2006年03月04日

前田日明も「永田メール」を提供したフリーライター西澤孝の被害者?

wbc_0001.jpg

wbc_0002.jpg

WBC1次リーグ プールA 中国 vs. 日本(スポーツナビ)
 本題の前に今日はWBC(ワールドベースボールクラシック)日本vs中国を観に東京ドームに行ってきた。4回までは上原がショボかったせいもあって面白かったけど、その後は酷かった。中国は先発以外はダメダメでしたね。客入りは新日本と同じくらいだった(笑)。


 さて、帰宅したら夕刊フジに香ばしいネタが。

永田メールのフリー記者は超ヒール、前田日明“被害”(ZAKZAK)

 おーっと、日明兄さんがこんなところに登場!
 ガセメールを永田寿康衆院議員に持ち込んだとされるフリー記者(32)=写真右=が、かつて格闘技業界で関係者に様々な迷惑をかけまくり、金銭的な被害まで与える大トラブルメーカーだった過去が明らかになった。その“被害者”には、かつての人気格闘家で、現在はHERO’Sのスーパーバイザーをしている前田日明(あきら)氏や全日本プロレス出身のプロレスラー北原光輝氏といった大物もいた。猛者をコロリと倒したテクニックとは?

 「彼は91年8月に総合格闘技『修斗』でプロ格闘家デビューし、戦績は94年までで1勝2敗。ただ、その間にリング外で様々なトラブルを起こし、当時の修斗の実力者が『あいつはウソツキだから近づくな』と周囲に話していた」と語るのは、格闘技ジャーナリストの片岡亮氏。

 おーっと、片岡“幻”亮さんも登場! なんかもうほとんどオレのための記事じゃねーか、これ(笑)。しかも北原まで・・・あのリチャード・バーンと名勝負(迷勝負?)を繰り広げた北原光輝ですよ!!! ところでキャプチャーってまだやってるの?
 フリー記者の格闘家としての実力を、片岡氏は「素人に毛が生えた程度だった」と評する。実際、デビュー戦と翌年の2戦目は1分強で“秒殺”され、3戦目こそKO勝ちしたが「相手はデビュー戦だった。お粗末な試合内容で後楽園ホールの観客から失笑が漏れていた」という。

 だが、実力とは反対に、普段の破天荒な振る舞いで修斗関係者の間では、ある意味、有名人だったというのだ。

 例えば、「修斗関係者ら数人で街を歩いていた際、彼と気弱そうなサラリーマンの肩がぶつかると、いきなり『テメー俺は格闘技やってるんだ』と問答無用でボコボコにした。あまりにも急で過激な展開に、関係者は捕まると走って逃げたというんです」(片岡氏)。

 金銭などを盗んだ盗まないといったトラブルまで起こし、修斗から出入り禁止になったという。

 その後、フリー記者を名乗るようになっても、格闘技業界でトラブルを起こし続けた。

 いやぁ、こういう「弱いヤツにはやたらと強い」ってヤツいますよねぇ。典型的なチンピラ野郎だな。で、日明兄さんはどんな被害を?
 かつて選手兼代表者として格闘技団体「リングス」を運営していた前田氏は、こう語る。

 「最初は取材したいと言ってきた。それが、自分の知らぬ間に勝手にリングス・オレゴンとかいう組織を作るとかし始めた。でも、話を聞くと、米国の選手と、ちょっと友達というだけの話だったんで、『勝手なことをするな!』と怒った記憶がある」

 別の業界関係者は、「他の格闘技団体にも選手の仲介をするなどしていたなかで、金銭トラブルを起こした」という。

 一方、プロレスラーの北原氏には、「あいつのことなど思い出したくなかった」という“被害”を与えたという。

 4年ほど前、北原氏のもとを訪れたフリー記者は「インターネットで試合を放映するから興行をして欲しい」という仕事の素案を持ってきた。1回で20万円の放映権料を払うというので、北原氏は5回分の会場など手配して総合格闘技のイベントを行った。

 「でも、2回目まではビデオ収録をしたけど、3回目は姿を見せず、後で聞いたら『収録日を忘れていた』とか言ってた…。結局、ネット放映もなくて、5回分の100万円も支払わずに連絡が取れなくなった」

