2010年01月13日

フランソワ・ボタがイベンダー・ホリフィールドとタイトルマッチ

真実の男 イベンダー・ホリフィールド
真実の男 イベンダー・ホリフィールド

ホリフィールド、2月に世界戦=ボクシング(時事通信)
 プロボクシングの元統一世界ヘビー級王者で47歳のイベンダー・ホリフィールド(米国)が、2月20日に当地で世界ボクシング連盟(WBF)ヘビー級タイトル戦を行うことが決まった。プロモーターが12日、明らかにした。相手は、元国際ボクシング連盟(IBF)同級王者で41歳のフランソワ・ボタ(南アフリカ)。
 ホリフィールドは、2008年に世界ボクシング協会(WBA)同級タイトル戦で当時王者のニコライ・ワルーエフ(ロシア)に挑戦して判定負けした。

47歳ホリフィールド、2月にボタと対戦=ウガンダのカンパラで(時事通信)
カンパラのマンデラ国立スタジアムは最大10万人の観客を収容できるが、バジラ氏はチケットを完売できるとみている。 ホリフィールドは昨年、エチオピアのアディスアベバで同国出身のサミー・レッタと対戦する予定だったが、数度にわたり延期されている。

 K-1でも活躍し、秋山成勲のプロデビュー戦の相手も務めたフランソワ・ボタがホリフィールドとですか。しかも観衆10万人? そりゃスゲー。

▼人気blogランキング
posted by ジーニアス at 21:38| Comment(10) | TrackBack(0) | ボクシング | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ボクシングの衰退が著しいな、二人共40歳代って…。
Posted by まさ at 2010年01月13日 22:09

>ボクシングの衰退が著しいな、二人共40歳代って…。
だってWBFってマイナー団体だし。
WBFって世界ボクシング基金だし。
Posted by エピ at 2010年01月13日 22:49
The Real Deal ホリフィールド、2008年末行われたワルーエフ戦は
確か次期挑戦者が怪我で回ってきたチャンスだったと記憶しますが
予想を反する良い動きでホリフィールドがとったラウンドもあった。
その頃の動きがキープできているのなら
ボタ(こっちのコンディションは知りません)には勝てるんじゃないのでしょうか。
ヘビー級ならではのレジェンドファイトですが
場所によっては興業が成り立つのでしょう。
Posted by The END at 2010年01月13日 22:55
モーに打ち負けた技術でよくチャンピオンになれるな・・・
Posted by riku at 2010年01月13日 23:12
K-1で例えるとグッドリッジvsモーリススミス
Posted by ウキ at 2010年01月13日 23:17
>riku氏
ボタが開始早々不慣れなローキック出して
負けたのを見てないんでしょうか。あれで打ち負けた技術、と?
そもそも批判にもほどがあるのでは?
Posted by a at 2010年01月13日 23:30
ボタは南アフリカでかつてアパルトヘイトによって保護されていた側の白人なので、やられ役に抜擢されたのかな?
憎き南アの白人を偉大な黒人チャンプがぶちのめすのを見て現地の人は狂喜乱舞するんだろうなぁ。
間違って勝っちゃったりでもしたら大変なんじゃないでしょうか。無事に帰ってこれるだろうか心配・・・
Posted by P at 2010年01月14日 01:07
>エピ
ボタなんて論外だが、ホリフィードに関しても近年、あの“WBA”のタイトルマッチで試合をしてる訳だから、どういう事か知れてるだろ
Posted by まさ at 2010年01月14日 01:23
近年のヘビー級は一言で言って面白くないですね
試合がつまらないし、タレントがいません
なのでホリーフィールドが未だに重宝がられているんです(金銭的に苦しいという噂もありますが)

ワルーエフ(K-1でゆうシュルト)がようやく負けたので少しは面白くなるかも知れません
ただクリチコ兄弟もいるので直ぐに面白くなるとは思えませんが

もしデビット・ヘイがクリチコ兄弟を倒せば、新たなスターになる可能性もありますが、クルーザー級上がりなのでヘビー級相手に正面から打ち合う事が出来るかで今後の人気が大きく変わってくるのでは、ワルーエフ戦の様な戦い方では人気は出ないと思います

あとこの試合で本当に10万人も集まるのでしょうか?
10分の1の1万人集めるのも大変だと思いますが・・・。
Posted by IBF at 2010年01月14日 03:51
>IBFさん
今は中量級の時代ですね。10万人集まるかは私も分かりませんw
Posted by ジーニアス at 2010年01月17日 03:05
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索