2010年04月19日

青木 vs. メレンデス、日本人関係者の感想まとめ etc.

逆境に打ち克つ人間学-いま日本人に何が求められているか
逆境に打ち克つ人間学-いま日本人に何が求められているか

 青木真也 vs. ギルバート・メレンデス、日本人関係者の感想を18本紹介

青木真也、ストライクフォースタイトルマッチでギルバート・メレンデスに完敗……(DREAM)
■青木のコメント

「完敗です。この試合の実現に尽力してくださったスコット・コーカーさん(CEO)、DREAMのスタッフに感謝の気持ちを述べたいと思います。今日、試合をして、防衛したギルバート・メレンデスにおめでとう、『コングラチュレーション』と言ってあげたいなと思います。日本のMMAは『負けた』と思われるかもしれないけど、まだまだ僕の気持ちは折れてないし、これからもう一回、挑戦できるように……日本に帰って精一杯の努力をしていきたいと思います。本当に今日はありがとうございました。

ケージだからとかリングだからとかいうことは特に関係なくて、メレンデス選手がとにかく強かった、と。初めてのケージはとても心地よい空間で、思いっきり楽しむことができました。とにかく、このケージに上がれたことに感謝したいです。

(DREAMでのリマッチは?)今、僕に『もう一回やらせてほしい』なんて言う権利はなくて、メレンデス選手に『もう一回、青木とやってもいい』と思ってもらえるくらいに、頑張って青木真也の価値を上げることが一番だと思ってます。今の状態で、もう一回やりたいなんて口が裂けても言えないです。

(グラウンドにいけなかったのは)タックルをうまく切られてしまって。相手のゲームだったと思います。

(日本のMMAを代表して闘うと言っていたが?)試合の結果がすべてだと思います」

 うーむ、さすがに負けたばかりでは「もう一丁」とは言えないか。


shinya aoki(Twitter)
応援ありがとうございました。弱いから負けた。それだけです。でも胸を張って日本に帰りたいと思う。

とにかくすべての人に感謝の気持ちしかない。 ありがとう。


公武堂の社長(Twitter)
応援してくださった皆さん、ありがとうございました! すみませんとは言いません まだ期待し続けてもらうつもりなので… ちょっと休んでも、まだまだやりますよ 青木は!

試合の結果が全て http://bit.ly/cReLBr

乱闘やって、ファイトマネーの小切手を控室に忘れていった、メイヘム(涙)! http://bit.ly/cGjP6m

ホテルの部屋に「チーム青木」集合! いろいろ話す… 前向きに 前向きに まだまだ格闘技続けてください 自分の1番好きなことだから!

皆さん、本当にありがとうございました… 本来ならば、応援してくださった、ひとりひとりの方々にお礼申し上げなければいけないところ、つぶやきにて失礼します 現地時間18日9時30分頃の飛行機でナッシュビルを発ちます シカゴ経由で成田空港に15時30分頃に到着します

今晩の公武堂TVをお楽しみに! 視聴者の皆さんにお土産もありますよ!

ナッシュビル空港でシカゴに向けての飛行機の出発を待っているところ… 北岡さんは搭乗前はちょっとナーバス…(笑) 飛行機嫌いだから… http://bit.ly/cXPE8C

飛行機を待つ間に、アメリカ人の女の子2人に記念写真を頼まれる、青木… 昨日、テレビで見たわよ!と言われていました アメリカのステキな思い出… ありがとう! http://bit.ly/aJQ1lI

シカゴまでは、ちっちゃい飛行機… 大丈夫か…落ちんじゃねえだろうな…と、つぶやく北岡さん http://bit.ly/akkD2K

今、シカゴ空港です 成田行きの飛行機に乗り換え待ちです 北岡さんが言いました「おにぎり食べたい」 共感… http://bit.ly/bdkoie


kamipro(Twitter)
ガンツです。青木の何千何万分の1だろうけど、悔しさを共有したい。敗戦から立ち上がろうぜ、日本人! この敗戦を誌面で徹底的に受け止めるのも、我々の役目だと思います。


ジャン斉藤(Twitter)
完敗すぎて全然くやしくない。青木ご苦労様です。十分ワクワクしたしドキドキした。こんな試合は超久しぶりだった。再び這い上がってまた期待を一身に集めてほしい。押忍!

