2010年05月22日

ストライクフォースがアリスター・オーフレイムの薬物検査はシロと発表

毒と薬の世界史-ソクラテス、錬金術、ドーピング (中公新書)
毒と薬の世界史-ソクラテス、錬金術、ドーピング (中公新書)

Overeem, 5 Others Pass Strikeforce Independent Drug Testing(Sherdog)

 スコット・コーカーが5月15日のStrikeforce St. Louis: Heavy Artilleryの試合前に独自に行った薬物検査の結果を公表。メインカードに出場した10人の内、アリスター・オーフレイム、アントニオ・シウバ、ジョーイ・ヴィラセニョール、ホナウド・ジャカレイ、ハファエル・フェイジャオン、アントウェイン・ブリットの陰性が確認されたとのこと。ブレット・ロジャース、アンドレイ・アルロフスキー、ホジャー・グレイシー、ケビン・ランデルマンの結果はまだ判明してないそうです。

 これはミズーリ州アスレチックコミッションの薬物検査がランダムに選ばれた選手のみに実施されることを知ったコーカーが「僅かな疑いがあってもいけない。批評家たちに『アリスターはテストを受けなかった、フェイジャオンはテストを受けなかった』と言われることはあってはならない」ということで行ったもの。なお、ミズーリ州アスレチックコミッションの結果は処分対象の選手が出てこない限り、つまり陽性反応の出た選手が出てこない限り公表されることはないそうです。

▼人気blogランキング
posted by ジーニアス at 08:39| Comment(1) | TrackBack(0) | ストライクフォース | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あまりにも論争がウザイのでコメントを全て削除しました。
以降の書き込みもできない設定にしたのであしからず。

クロを主張する人たちはクロと判明するまで言い続けるだろうし、アリスターが引退するまでシロだとしても言い続けるんでしょう、どうせ。私だって怪しいとは思ってますし、アリスターをかばうつもりはさらさらありませんが、不毛な論争はヨソでやって下さい。迷惑ですから。
Posted by ジーニアス at 2010年05月22日 17:15

この記事へのトラックバック
記事検索