2010年04月19日

石井館長、谷川氏との不仲説や暴力団との関係を語る/角田信朗、バンナ骨折事件を語る etc.

空手超バカ一代 (Bunshun Paperbacks)

 国内外のプロ格情報を19本紹介

朝青龍からヤクザとの関係まで 独占告白! 石井館長、K-1を憂う(日刊サイゾー)

 これ全文読むには「プレミアサイゾー」に入会しないといけないみたいですが、無料で読める部分だけでもかなり興味深いことが書かれています。夕刊フジの連載もそうですけど、最近の館長は飛ばしてますねぇ。


判定と判例(角田信朗オフィシャルブログ)

 2002年のアーネスト・ホースト戦で左腕を粉砕骨折したジェロム・レ・バンナについて書かれています。魔裟斗の判定に次いで角田さんを批判する材料に使われがちな出来事ですが…。


UFC114全カード発表(UFC日本語公式サイト)

 見どころを紹介しています。


Energy(五味隆典オフィシャルブログ)

ダチ(五味隆典オフィシャルブログ)

終了(五味隆典オフィシャルブログ)

 福井での五味。


オフィシャルグッズ発表!(ASTRA)

-63kg: 最も危険な闘い――狂拳vs裕樹 PV!!(K-1)

前田代表、10.11OUTSIDERで5対5対抗戦を計画 上原氏がZST新代表に(スポーツナビ)

前田代表が10.11対抗戦へ期待 山田、渋谷はドロー=ZST(スポーツナビ)

立嶋篤史、劇的逆転TKOでレジェンド対決制す!=新日本キック(スポーツナビ)

武田幸三、引退マッチへ気持ち新た「次は自分の番ですね」=新日本キック(スポーツナビ)

イ・ビョンホン感激!「大好きなK-1の魔裟斗さんも…」(スポニチ)

安田美沙子&魔裟斗が「よい歯と食育大賞」受賞(MSN産経ニュース)

ボクシング亀田三兄弟 受け入れ"内定"報道の渡嘉敷会長を直撃!(日刊サイゾー)

井岡、4戦目は判定勝ち=完勝も、初のダウン喫す-プロボクシング(時事通信)

元DA PUMPのYUKINARIが離婚…女子プロレスでも活躍のタレント西田夏と(スポーツ報知)

ブルース・リーが生前企画していた『サイレント・フルート』が映画化決定(シネマトゥデイ)

三愛水着イメージガールの菜々緒が家庭教師に!? - 1stDVD『FOUR O' CLOCK』(マイコミジャーナル)

▼人気blogランキング
posted by ジーニアス at 03:22| Comment(11) | TrackBack(0) | K-1 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
バンナの左腕は腫れてたとかそんな次元じゃなくて
“明らかに左肘の先端が潰れて骨が外部に飛び出ている状態”
だったのがテレビ越しにもはっきり確認できるし、バンナの煽りVでも頻繁に確認できる

そんな状態だったら止めるのが当たり前だろ!骨が外に出てんだぞw
これで止めなきゃ何のためのレフェリーだよ
この試合は武田vsクラウス戦を遥かに上回る酷いレフェリングだった

そりゃバンナが角田を責めないのは当然だろう。選手はネバー・ギブアップ精神で戦ってるんだから。
ギブアップしない心の強い選手は骨が折れても脳にダメージがあっても戦い続けようとしてまう。
大晦日の廣田もそう。
だからこそレフェリーが冷静に判断してストップしなきゃいけないのに、実況席にいた館長ですらバンナの左腕が折れてると分かるくらいなのに、一番近くにいたくせに止めようとしなかった角田は格闘技界のためにも死んだ方がいいね

こういう奴に限って指導者としては弟子に「骨が折れようとも諦めずに戦え」とか言うんだろうなw
こんな殺人レフェリングする奴が裁く試合は絶対やりたくねーわ
Posted by 角田は救いようがない at 2010年04月19日 09:48
角田さんの意見は、本当もっともな意見だと思いました。
Posted by こんにちは at 2010年04月19日 10:17
角田さん、「判例を肝にめいじ…」ているように見えないから批判されてるんだと思うのは僕だけでしょうか?
Posted by LumbagoMAN at 2010年04月19日 10:19
K1が135カ国に中継されていて、どうして債務超過になるのか?
放映権料だけでも莫大なもんになるんじゃないか?
やっぱり、谷川さんや現経営陣が無能なんじゃないかと思える。

石井館長の力をもってしても現経営陣の刷新が出来ないのか?
石井館長の思惑は海外企業にK-1を売却させ、経営陣を一新させようともくろんでるのか?
それとも、自分の保有する株の売却益を狙ってるのか?