しかし青木の胸中を考えると……いま自分が青木真也になったことを考えるとぞっとする。この絶望たるや……

ここぞとばかりに罵詈雑言を浴びせるヤツ見て、強くあらねばと思いました。RT @aohoshi 叩かれるだろうし笑われるだろう。ランキングも一気に下がるかもしれない。でも何だってんだ。これほどまでに想いを乗せて試合を観たのは久しぶり。リヴェンジだ。


橋本宗洋(Twitter)
青木、ケージを降りて引き上げていきました。泣いてました…。

この内容はまったく想像できてなかったなぁ。負けるにしても、もっと何かあると思ったんだけど。闘ってるの青木に見えなかったっていうか。今はいろんなことが頭の中をめぐりすぎてる感じです…。

いま会見が終わってホテルに戻りました。青木は「結果がすべてです」と言ってました。


ササハラケイイチ(Twitter)
完敗でした。が、青木真也共々胸を張って日本に戻ります。勝って欲しいと心から願い、熱く胸を高ぶらせる、格闘技の最も純然たる醍醐味は間違いなく魅せられたと思います。思えば、日本の総合格闘技のエポックは常に敗北でした。しかし常にそこから立ち上がってきたことも事実です。

青木真也にご声援いただいたファンの方々に心より感謝するとともに、再び胸高鳴る闘いをお魅せすることを約束します。


daisuke sato(Twitter)
格闘技としての総括はゆっくりと しかし今回かなりワクワクしなかった? 僕は本当にワクワクした ネット生中継にいたる流れにも熱には新しさを感じたし 初ニコニコも3万人の人が見てくれたわけで まだ新しいことあったんだよ 結果はともかく 青木も前に進む 俺たちも前に進む

青木真也に関しては むしろいい展開じゃない!!27歳にして尋常じゃないプレッシャー背負って戦ったわけで 桜庭和志が世に出たのは30歳 まだ彼には時間がある

強い かっこいい 仲間思い 嫁さんおめでた ギルバート”エルニーニョ”メレンデスは今年DREAMに来そうですね PRIDE時代とは比べ物にならないくらい強いなメレンデスVSアルバレス 観たい

 以上、現地組関係者のツイートでした。


青木の闘い(北岡悟BLOG)
青木の試合。

試合前後様々なことを考えさせられた試合でした。

本当に大一番でした。

俺もかつてないテンションで頑張ってセコンドやりました、今の自分が出来る限りのセコンドワークはやれたと思っています。

青木は青木にしか出来ない闘いを精一杯やりました。

青木自身この結果を受け止めた上で、気持ちは前向きです。

俺も気持ちは前向きです。

我々はまだまだ頑張ります!

 その他もいろいろ書いてますが、この部分だけ行間空けてました。


ケージーホース(桜井“マッハ”速人オフィシャルブログ)
ゲガール判定負け

青木判定負け

負けドラマ を

MAKEドラマに変えましょう

シーザーグレーシー強し。

その後の乱闘にはビックリ

 なるほど(笑)。


ストライクフォース4/17大会(1)(シュウの寝言)

ストライクフォース4/17大会(2)(シュウの寝言)

ストライクフォース4/17大会(3)(シュウの寝言)

ストライクフォース4/17大会(4)(シュウの寝言)

 実は今回一番「なるほどな」と思ったのはシュウ・ヒラタ氏の感想。これは本当にタメになりました。是非皆さんもご覧になって下さい。長いのと全文読んで欲しいのでリンクのみ。


こんにちワッフル(高瀬大樹オフィシャルブログ)

世界の壁は厚い(高瀬大樹オフィシャルブログ)

 「青木はフィジカルの強いヤツと練習できてなかったんじゃないのかな」との見解。


やっとこさ(金原正徳オフィシャルブログ)

 ジャクソンズMMAで武者修行開始した金原も青木の労をねぎらう。


チャンピオン2(長南亮オフィシャルブログ)

 長南はキング・モーとメイヘムについて語っています。

▼人気blogランキング
posted by ジーニアス at 02:54| Comment(22) | TrackBack(0) | ストライクフォース | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

青木vsメレンデス…なんか青木を非難できないような空気っすねあせあせ(飛び散る汗)
自分もじりじりした緊張感を持ちながら最後まで観ましたが…やっぱりショッパイものはショッパイ!!
日本のMMAを背負った闘いがあれなの?
ことごとくタックル切られました…つぶされました…って(苦笑)
私は青木の狂気がみたかった。以上。
Posted by パンチパンチパンチ at 2010年04月19日 03:35
我らがワオキの完敗には納得している。

ただ、ムサシVSモー戦には考えさせられる部分があった。私的な見解ですがプロ格闘技というものは基本的に積極性とダメージにより重点がおかれるものだと思う。
この試合、より積極的に攻め、相手にダメージを与えていたのは、むしろムサシの方で、モーは何度もテイクダウンを成功させていたものの、その後のパウンドはほとんどディフェンスされており、下からのムサシの打撃の方がより印象に残った。ナンセンスかもしれないが、これがもし日本ならブレイクされてもおかしくないくらいモーは攻め手を欠いていたように思う。ディフェンステイクダウンとでも言えるだろうか。ボクシングで言えば何度もクリンチをしているように見えた。
ムサシよりに見るなら勝負に勝って試合に負けたような一戦ではなかっただろうか。
スポーツのルールというものが日々改定改良されるものだとしたら、今回の試合、配点方法について再考の余地があるのではないだろうか。考えさせられた一戦。
Posted by オレンジティー空っぽ at 2010年04月19日 04:51
kamiproは五味敗戦との差が激しいですな
笹原や佐藤は身内だからまだ分かるけど、kamipro関係者もまるで身内ですな
青木は身内に囲まれるより、もっと海外なんかで勝負して鍛えた方がいい
今回はその弱さが出たと思う

