2009年11月30日

内藤 vs. 亀田の裏でTBSがまた暴走etc.

TBS「報道テロ」全記録-反日放送局の事業免許取り消しを!
TBS「報道テロ」全記録-反日放送局の事業免許取り消しを!

 主に内藤 vs. 亀田の続報を13本紹介

こちらもTBS暴走!世界戦でリングアナに前代未聞要請(ZAKZAK)
 「こういうことが起こるなら、もう2度とTBSとは仕事をしない」

 この一戦でリングアナを務めた富樫光明氏(38)は試合後、怒り心頭で格闘技ジャーナリストの片岡亮氏にお粗末な内幕をぶちまけた。

 富樫氏はJBCのライセンスを受けた公式リングアナで、日本で行われる多くの世界戦を10年以上にわたって手がけてきた。富樫氏がこの日、最初にTBS側に不信感を覚えたのは、王者と挑戦者が入場する際に俳優の小出恵介がアナウンスを務めたこと。富樫氏は事前に説明を受けておらず「なぜ世界戦でライセンスもない素人を起用するのか」と首をひねった。

 TBSはこの日の試合を中継するため、人気ドラマ「日曜劇場JIN-仁-」を通常より25分繰り下げて放送したが、これに出演中の小出が番組宣伝を兼ねて引っ張り出された格好。富樫氏の不安は的中し、慣れない仕事で小出は「WBC、世界フライト級~」とNGを出してしまった。

 フライト級には笑わせてもらいましたが、話はこれだけではない。

 さらに試合途中で、中継を担当するTBSのディレクターから、富樫氏に対して「試合後は勝者だけ読み上げて、判定の採点内容は読まないでほしい」と思いもよらない要請が。しかし富樫氏は試合を締めくくる上で不可欠な情報と判断し、指示を振り切る形で採点内容を読み上げた。

 会場で両者のごたごたを目にした片岡氏は「TBS側の意図は定かでないが、4ラウンド終了時に発表された採点に会場から疑問の声も上がったため、(2006年に興毅がWBAライトフライ級王者となった)ランダエタ戦の疑惑判定で抗議が殺到したトラウマがよみがえったか。あるいは勝者のコメントを番組の中に入れたかったが、放送時間が押していて端折ろうと考えたのではないか」とみる。

 確かにこのビッグマッチはTBSの巨額の投資という後ろ盾があってのもの。ある程度の発言権は認められて当然だろう。しかし世界タイトル戦で、採点内容も明かさずに「判定勝ち」という結果だけ伝えれば、スポーツとして形をなさない。会場に詰めかけた観客や中継を見ていた視聴者にいたずらな憶測や混乱を招き、世界戦の権威を損なうだけだ。

 さすがTBSです。K-1やDREAMの時も試合後の解説はなしであっさり終了させてますしね。


カート暴走のTBSスタッフ、“要注意人物”だった!(ZAKZAK)
 事故直後、現場では顔面蒼白(そうはく)のTBSカメラマンに向かって、大会運営スタッフが「このカート、ずっとマークしていたんだ!!」と怒鳴っていた。悪夢は、起こるべくして起こったといっていいだろう。

 実は、このカメラマンはカートの強引な運転など大会運営を妨げるとして、大会第2日(27日)にも注意され、“イエローカード”を出されていた。試合後、謝罪会見を開いたTBSスポーツ局の岡田浩一プロデューサーは「スタッフには無理な運転をしないよう注意していた。カメラマンはハンドル操作を誤ったと言っている。(今回の事故は)理解に苦しむ…」と頭を下げた。

 「こちらもTBS暴走!」となっていたのはこれがあったから。


試合(五味隆典オフィシャルブログ)

 タイトル見て「おっ、大晦日のことか!?」と思ったら、内藤 vs. 亀田の感想でした。谷川さんとは話したんですかね。


今年の高視聴率の秘密(DREAMイベントプロデューサー 笹原圭一オフィシャルブログ)
数字の分析は専門家に任せるとして、今どきこんな数字が獲れるコンテンツってちょっと思い浮かびません。「ワールド・ベースボール・クラシック」も40.1%を獲ってますから、『今年はWBCが数字を獲った』ってことですね。

はい、ダジャレじゃありませんよ。
WBCと言えば...
『ワオ木!バカサバイバー!チャンピオン!』
『わたしは、坊主の、チェイス・ビービです(チェ・ホンマンでも可)』
と、DREAMに関する暗号が隠されているので、これは大晦日の数字も期待できるということでしょう。信じるか信じないかはあなた次第です。

(中略)

