2010年09月30日

アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラがUFCの採点方法についてコメント

プロ野球Xファイル 疑惑の判定 (別冊宝島―カルチャー&スポーツ (1578))
プロ野球Xファイル 疑惑の判定 (別冊宝島―カルチャー&スポーツ (1578))

Rogerio Nogueira(TATAME)

 アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラがインタビューでコメント

――UFC 119のライアン・ベイダー戦についてどう思いますか?
「彼は序盤が特に良かったと思った。僕が改善しないといけない部分はたくさんあるね…試合ではウォームアップに時間が掛かってしまった。僕が打撃を入れたのは2ラウンドの中盤と3ラウンドの序盤だけだった。彼は良かった。優秀なコーチがいるしタフだ。だが試合のイニシアティブは僕の方が握ってたと思う。しかし2、3回のテイクダウンがそれをクールにしてしまった。僕が前に出た時に彼はテイクダウンしたけど、グラウンドでは何もしてこなかった。客観的に見て、最初は彼のパンチやエルボーがヒットしてた。だがそこから先は彼はホールドしているだけだった。結果についてどう思った? 僕は自分が勝ったと思った。彼は1ラウンドを取ったが、2、3ラウンドは僕が取ったと思った。ダメージが採点基準だったらそうなってたと思う」

――ベイダー戦やジェイソン・ブリルズ戦はルイス・カーニ戦に比べて何が足りなかったと思いますか?
「UFCはPRIDEとは違うということだ。UFCはテイクダウンを重視している。だがグラウンドで何もしないということはサブミッションやノックアウトを狙わないということだ。そして彼はテイクダウンを狙い続け、僕はスタンドでノックアウトを狙い続けた。僕はPRIDE時代の闘い方から改善をしないといけない。テイクダウンゲームを改善させないといけない。そしてスタンドをキープするか、テイクダウンされた場合に備えてグラウンドからサブミッションを極められるようにしないといけない」


▼人気blogランキング
posted by ジーニアス at 20:43| Comment(26) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
塩漬けで勝てる構図、レスリング社会ですね。
Posted by 纒絲勁 at 2010年09月30日 21:11
やっぱりUFCの採点方法は変えたほうがいいな、これでまた一本を狙う選手が減っていく・・・
Posted by tanahara at 2010年09月30日 21:17
テイクダウンされなければ良いこと…といいますけど競技ならまだしもいちようリアルショーなんだし(°ω°)
熱があるものがいいです
Posted by (°ω°) at 2010年09月30日 21:36
ベイダーからはホジェリオをKOしようという意思を感じませんでしたよね。まあまさにUFCはPRIDEとは違うってことなんでしょう。これはジャクソンvsエヴァンスでも思いましたけど。
Posted by MMA at 2010年09月30日 21:50
ufcが採点方針をきめてるのか?それともアスレチックコミッション?アスレチックコミッションとufcの関係よくわからん。ダナも結構採点にくびかしげてるしなー
Posted by さんかく at 2010年09月30日 22:19
>さんかくさん
僕もよく判らんのですけど、総合するとアスレチックコミッションが決めてるっぽいです。

~州はレスリング出身のジャッジが多いからテイクダウン重視とか、~州はボクシング出身が多いからアウトボクシング重視とか聞いた事ある気がします。
違ってたらごめんなさい(笑)
Posted by tom at 2010年09月30日 22:49
僕もホジェが勝ったと思いましたね。やっぱり最近のテイクダウン重視の傾向はしっくりこないです。
Posted by JET at 2010年09月30日 23:07
>~州はレスリング出身のジャッジが多いからテイクダウン重視とか・・・

