2010年11月03日

スコット・コーカー「ベラトールが本気で対抗戦をやろうとしているのか甚だ疑問だ」

やる気のスイッチ!
やる気のスイッチ!

Exclusive Scott Coker Interview: Bellator's Behavior May Stop Co Promotion Dead(BloodyElbow)

 ベラトールFCが「対抗戦の話し合いをしようとスコット・コーカーの携帯電話にメールをし、留守電にメッセージも入れたのに返事がなかった」と主張した件についてスコット・コーカーが反論

・「ビヨン・レブニーのメールは私の昔の番号に送信されたのだろう。そもそもベラトールが本気で選手交流をしようとしているのなら、私に連絡する方法は知っているはずだ。彼らは本気で対抗戦を実現させたいのか、それとも自分の団体の宣伝をしたいだけなのか甚だ疑問だね。本気だとしたら彼らのやり方はとても支持できるものではない」

・「正直言って懸念がある。彼らのビジネススタイルと我々のビジネススタイルは全く異なるものだ。私は相手を攻撃するのは好きじゃないが、彼らはメディアを使ってそれを仕掛けてくる。我々は明らかにそのことを警戒しなければならない。このことは彼らと一緒に仕事ができるか否か決定する際に影響を及ぼすことになるだろう」


▼人気blogランキング
posted by ジーニアス at 10:34| Comment(3) | TrackBack(0) | ストライクフォース | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このやり取りもういいよってなってきましたね。
どっちが正しいのわかりませんが、なんかどっちもイメージ落としたくないの必死で。
Posted by クルシオ at 2010年11月03日 10:47
コーカーは切れ味が悪いな。
レブニーもアルバレスもメレンデスも乗り気なのにコーカーだけは積極的な発言をしない。
連絡の取り方どうこうなんてものをメディアに愚痴っても仕方無い。
乗らないなら乗らないで乗らないと言えばいい。
SFもかなり下火になってるし、こういう話には乗った方がいいとは思うけど、責任者からすれば簡単な話ではないだろう。
ただどちらにしてもグダグダ言わず態度をはっきりすべき。
Posted by 羅将 at 2010年11月03日 12:19
自分も羅将さんに完全に同意ですね
Posted by 太郎 at 2010年11月03日 21:55
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索