃ嬉しいでしょう。

 また、三男・和毅の不登校の件については、

学校側は何かあるとすぐ乗り込んでくる父親の史郎氏が怖くて何もいえないままだという。

 亀田史郎の辞書には「“義務”教育」という文字が無いのでしょうか。

 次男の大毅も「地元商店街の人に会っても挨拶しないどころか、メンチを切る」ような男で、制服着用を無視

 ┐(´∀`)┌ヤレヤレ。ただ、長男・興毅は「言葉遣いも丁寧で敬語も使えるし、頭も下げられる。でもデビューしてからはイメージ作りのためか人が変わった」とのことで。そのイメージ作りを要求してるのが親父なのかTBSなのかは知りませんけどね。

 で、後ろ足で砂をかけるように出ていかれたグリーンツダジムの戸塚社長のインタビュー。移籍の件については割愛し、彼らの真の実力についてのコメントを抜粋。

「長男の興毅はそこそこ強いですよ。(中略)興毅はアゴが弱いので、今みたいなノーガードの打ち合いはするべきじゃないんです。しかし、お父さんは“見せるボクシング”をさせるため直線的に攻める、危険な戦い方を選ぶ。方針が違いすぎました」

 親父の考え方はプロレス的というか。

大毅は論外。実力も根性も問題外。はっきりいってボクサーといえるかどうか。長男は一生懸命ですが、次男はタレント気取りです」

 '`,、'`,、('∀`) '`,、'`,、「NOSAWA論外」みたいに「亀田論外」に改名した方がいいかもしれませんね(笑)。

「父親が“一番強い”といっている三男はセンスはあるが、これからの育て方次第でしょう(中略)。三男こそ、ちゃんとした指導者が必要だと思いますね」

 いわゆる「心技体」の「心」が一家揃って欠けていることだけは間違いないようです。

 そして、興毅の世界挑戦がフライ級からライトフライ級に変更された件についてはボクシング誌記者がこんなコメントを。

「そもそも現フライ級王者を興毅は“大したことない”と挑発していただけに、階級を下げることで一部のファンは“浪速の逃犬”呼ばわりしています。

「浪速の逃犬」www。そして、記事はこう締められていた。

 春からの本拠となった東京・葛飾区の住宅街を訪れた。『世界制覇道場』と大きく書かれたジムはすぐに見つかった。
「あんたもクソガキのとこを見に来たの。今日で2人だよ。もの好きだねぇ」
 話しかけてきた近所の主婦にたずねた。何かあったんですか?
「喋りたくないね! 私にとってはクソガキなの! それだけだよぉ!」
 ご近所の評判は、ここでもすこぶる悪かった。

 この主婦がどんな不愉快な思いをしたのか知りたいですな。それにしても、どこに移転しても嫌われるとは、まるでゴミ処理場のような家族ですね(笑)。会場で黄色い声援を飛ばしている腐女子共は真実を知るべきだと思うのだが。

[参考記事]
亀田三兄弟の親父・史郎は何がやりたいんじゃ(#゚Д゚)ゴルァ!(2005年04月16日)
プロ格系のジムは儲かるのか(2005年04月24日)
亀田興毅がハッスル11に来場するかも(2005年06月21日)
亀田興毅、東洋太平洋王座奪取…試合はヤオ?ガチ?(2005年08月23日)
内藤大助が勝っていれば面白い展開になったのに・・・(2005年10月12日)
亀田興毅、アラン・ブレットに勝ちやがったか…(2005年11月28日)

【2006.5.24 AM8:00追記】
 この記事に素晴らしいコメントをいただいた方がいたので、そのまま紹介させていただきます。
いやぁ、マスコミに「黄色い声援を送ってる女性ファン達」って言われてますが、最初のファンイベントから全部「バイト」ですよ。婦女子は最初から「仕込み」。
だって、自分の彼女、「イベントに参加してキャーキャー言うだけで良い」と言う内容でバイトしてたし。

Posted by 婦女子の彼氏 at 2006年05月25日 03:05

 し、知らなかった・・・○| ̄|_。これって協栄ジムの差し金なのでしょうか? それともTBS? こんなヤラセを放送しているTBSは格闘技中継をやめるべき・・・いや、放送免許剥奪すべきだよ!