 北原氏はフリー記者を探し出して電話したら、「なんでも勝手にしろ」といわれたという。

 結局、5回の興行の決算は赤字で終了。北原氏は「あんな奴とは、早く関係を切りたいとも思ったんで、わざわざ訴えたりしなかった」という。

 平成12年にK-1のアンディ・フグ選手が急死した際も、日本人妻との一問一答という大虚報を放ち、その後も虚報でマスコミからも総スカンを食らったフリー記者。その奇怪でインチキな言動は、すでに格闘技時代にも見られたのだ。

 そういえば「リングスオレゴン」ってあったような気がする。バート・ベイルとかが「リングスフロリダ」って名乗ってたこともあったような(3月4日7時追記:「リングスUSA」でした。あと「リングスオレゴン」はショーン・マッコリーだね)。かつては「リングス東大」なんてありましたからね。末期は「何でも『リングス』付ければいいってもんじゃねーだろ!」って思いましたけど(苦笑)。HERO'S旗揚げの時も「リングス何とか」ってのがいくつかありましたよね(^ω^;)。

 でもこの記事読むと日明兄さんよりも北原の方が被害が甚大のような気がするんですけど・・・。もっとも記事のタイトルが「北原光輝も被害に」だったらほとんどの読者が「誰だよ!」って突っ込んでいるでしょうから、これは日明兄さんの有名税ってやつでしょう。

 さて、「堀江メール」とも「送金支持メール」とも「永田メール」とも呼ばれているあのインチキメールを永田寿康議員にリークした“フリーライター”の名前は「西澤孝」氏。もう週刊文春に実名も出ているんだから夕刊フジも隠す必要もないでしょうに。

 記事で語っている片岡“幻”亮さんのブログでもこの件について書かれているが、書いているのは“幻”さんではなく同ブログで共同執筆している藤堂香貴氏。

民主党、大揺れの深層 暴力団関与疑惑(★拳論!取材戦記★)
 永田メール問題で渦中の「西澤孝」について各マスコミが大噴火するようだ。たかがメール偽造では済まされない話が次々に浮上。暴力団との深い関係や別件の詐欺事件などなど・・・民主党は関わってはいけない人物を取り込んでしまった。

(中略)

 追記:どこぞの虚言癖はまた「西澤が実在しない」なんて書いてるけど、ウチの記者は過去に修斗出場している彼の試合を見ているし(94年後楽園の前座、曰く記憶なし⇒週刊誌が書いていた2戦の戦績は誤りだ。実際は3試合やってる)、詐欺同然の行為で格闘技界の被害者が大勢いることも分かっている。

 (;´∀`)・・・うわぁ・・・民主党は地雷を踏んでしまったんだなぁ。ちなみにここで書かれている「虚言癖」というのはおそらく最近有名になっている「きっこの日記」のことだと思われる。

「きっこの日記」は無料です(きっこの日記)
「西澤孝」なんて人物は存在してなくて、これは、単なる偽名なのだ。こいつのホントの名前は‥‥って、ここであたしが書いちゃうと、また外野が騒ぎ出すから、イニシャルだけにしとくけど、こいつのホントの名前は「F」って言って、「西澤」なんてのはデタラメなのだ。

 どうやらここでウソと書いてることがウソのようで。★拳論!取材戦記★さんはさらにツッコミを入れてきた。

メール捏造疑惑・渦中の西澤孝氏が前言撤回(★拳論!取材戦記★)

 弁護士を通じて「永田メールとは無関係」だと言ってきたそうで。詳しいことはリンク先で確認して下さい。

 西澤孝氏は94年に後楽園の前座で試合してたのか。まだ佐山がいたころだし、オレ自身も見境なく観戦してた時期だから観戦してる可能性高いんですけど・・・思い出せない。W★INGに上がっていたシルクロード(アキバ・タレイ)が試合して秒殺されたこととか下らないことばかり覚えてますが(笑)。

 それにしても「永田メール問題」はあまりにもダーク過ぎてプロ格中心に書いている自分には手に負えない問題ですね。北原や前田の被害なんて小さい小さい! ってかどうでもいい問題だよなぁ。とりあえず北原が生きていたことが確認できたことが収穫だったかも(笑)。