誰か詳しい情報をもってる人がいないかい?
Posted by やーさん at 2010年04月19日 10:40
角田さんは相変わらず言い訳ばかりで腐ってますね。
Posted by s at 2010年04月19日 12:35
>やーさん
一概に135国と言っても、例えばユーロスポーツなどは多くの国を一手にカバーする訳だ。135国がそれぞれ制作してる訳じゃない。もう一つは、ライブ中継とディレイ放送じゃ全然違うという事。放送されてる大多数の国が遅れたディレイ放送であって、人気の低い国では恐らく"タダ同然で放送してもらっている"立場。高い放映権料を得ているのは、ライブでやってる韓国やhdnetや他一部くらいなもの。莫大な放映権料があるならこんな財政難になるはずがなかろう。今のk1選手のギャラはmma選手より格段に安いんだから。
Posted by まさ at 2010年04月19日 13:27
角田は自分を正当化しすぎ、腐ってる
Posted by まさ at 2010年04月19日 13:35
角田ブログの引用
「要はバンナの一件が判例になったわけです
因みにその前にもその後にも試合中にあんなふうに
腕が折れるケースって起こってないんです」

改行はなくしたw
それにしてもこの馬鹿はなんでこんな無駄に改行してるんだ?
てか後にも起きてないとか書いてるけど2004年の韓国大会のボンヤスキーvsアジス・カトゥー戦でボンヤスキーのミドルでカトゥーの腕が折れてたよ、ちゃんとドクターチェックしてたみたいだけどそのときのレフェリーは角田だったと思う

それに前例がないからとか馬鹿だろ
その場で臨機応変に対応する能力がオマエにあるのは試合中にルールを変えてるところで証明しただろうがw、それが自分の都合の悪い時には、事なかれ主義の無能な考えをする
コイツはいつも自分は悪く見せないように必死だよなw
Posted by ジュロム at 2010年04月19日 13:41
まささんの回答常識的なもんですね。
私が期待してたのは内部情報的なものです。

まず第1に135ヶ国で本当に放送されているのか?
放映権料がどこに入ってるのか?

石井館長
「03年にFEGという興行運営会社が生まれ、K-1の業務運営を委託し、
ライツコムが興行売り上げのロイヤルティを頂いています」

FEGは債務超過
別会社のライツコムは当然プラスでしょう!
放映権料はどこに入るのか?
ひょっとするとまた、別会社があってそこに入るのか?

まあ、言えることはFEGの債務超過が続くようであれば、
そのうち切り捨てられるということ。
海外企業になろうとも、K1がおもしろくなってゆくようであれば異議はないんですが。




Posted by やーさん at 2010年04月19日 14:18
>その場で臨機応変に対応する能力がオマエにある・・・

そうだよねw
何で墓穴掘るようなことをw

あと石井館長の御言葉はガチもあるけどかなりプロレスだよね
正確に言うとプロレスをリアルに見せるためにガチな部分を混ぜたというか

Posted by スラッカー at 2010年04月19日 15:57
あくまで憶測ですが、石井館長は嘘を付いている気がします。
「K-1が今でも地上波ゴールデンで放映できるのは、
"そういう団体"にチケットが流れたりしなかったことが理由だと思っています。」

と書いてますが、
K-1の会場の駐車場にいつも停まっているヤ○ザの高級外車の列や、
会場のSRS席付近や一部に大量に固まっているそういう人達はなんなのでしょうか…。
PRIDE同様どう考えてもたまたまではないですね。

もっとも武蔵が全身刺青のヤクザと酒の席にいる写真がネットに流れている時点で
そういう事だと私は常々思っていますが…。
Posted by A at 2010年04月20日 00:05
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索