青木が負けたら日本MMA終了と勝手に過剰に煽っといて、負けたら悔しいけどまた這い上がればいいと言うような温いコメントを出す関係者には恥を知れと言いたい
過剰な煽りが青木のプレッシャーを増大させたのは間違いないんだから

あと五味を冷やかすのももう止めてもらいたい
Posted by 門松 at 2010年04月19日 08:31
ふむふむ、ヒラタ氏の記事は勉強になりますね
しかし個人的には、青木のあのムーブは単純にカッコ悪いので嫌いです
Posted by kawaoka at 2010年04月19日 09:41
ヒラタ氏の話はどの辺がタメになるのか良くわかりませんでした。まあ僕は格闘家でもなんでもないので試合の解説を聞いても役立てることはできないですが・・・。

猪木アリでブレイクが早いと言う意見も納得できませんでした。メレンデスは走って距離をとっているんだから、レフェリーはブレイクして当然じゃないかと(一回距離が近いのにブレイクして、ちょうどそのタイミングでメレンデスのパウンドがヒットしてしまったことはあったけど)。結局下からじゃ決められなかったし、猪木アリをレフェリーに認めてもらうよりちゃんとレスリングの練習をした方がいいと思いました。
Posted by じゃすてぃす at 2010年04月19日 10:53
今回ばかりは流石に擁護出来ない酷い内容だったと思います。
余力を残したまま負けるのが1番カッコ悪い。
負けるならやれることを全部やって負けて欲しかった。。。

4ラウンドあたりから、もう判定勝ちは無いし、タックルも悉く切られるしで、だけどKO負けはしたくないから打撃は出したくない、えーいもうとりあえずタックルしておくか、って感じで、ほとんど勝負を投げてるように見えました。

あの内容で実力を出し切ったとは言えないし、
だからこそ非難されても仕方ないと思います。
Posted by Noah at 2010年04月19日 11:20
青木には一人で背負ってくれて、ありがとうしかない。


テイクダウンをあれだけ仕掛けて、全て出したでしょ。結果失敗したけれど。


今青木を責めるのは流石に違う。これから待ち受けるありとあらゆるバッシングから守ってあげたい。
Posted by コーナ at 2010年04月19日 11:42
青木がサクッと勝つと予想していましたが
タックル対策が万全だったメレンデスを讃えるしかありません。
そこさえ抑えておけば負けることはないと考えたのでしょう。
逆に青木陣営はいつものように捕れると見ていたのでしょうか
残念ながらダメだった場合を想定してなかったように見えました。
ヒョードルvs小川くらいから感じ始めたのですが
世界との壁を実感するたびに廻りの環境・スタッフの重要性が浮き彫りになったと思います。
シュウさんの言っていた青木のムーブですが
あれを認めたところで立った相手がサークリングで逃げるのを注意するのも変な話になるし、
有効な攻撃と認めるのは現実的に難しいかなと。

Posted by The END at 2010年04月19日 11:42
青木は事あるごとにグラップラーと呼ばれるのを嫌い、自分はMMAファイターであると主張してきましたが、昨日の試合では典型的な「寝技を封じられたグラップラー」にしか見えなかったのが残念です。
青木の言う「MMA」ならではの、見たこともない奇手が飛び出すのを最後まで信じ続けていましたが・・・

kamiproが勝手に張ってた「青木が負けたら日本MMA終了」キャンペーンは全然ピンときてなかったので、「日本の敗戦を受け止めろ」と言われても・・・
むしろ川尻への期待感が上がったり対抗戦ムードが否応なく出てきたりで、日本格闘界にはマイナスばかりじゃないんじゃないでしょうか?
Posted by nabe at 2010年04月19日 12:27
紙プロが五味と扱いが違うってよく見るけど
気楽な挑戦とか、言い訳ばかり言う人と
日本を代表して戦うと言っていて、負けたけど素直に負けを認め言い訳しない人とは
やっぱり扱いが変わってくると思います。
Posted by 吉太郎 at 2010年04月19日 12:29
確かにカミプロは最近露骨過ぎてイライラする
平等に報道出来ないならやめちまえ
Posted by ソテルゴチエフ at 2010年04月19日 12:32
吉太郎さんに同意
Posted by か at 2010年04月19日 12:38
「気楽な挑戦」の一言で五味を叩き続けてる人ってなんなの?
そりゃあ応援する側のテンションが下がったのかもしらんけど、どういう気持ちで挑戦するかなんて人それぞれ。
五味は自分が全盛期を過ぎつつあることも自覚してるだろうし、だからこそダメで元々、の気持ちで「気楽な挑戦のつもりで」挑戦したんでしょ。全然悪いことじゃない。無駄に気負っていい結果が出るわけでもない。今回の青木のように。BJペンやダナの名前出しながらUFC行かないやつよりずっといい。