とは言え、格闘技という同じジャンルのボクシングがこのような高視聴率を獲り、国民の関心事になるというのは、大晦日のDynamite!!にとっても、追い風にはなれど、逆風にはならないはず。いいカードを組んで、数字も獲って、会場もいっぱいにして、熱のある大会にできればと思います。

サブタイトルを「勇気のチカラ 2009」じゃなくて、「勇気の(W)ワタシと(B)ボクの(C)チカラ 2009 」とかにしたら数字獲れるかも。

 なんじゃそりゃ。


ボクシング 内藤は引退できない!?(リアルスポーツ)

ボクシング 興毅 今度は“場外銭”(リアルスポーツ)

「勝利」亀田興毅が生出演 内藤に対して…(J-CAST)

田代まさし「内藤・亀田戦」を観戦 「華がある」と評価したのは…(J-CAST)

【ボクシング】亀田興毅、高視聴率に笑顔 一夜明け会見(MSN産経ニュース)

笑顔で会見、亀田興…影潜めた“大口・挑発・居直り”(読売新聞)

【ボクシング】内藤の負傷は全治3週間、進退は未定(MSN産経ニュース)

【巨人】原監督が内藤vs亀田戦を絶賛(日刊スポーツ)

亀田興毅「人間的に成長した」  風向き変わりネットでも評価(J-CAST)

 その他の内藤 vs. 亀田関連のニュースはこちら。

▼人気blogランキング
posted by ジーニアス at 21:51| Comment(14) | TrackBack(0) | ボクシング | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBSダサ過ぎ
青木は詰まらなさ過ぎ
青木はストイックに徹した方がまだにんきがでるとおもうんだけどなあ・・・
Posted by 青木つまらん at 2009年11月30日 22:06
いい加減にしてくれよ…
Posted by スラッガー松井 at 2009年11月30日 23:25
tbsは視聴率のため亀田のため

というか、そういうこと以外の報道のありかたも問題あり



Posted by ぱっきゃ王 at 2009年11月30日 23:31
ささやん…
やっぱこの人は谷川さんには及ばないな
Posted by なか at 2009年12月01日 01:12
今のTBSで信じられるものは時報くらい。
もういい加減TBSの放送権を剥奪してほしい。
Posted by カルティエ at 2009年12月01日 01:16
TBSが格闘技放送してくれんかったら、どこの局が放送すんだよ(笑)(笑)
ちった~考えてモノ言え
Posted by ↓ at 2009年12月01日 07:07

どこか他の局が放送するって(笑)
そもそもTBSはオウム真理教の坂本弁護士事件の時に放送免許をはく奪しとくべきだった。殺人に手を貸した連中なの分かってる?
Posted by けちょんけちょん at 2009年12月01日 10:08
ほんと、なんじゃそりゃ。ですね(汗)
文章読んでると、”さむいっ”というか、
腹立たしくなります。
Posted by はああ at 2009年12月01日 10:35
悪いコンテンツでは無いと思うから、もう一度フジ
か日テレ辺りに本腰入れてやってほしいもんですね。

しかし、TBSのスーパープレイの連続は神掛かってますな。
Posted by ymo at 2009年12月01日 11:22
あのボクシングのリングアナウンサーは
正直垢抜けて無く前時代的だな~と思っていたのですが
TBSの無茶な横やりに屈せず途中採点を読み上げたことは
諸手を挙げて賞賛を贈りたいと思います。
途中採点の発表がないまま放送されたことを想像するとゾッとしますね。
TBSがこのまま上から目線の制作体制では
これから先も民意の支持は受けられないでしょう。
Posted by The END at 2009年12月01日 11:59
あのリングアナはボクシング界にものすごく必要な人。知らない人はいませんからね。
Posted by スラッガー松井 at 2009年12月01日 13:34
>TBSが格闘技放送してくれんかったら、どこの局が放送すんだよ

需要があれば地上波。
なければPPVで・・・

まあそれ以前にTBSは存在する事が日本にとって恥だから
格闘技に支障あってもなくなってほしいです
Posted by TBSのTは朝鮮のT at 2009年12月01日 19:44
>カルティエさん
アナログが廃止されたら時報も信じられなくなりますねw

>ymoさん
やはりフジテレビでしょうね。民放で一番給料が良いから優秀な人材が集まってるのでしょうが…。

>The ENDさん
そのまま普段の視聴率に表れているということでしょう。
Posted by ジーニアス at 2009年12月02日 01:55
もし、内藤vs.亀田がレイト放送だったら、あの小出恵介の「フライト級」のところは編集したんでしょうか?TBS。
Posted by 河津落氏 at 2009年12月03日 01:13
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索