RIZIN2017_1229_31_01.jpg

2011年01月07日

ゲーリー・グッドリッジに『Dynamite!! 2009』のファイトマネーが支払われる&引退宣言

Dynamite!! 〜勇気のチカラ 2009〜 [DVD]
Dynamite!! 〜勇気のチカラ 2009〜 [DVD]

Gary Goodridge Finally Paid for 2009 New Year's Eve Fight(MMAFighting)

 『Dynamite!! 2009』のファイトマネー未払いを訴えていたゲーリー・グッドリッジですが最近ようやく支払われたとコメント。

・「金額は9000ドル少なかった。彼らは税金を差し引いたようだが、よくは分からない。明細も送られてきた。俺は(日本で)そんな税金を今まで払ったことはなかった。とはいえ彼らの会社は問題を抱えているので支払われたこと自体は満足している。こういう話は黙ってた方がいいか? そうはいかねぇが、サンキューベリーマッチだ。1年掛かったが9000ドル少なかった。俺は幸せだ。だが彼らは俺のことを騙しやがった」

・「俺の選手生活はもう終わった。今は仕事を探している。法律のことを調べて仕事を見つけてリラックスしようとしている。俺はもう44歳だ。引退だよ」

 これに対し、FEG USAのマイク・コーガンがメールでコメント。

「日本で税金の控除があった。アメリカの所得税と同じだ。選手契約でFEGが代わりに税金を払うという条件がなかった場合、ファイターは支払う義務がある。アメリカの団体で試合をした場合、国民でもなく、グリーンカードも持ってなく、社会保障番号も持ってない選手は自動的にファイトマネーから30%の税金が控除される。ゲーリーにも同じことが起きただけだ」


▼人気blogランキング

posted by ジーニアス at 06:35 | Comment(15) | TrackBack(0) | DREAM | ▼人気blogランキング
この記事へのコメント
都合が悪い時はいくら催促されてもダンマリだったのに、こういう時は即答ですな。
Posted by ケムオカ at 2011年01月07日 07:49
ゲーリーには楽しませてもらったよ。お疲れさま
Posted by 通りすがり at 2011年01月07日 08:15
支払が約1年も遅れればファイトマネーとは別に未払いで生じた遅延損害金を支払う義務があるのではないのですが?少なくとも日本のまともな会社では。
ゲーリー・グッドリッジは日本のMMAの黎明期から試合会場を盛り上げてくれた功労者の1人。仮に義務が無くても義理はあるはず。
Posted by 巻屋 at 2011年01月07日 11:49
”格闘技界”に貢献してきた功績を讃えます。
お疲れGG。ゴールデングローリーとややこしかったよw
Posted by ru at 2011年01月07日 12:07
税率30%で9000ドルってことはファイトマネーは3万ドル。
数ヶ月準備してたなら安いけど、いきなり呼ばれて90秒戦っただけと思えば
じゅうぶんか。ケガのリスクはおいといて。
Posted by ギャラード at 2011年01月07日 12:43
最後の最後にグッドリッジは日本を嫌いになっちゃったかな
残念
Posted by ert at 2011年01月07日 13:08
グッドリッジはKOっぷりも、やられっぷりも最高でした。
Posted by サタン at 2011年01月07日 13:28
日本の格闘技界を盛り上げてくれた功労者に対してファイトマネー1年未払いの時点でカスだが、1年後に何事も無かったかのように「はい」って渡されて終了とか腐ってるよ。
税金分の9000ドルは良いとしても1年間待たせた分&ありがとうの意を込めて3万ドル満額払っても足りないくらいだと思う
Posted by ☆ at 2011年01月07日 13:53
個人的にはドンフライとやった後に復帰してほしくなかった。
Posted by ディック高橋 at 2011年01月07日 14:47
普通なら遅延損害金が発生するレベルですよね…

何たるブラック企業orz
Posted by リュ- at 2011年01月07日 14:48
>法律のことを調べて仕事を見つけてリラックスしようとしている。

今回の事が法律について詳しくなりたいと思わせる動機だったりして
Posted by マルム at 2011年01月07日 15:30
ケムオカさんのいうように、払ってほしいといわれたら音信不通になるのに
言い訳は即答なんですね。(苦笑)

あとリューさんのいうように普通なら1年も遅れたのだから
税金も払った上で3万ドル以上払うべきなのに・・・。最低ですね。
Posted by RT at 2011年01月07日 16:20
日本で試合をした場合の外人選手の源泉額は20%の筈です。
アメリカで試合をする外人選手は30%ですが。
ですから9000$源泉されたということは、グッドリッジのファイトマネーは4万5000$の筈です。
このマイク・コーガンという人は、いろいろと間違ったことを公で堂々と言うんで有名な人物です。
アメリカでは、去年某ラジオ番組に出演して「今年中にベラトールは潰れる」と宣言してましたが、これも見事に外れましたから、あんまり信用しない方がいいと思います。

アメリカでは、かなりいい加減な人物、と多くの人が思っているのも事実です。
Posted by いろいろ at 2011年01月07日 20:58
支払いを渋ったのは100%主催者が悪いとして、選手が内情を漏らす事で主催者は多方面からの信用もなくし十分過ぎるほど責苦を負った。もうGGの件についてはこれでいいんじゃないの?

義理・人情で余分に金積めるほど余裕のある業界じゃないのはファンなら誰もが知るところだし、今さら「誠意(賠償金?)が足りん」と執拗に叩くことに何の意味があるとも思えない。
Posted by 凪 at 2011年01月07日 23:53
http://photozou.jp/photo/photo_only/1285958/63494224
青木のmixiの画像が出ていたんですが
グッドリッジだけじゃなく、青木もmixiでダイナマイトのギャラについて不満を言っていますね。
FEGが渋っているのでしょうか?
確かに1Rは試合らしい試合じゃなかったし、2Rはファーストコンタクト。
グッドリッジもムサシに何もできずにやられてたけど
FEGとしては払う価値がないと思っているのでしょうか?
Posted by 青木の発言 at 2011年01月08日 15:19
コメントを書く(承認制:反映に時間がかかかります)
お名前:(未入力、公序良俗に反するHNは反映されません。記事ごとにHNを変える人のコメントも削除します)

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:(公序良俗に反する内容、選手・関係者への罵詈雑言、自作自演行為は反映されません。内容次第ではIPアドレスを公開します)

この記事へのTrackBack URL(承認制)

banner_02.gif ←この記事が面白かった、役に立ったという場合はクリックを・・・
記事検索