[3月4日7時追記]
西澤孝氏の修斗 ・試合結果見つけたよ(ブラックアイ2)
 うわっ、新格闘と対抗戦やった日の前座で出てたんだ! じゃあオレ見てるわ(笑)。ちなみにアキバ・タレイが坂本一弘(!)に負けたのは同年('94年)の5月6日でした。この年から修斗は対外試合を増やす戦略を打ち出していて「バーリ・トゥード・ジャパンオープン」の礎になったんだよなぁ。

[3月5日7時追記]
「北原光輝」じゃなくて「北原光騎」じゃん('A`)。夕刊フジが間違えたせいでこっちまで間違えちゃったよヽ(`Д´)ノ。

[3月25日11時追記]
西澤孝氏の修斗・試合結果を見つけたよ(ブラックアイ)
 ブラックアイさん、「西澤孝」のせいでサーバーパンクして、この記事だけ引っ越しました。(・∀・)チゴイネ!

【その他気になったニュース】
4.09有明:浜中和宏選手出場辞退のお詫び、金原弘光選手トーナメント参戦決定(PANCRASE)
 おぉ! 金ちゃんが代理で参戦ですよぉぉぉぉぉ!!! 浜中は一緒に練習している野地竜太と対戦する可能性があるから辞退だそうで。そんなことじゃプロ格闘家としてどうかと思うのだが。
バダ・ハリ超強気の200%V宣言!!=3.5K-1 元祖悪童・アビディ、満を持しての復活(スポーツナビ)
 昨日の「SRS」でバダ・ハリの悪童っぷりを宣伝していたなぁ。「ロンドンハーツ」よりもよっぽど教育上問題ある番組だと思った(笑)。
PRIDE無差別級GPが5.5大阪ドームで開幕(スポーツナビ)
 これが正式発表だそうで。参加予定選手で気になったのは、ダン・ヘンダーソン、美濃輪、ハリトーノフ。ハリトーノフはケガ大丈夫? あとさ、ヒョードルは出ないでしょ?
HGが元ミニスカポリス鈴木杏奈と交際(日刊スポーツ)
 FRIDAY見ました。まぁいいんじゃないの? 早速ハッスルでネタにしないと!

●当ブログのランキングを確認!/人気ブログランキング
posted by ジーニアス at 01:13| Comment(4) | TrackBack(2) | 前田日明 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まさかこの騒動で前田や北原の名前を目にするとはね…
あとWBCは自分はテレビで見てました。最近は新日ドーム大会いってないんですけど実際の入りはあんな酷いんですか?ネットなどで写真は見たんですが…
Posted by ニシ at 2006年03月04日 20:36
>ニシさん

外野が満員のWBCと外野に客を入れない新日、アリーナに客を入れないWBCと入れる新日を比べるのはアレかもしれませんが、まぁガラガラぶりは似たようなもんですね。
Posted by ジーニアス at 2006年03月05日 01:08
TBありがとう。
長州Tシャツ微妙・・。いろんな意味で(w。

西沢は大道塾をマッコリー人脈でだましてますから精神異常に近いほどの虚言癖。

総連の問題も心地よいですな。

では今後もよろしく。
Posted by YO!YO!YO! at 2006年03月27日 12:50
>YO!YO!YO!さん

TB返しさせていただきました。
こちらこそよろしくお願いします。
Posted by ジーニアス at 2006年03月27日 22:02

この記事へのトラックバック

西澤孝氏の 修斗 ・試合結果見つけたよ
Excerpt: 永田メールの黒幕? 時間ないので間単に。  政界を必要以上に揺るがした「永田メール(堀江メールとも呼ばれる)」、その情報を永田寿康衆院議員に持ち込んだとされるフリー記者が判明。  なんと修斗で..
Weblog: ブラックアイ2
Tracked: 2006-03-06 23:21

キレてないですよ。
Excerpt: 新日本プロレスが「キレてないですよ」Tシャツを発売。 すべってるような・・。 {/hiyo_shock1/}こちらはキレちゃいました。 松本竜助さん、倒れて意識不明  タレントの松本竜助さ..
Weblog: YO!YO!YO!
Tracked: 2006-03-27 12:52
記事検索