マッハ戦もしかり、他人を馬鹿にするから青木は叩かれる。北岡も。
Posted by s at 2010年04月19日 12:41
シュウさんの話で面白かったのは実際裁くレフェリーと選手が直前に簡単なルール確認とレフェリングの個性「おれはこういうときはすぐブレイクするぞ」みたいなものを今回確認しあったのか?みたい所です。試合がかみ合う面白いものになるのには大事なことでしょうね。どんなメジャースポーツだって人が裁く以上双方の選手審判観客ができるかぎり納得する状態にもっていって欲しいです。
Posted by TS at 2010年04月19日 12:44
青木はさんざん五味をディスっておいて、日本格闘技界を背負うとか大口を叩いておきながら、試合は五味以上に無策で完敗だったのがいただけない。

青木と五味の違いって試合前のコメントくらい。まあ青木の発言の方がプロフェッショナルではあったけど、何も考えずに出て行って途中で諦めたような試合ぶりからは「日本を代表する」というのが口だけにしか感じなかった。
Posted by じゃすてぃす at 2010年04月19日 13:29
五味と青木は負けたけど両方とも頑張った
紙プロの奴らはキモイ

これでいいじゃん
Posted by ジュロム at 2010年04月19日 13:43
青木そんな五味のことディスってないだろ、僕は気楽な挑戦では終わらせないってニュアンスを繰り返しただけだろ。

2ちゃんねるの奴等がそれを増幅させてるだけに見える。

五味はその発言だけじゃなく、4年に一度しかやる気出ないとか、青木より前じゃないとインタビュー受けない陣営だったり、裏工作が有名だったからでしょ
Posted by あ at 2010年04月19日 14:14
自分も吉太郎さんとほぼ同じ意見かな。
もっと言えば格闘技はノスタルジーに浸るためのものではないし、戦績が振るわなければ扱いもそれなりのものになってしまうのは仕方ないと思います。
五味はどれだけ不甲斐ない試合を連発しようと、ファンはその度に擁護してくれますし、
誰からも期待されずにくすぶり続けている古参選手を思えば、五味はまだまだ恵まれてる方です。
逆に青木の場合はいくら御用記者が持ち上げようが、それをよしとしない方々が毎日どこかで必ず批判の声を上げている状況ですから。
誌面で五味と青木の扱いが平等ではないという意見も散見されますけど、それを補って余りあるくらい、十分なほどに五味はファンから愛されていますよ。
なのでその辺りは差し引いて見るべきじゃないかと思います。
Posted by ほねっこ at 2010年04月19日 15:47
五味は勝ってもKO出来なくて御免と謝るぐらい意識の高い選手
青木は性格が曲がってて観客を童貞だ素人だと挑発するような所があるから、ある程度嫌われるのも仕方無い
二人共変人だからいろいろと言われる事はあるだろう
青木はビッグマウスで増長してたんだから、惨敗したら批判されるのは当たり前

格闘技に関しては二人共頑張ってる
北米に打って出るより日本で戦ってた方がずっと楽だからな
五味は日本で結果出てなかったし、青木は提携の政治力に飲まれた感はあるが

五味はUFCという高い壁に挑み続けなければならないし、青木は世界レベルじゃない事が露呈し天狗の鼻を折られた後どうなるのか

川尻メレンデスが見たいな
青木川尻もそろそろ実現させといてもいいけど

kamiproは紙のプロレスの頃は独自色が面白かったのに、今は全然駄目になったな
Posted by 門松 at 2010年04月19日 16:19
じゃすてぃすの言ってるディスってって恥ずかしすぎるからやめたほうがいいよ こっちが顔赤くなるわ 薬で捕まるなよ
Posted by 恥ずかしい at 2010年04月19日 17:01
性格が曲がってるのは君なような気がする
Posted by 上松 at 2010年04月19日 17:04
青木はカルバン戦やアルバレス戦で出した様々なバリエーションのテイクダウンを出せなっかたのが大きいですよね・・。

あとなんだかんだスパッツは大きいと思います。

とりあえず、青木真也ありがとう。おつかれさまといいたいです。
Posted by ジェラルド at 2010年04月19日 17:38
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索