2010年04月12日

アンデウソン・シウバ、試合中にポルトガル語でデミアン・マイアを罵倒していた etc.

ロゼッタストーン ポルトガル語(ブラジル) レベル1、2&3セット(オーディオ・コンパニオン付属)
ロゼッタストーン ポルトガル語(ブラジル) レベル1、2&3セット(オーディオ・コンパニオン付属)

 主に海外情報を10本紹介

Anderson facing backlash from Brazilian fans for Maia slurs(FightersOnly)

 物議を醸しているアンデウソン・シウバ vs. デミアン・マイア。ヒクソンのモノマネをするなどアンデウソンの試合中の挑発行為が問題視されていますが、ブラジルのMMA掲示板によると2ラウンド終了時にポルトガル語で「おい、俺の顔を殴ってみろ、プレイボーイ」と言っていたとのこと。ちなみに「プレイボーイ」はブラジルでは相手を侮辱する表現で「世間知らずな快楽主義のお坊ちゃま」という意味合いがあるそうです。他にも「お前の柔術はどこに行った?」と言ったり、猪木-アリ状態になった時に「ケツを起こしてもっと俺のパンチを喰らえ」とも言ったそうです。


UFC Quick Quote: Demian Maia 'sorry' for slow start and 'okay' with Silva antics(MMAmania)

 デミアン・マイアの試合後のコメント。

・「ウォームアップまで時間が掛かってしまった。中盤からようやくエンジンが掛かったが、最初の2ラウンドは良くなかった。終盤2ラウンドは積極的に仕掛けていったんだけど、彼は足を使って逃げるだけだった。だけどそれが彼のやり方だし、そうなるだろうと予想もしていた」

・「彼はとても失礼な態度を取ってきたが問題ない。それが彼の流儀なんだろう。試合後に謝ってきたけど、だったら最初からやるなよと思う。試合中に罵倒してきたけど、それもありだろう。彼は世界最強なんだから」

・「試合が長引いたことについて謝りたい。5ラウンドまで行くとは思わなかった。私が後半盛り返そうとした時点で彼はすでに勝っていた。ところが彼は判定勝ちを確信して逃げ回ったんだ」

 自分の不甲斐なさを恥じている感じですね。


WHITE APOLOGETIC OVER SILVA "EMBARRASSMENT"(MMAWeekly)

 昨日書き忘れていたネタですが、ダナ・ホワイトがアンデウソンについて「UFC王者史上初の前座試合出場」もあり得るとコメントしたとのこと。さすがにそれはないでしょうが、そう言いたくなるほど怒っていたということですね。


Anderson Silva Should Move to Heavyweight(MMAFighting)

 記事タイトル通り、「もうアンデウソンはヘビー級に転向してくれ」と主張しています。


EDGAR MAY FACE MAYNARD FOR FIRST TITLE DEFENSE(MMAWeekly)

 ダナ・ホワイトがフランク・エドガーのライト級王座初防衛戦の相手はグレイ・メイナードになることを示唆。昨日の記事でダナが「B.J.ペンが望むならグレイ・メイナード戦の後に再戦を組んでも構わない」とコメントしたと書きましたが、エドガーがメイナードと対戦した後という意味なのに誤解を招く表現をしてしまいました。


Renzo Gracie Promises Octagon Return Despite UFC 112 Loss(MMAFighting)

 ヘンゾ・グレイシーが「ライト級に転向するかは決まってないけど、必ずオクタゴンに戻ってくる」とUFC参戦続行を宣言しています。


MATT HUGHES NOT RIDING INTO THE SUNSET YET(MMAWeekly)

 マット・ヒューズがコメント。「UFCとの契約はあと3試合残っている。あと何試合闘うことになるかは分からない。俺は36歳だ。この5年間でいろいろあったが、俺はまだまだ現役を続けたい。毎日ジムに行くのが幸せだしチームにも恵まれている。なるべく長くオクタゴンで闘い続けたいし、練習が楽しめる間は現役を続けたい」。


Calgary scratched; WEC 49 now official for Edmonton on June 20(MMAjunkie.com)

 6月20日のWEC 49がカナダのエドモントンで開催されることが決定。


Dan Hornbuckle vs Tyler Stinson in Bellator welterweight tournament with Sean Pierson hurt(MMAmania)

 ベラトールFCのウェルター級トーナメントでダン・ホーンバックルと対戦予定だったショーン・ピアソンがヒザの負傷で欠場。代わりにタイラー・スティンソンと対戦することに。スティンソンの戦績は16勝5敗。試合は4月22日に行われます。


チェ・ホンマンの背中で“大野怪物くん”眠る(スポニチ)

▼人気blogランキング
posted by ジーニアス at 10:49| Comment(11) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
UFCの前座試合で高瀬先生とリベンジマッチ…www
Posted by リュ‐ at 2010年04月12日 11:28
圧倒的実力
奇怪な行動
ブラジル人

無理矢理ですが、パウロフィリォとアンデウソンさんの共通点が増えてきているような(笑)
Posted by K at 2010年04月12日 12:50
アンデウソンは何がそんなに気に入らないのかな?
弱い相手が気に入らないってことだよね?
本当はライトヘビーがいいだろうけどリョートがいるしヘビーにいってもらうしかないね
Posted by リス at 2010年04月12日 19:11
アンデウソンシウバを本気にさせる人がいないのも事実 笑
最近だと
ダンヘンぐらいかな
Posted by ヒョゲイラ at 2010年04月12日 20:02
いま高瀬がシウバとやったら、さすがに勝てないまでも、接戦はできるかな?

Posted by マイアより at 2010年04月12日 21:32
アンデウソンさんと高瀬がやったら高瀬さん死んじゃいます。
Posted by 無理 at 2010年04月12日 22:27
高瀬を殺す気ですか
Posted by れべ at 2010年04月13日 02:55
上の方も書いてますが、ライバルがいないことがアンデウソンの最大の不幸ですね。彼の実力の限界を引き出せる相手がいないというのはほんともったいない。
あの身長でウェルターは大変そうだし、ヘビーではスピードが犠牲になる。他の階級で今より良い試合ができるかは疑問です。
Posted by 2階からブランチャー at 2010年04月13日 05:47
でもアンデウソンvs日本人はUFCでみてみたいですね。
岡見とやってほしいなぁ
Posted by そうえん at 2010年04月13日 06:37
ビクトーなら本気になるのかな?
Posted by アーチャー at 2010年04月13日 09:18
高瀬さんなら以前のように、華麗な三角締めで決めてくれると信じます!

ただ、今のシウバはテイクダウンされない技術がPRIDE時代よりもあるので、4~5Rかかるかも知れませんが・・・。
Posted by 高瀬ファン at 2010年04月13日 11:00
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索