●本日の最新格闘技情報はコチラ/人気ブログランキング
posted by ジーニアス at 01:02| Comment(10) | TrackBack(1) | ボクシング | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いやぁ、マスコミに「黄色い声援を送ってる女性ファン達」って言われてますが、
最初のファンイベントから全部「バイト」ですよ。婦女子は最初から「仕込み」。
だって、自分の彼女、「イベントに参加してキャーキャー言うだけで良い」と言う内容でバイトしてたし。
Posted by 婦女子の彼氏 at 2006年05月25日 03:05
>婦女子の彼氏さん

 ま、マジですかぁぁぁ!? 貴重な情報ありがとうございます! バイト代は幾らだったんだろう・・・。
Posted by ジーニアス at 2006年05月25日 07:41
子供たちはいつ真実を知るときがくるのでしょうか?
やっぱり、ボクシングだけはガチのガッツさんに全部喋ってもらいましょう。ほかの元世界チャンピオンは口が重いようなので。

Posted by tn at 2006年05月25日 15:55
自分は近畿地方出身なんで西成の治安の悪さは目の当たりにした事はありますがそこからも嫌われる亀田一家て相当なもんですね…

「亀田論外」「浪速の逃犬」には思わず笑ってしまいました
Posted by ニシ at 2006年05月25日 22:46
HERO'Sも含め、TBSの陳腐な戦略じゃないでしょうか?
Posted by IDE at 2006年05月26日 00:49
>tnさん

子供たちでもヘビーなネットユーザーなら知ってる人は知ってるでしょうし、大人でも無邪気に応援している人はしていると思いますよ。ネットのお陰で情報格差がかなり進行していると思います。亀田しかり韓流ブームしかり。


>ニシさん

西成はホームレスも多いらしいですね。亀田一家で一番まともなのが興毅ってのも酷いもんです。


>IDEさん

今こそ筑紫哲也は「TBSは死んだ」と言うべきでしょう。もっとも筑紫哲也も死んでるようなものですが(笑)。
Posted by ジーニアス at 2006年05月26日 02:29
こういう雑誌のバッシング記事さえも、TBSまたはワケワカンナイ権力持ったヤツらの[差し金]だったりして....
( ̄〇 ̄;)
Posted by IDE at 2006年05月27日 00:55
>IDEさん

そりゃまた随分と深読みですなぁ。でも週刊現代のDSEバッシングはK-1寄りなことばかり書いてるので非常に怪しいとは思いますね。
Posted by ジーニアス at 2006年05月27日 01:59
あんだけのこと練習愚痴ばっかいうてるお前等にできんのか??
Posted by 亀田三兄弟はいい男や!! at 2007年01月03日 22:33
>亀田三兄弟はいい男や!!
練習やってないと文句言っちゃいけないっていうルールいつからできたの? 練習やってたら八百長やってもいいの? 練習やってても世界チャンピオンになれない人間なんてごまんといるよ。世界を目指してるんだから練習やってて当たり前なの。

亀田三兄弟はいい男や!!君は好きなプロ野球球団はあるかな? 君の論理だとスランプのバッターやピッチャーに文句言っちゃダメになるよね。だって野球の練習してないから(笑)。

もう少し世間の声に耳傾けた方がいいんじゃないの? 西成の人からも嫌われてるんだよ? ちゃんと文章読んでる?
Posted by ジーニアス at 2007年01月04日 00:58

この記事へのトラックバック

死ね亀田
Excerpt: 引退か?現役続行か?ボクシングWBCスーパーフライ級王者の徳山の今後の動向が気になっていたわけであるのだが、先日、所属ジムでの会見にて現役続行の意向を表明した。 しかし、ニュースを見てると徳山本人は..
Weblog: なみゴンのヒマ潰し日記
Tracked: 2006-05-27 23:58
記事検索