なんかそうらしいけどそんなゆるい採点方法という事は点の買収等は簡単とみた
当日まで誰がジャッジか分んないとかなら別だけど
Posted by スラッカー at 2010年09月30日 23:48
ホジェ負け惜しみでベイダー勝ちは妥当じゃないか?
Posted by わかむ at 2010年10月01日 00:22
4点膝解禁でお願いします
あとは蹴り上げも…
下が不利過ぎますね
Posted by k at 2010年10月01日 00:23
UFCの採点基準が少しでも変わったら
ファイターの主流が大きく変わると思う。

このレスリングの主流を変えるにはいっそのこと基準を変えるべき!!
Posted by あああ at 2010年10月01日 00:27
結局、ダン・ハーディーが言った事に賛成の方は多そうですね。
一つの必勝パターンが確立した以上、ルール改正は必須でしょうね。
Posted by Halical at 2010年10月01日 01:10
自分もWOWOWで感染した際、
ホジェリオが2R、3R取って勝ったと思いました。

正直ベイダーは2Rと3Rはホジェリオより
あまり有効的な攻撃を出来てませんでしたからね。
1R以外のテイクダウン後も確かに有効な攻撃は何もしてませんし
最後もホジェリオに押されてバテてたのに30-27は無いと心底思いました。
Posted by KC at 2010年10月01日 01:39
ホジェの攻撃なんか入ってなかったのでベイダー勝ちはゆるぎないよ
Posted by ERRORメン at 2010年10月01日 07:03
グラウンドは言わずもがな、スタンドでも、確かにホジェリオが圧力をかけていましたが、ベイダーのパンチの方がノゲイラの顔面をよく捉えていました。30-27の採点には疑問を感じますが、ベイダー勝利で問題ないと思います。
Posted by d at 2010年10月01日 08:20
普通にベイダー勝ちで間違いないだろう。
3Rにベイダーがバテて後ろに下がる場面もあったが、ホジェリオが有効な打撃を入れた訳でもない。
その後テイクダウンを獲られたし。
強烈な打撃とテイクダウンなら打撃が優先されるべきは当たり前だが、ジャブ程度とテイクダウンならテイクダウンにポイントが付くのは当たり前だ。
そりゃ純粋に言えばダメージを与えるのはジャブだろうけど。

レスリングに関しては塩漬けでも何でもなく押さえ込むような競技なんだし、その技術で試合を有利に進めるのは当たり前の事だし、選手が自分で対策しないと話にならない。
多くの選手は上になっても、隙があればもちろん強い攻撃もするだろうけど、ホジェリオのようなガードの達人に不用意に攻めるのはただの馬鹿だ。
相手が下からコントロールしようとしてきたり、スイープを狙ったりしてきてるのに押さえ込むなというのは無理な話だ。

結果、膠着が増えるというのは問題だが、テイクダウンの優位性を誇張して話すのは違うだろう。
金網への押し付けも含め、相手のスタミナを削るのも戦略の内だし、組みながら自身の回復を待つのも戦略の内だ。
Posted by 羅将 at 2010年10月01日 08:22
ホジェ相手に積極的にグラウンドで勝負しにいったブリルズみたいな戦いぶりならともかく、今回みたいに徹底的にボクシングで勝負しようとした試合でPRIDE云々言われてもピンとこない。
Posted by やす at 2010年10月01日 10:23
>強烈な打撃とテイクダウンなら打撃が優先されるべきは当たり前だが、ジャブ程度とテイクダウンならテイクダウンにポイントが付くのは当たり前だ。

そうですかね?
テイクダウンして有利なポジションになれば、ジャブよりも有効な攻撃が出しやすくなるはずなのですから、別にテイクダウンそのものを単独で評価する必要はないと思うのですが。
もしテイクダウンしても抑えこみ以外に打つ手が無いのだとしたら、それは技術が劣っているという証拠であり、ますます評価出来ません。

個人的には、打撃や寝技の有効度が同じであれば、例えテイクダウン数が10対0でも、ドローにするべきだと思います。
まあ実際には、テイクダウンが多い方が手数の面でも優勢になることがほとんどですが。
でもそれは結果論であって、最初からテイクダウンを評価するのは違うと思います。
Posted by K at 2010年10月01日 13:32
>K
MMAは純打撃競技ではないからな。
組み技競技の一面もある。
組み技競技は投げがポイントになる。
柔道もそうレスリングもそう複合競技のSBもそうだ。
もちろん打撃競技の一面もあるから打撃もポイントになる。
それでいいんじゃないか。

完全ダメージ制というのははっきり言って難しい。
掠った打撃の方が効く場合もあるし、いくらクリンヒットしても効かない選手もいる。
選手の打撃力も耐久力も千差万別だ。
だから結局は試合で起こった事を評価していくしかない。
そうなるとやはりポジショニングも打撃も両方ポイントになると言うのが自然だ。
ポジションキープの膠着に関してはちゃんとブレイクというルールもある。
もちろん試合で起こった事象のみではなく、ダメージやスタミナなどもジャッジには反映されてると思うよ。

打撃だけで勝つ選手がいればテイクダウン能力で勝つ選手がいるのも仕方無い。
それを避けるには選手自身がテイクダウン耐性を上げて試合に望むしかない。
10回テイクダウンされて、それを跳ね返すだけの攻撃も出来てないのにダメージが同じだからドローだなんて無茶苦茶だ。

そりゃKOや一本で極まるのが一番いいけど、MMAというのはそういうもんだろ。
テイクダウンに対応出来ない時点でその選手が未熟だとしか言いようがない。
Posted by 羅将 at 2010年10月01日 17:16
テイクダウンはポイントにならないっていわれても 実際ダブルレッグとか極められて マットにたたきつけられると結構ダメージになるんだよね。 しかも何本も極められたらそれだけでもつらいよ。 それに上に乗られて体重かけられるだけでも下の者は体力使いますよ。
Posted by hs at 2010年10月01日 17:34
塩漬けの何が悪いんでしょうか。
つまらないっていうのはわかりますけど、
ずっと固めて相手に相手の良いところを出させないだけでだけで凄いと思うんですけど。
ホジェリオ対ベイダーではそこまでではなかったですけど。
Posted by あの、 at 2010年10月01日 18:31
>塩漬けの何が悪いんでしょうか。
アマチュアなら別にいいが、金貰って試合するプロとしてそれはどうなのって感じ
Posted by その、 at 2010年10月01日 19:20
塩漬けを楽しむって見方は無しなんでしょうか
Posted by この、 at 2010年10月01日 19:55
まあ楽しみ方は確かに人それぞれですよね。

塩漬けがつまらないという人も楽しめる人もいていいと思います。

個人的には踏みつけやサッカーボールキックとか四点の膝は残虐性が高いのであんまりメジャーでやるもんでもないと思います。

あの、その、この、どのが揃うまでやってしまいました。

長々とすいません。
これで失礼します。

Posted by どの、(あの、このです) at 2010年10月01日 19:58
根本的な考え方が違うんでしょうけど
むしろ10回もテイクダウン取って超有利なポジションに
い続けたくせに手数や仕掛けで優位を示せない選手なんて
やる気なしで負けにしてもいいくらいだと思いますが(笑)
個人的には判定狙いでお客を楽しませる気ないような
戦い方する選手は、いくら連勝しようと干してほしい。
いっそ、一回PPVも売れないテイクダウン王者ばかりに
なってくれないかな。
そこまで行けば誰でも思いしるでしょ。
MMAは「プロ」スポーツだって事を。
あ、ちなみにベイダー個人を云々言ってるわけじゃないですよ。
Posted by きっち at 2010年10月02日 00:31
USAで興行が行なわれてる以上レスリング傾倒はやむを得ない。
結果的に塩っぽく(笑)
WBCみたいにRound終える度採点発表とか…
まぁWBCの発表は4Round後だけど
Posted by ケアー at 2010年10月02日 10:29
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索