2009年05月29日

ヒョードルがジョシュ戦についてコメント/LYOTOの初防衛戦の相手はショーグンかetc.

Fedor: The Fighting System of the World's Undisputed King of Mixed Martial Arts

 海外情報を10本紹介

M-1 Exclusive: Fedor comments on Barnett rumors and more(M-1 Global)
(変訳)M-1独占:ヒョードルがバーネット戦の噂などについてコメント

 エメリヤーエンコ・ヒョードル最新コメント。以下、要約。

・私はジョシュ・バーネット戦の交渉に100%関わっていました。チーム全員(トレーナー、コーチ、マネージャー)と話し合い、バーネット戦に同意しました。

・彼は全米を代表するMMAファイターの一人だと思います。私はPRIDEやAfflictionの試合後によく彼と飲みに行くので友人だと思っています。

・彼はアレキサンダーに勝っていますが、私はリベンジマッチとは考えていません。これは全く違う闘いです。

・現在のジョシュは全盛期にいると思います。私がかつてミルコ・クロコップと対戦した当時、彼は全盛期にいました。そしてMMA史上に残る試合ができました。今回のジョシュ・バーネット戦も同様の試合になる予感がします。

・(フランク・ミアが対戦をアピールしていることを聞かれ)私はファイター全員をリスペクトしています。私にとって全ての試合がチャレンジです。フランク・ミアも同様です。

・青木真也とのエキシビションマッチは大いに楽しめました。青木のようなグレートチャンピオンとMMAをプロモーションできて満足しています。

・大晦日に日本で試合をするかはまだ分かりません。しかし私は常に日本で闘いたいと思っています。

・ゲガール・ムサシ vs. マーク・ハントは見ました。私はゲガールを誇りに思います。彼は素晴らしい試合をしました。

 というわけで、ジョシュ・バーネットとの対戦を楽しみにしているようです。


He’s Back – Frank Trigg Returns to the UFC(UFC)

 すでにMMAjunkie.comが報じてますが、UFCがフランク・トリッグの復帰を正式発表。復帰時期や対戦相手は未定。


EVANS AND JACKSON TO COACH SEASON 10 OF "THE ULTIMATE FIGHTER"(UFC)

 UFCが、TUF 10のコーチがラシャド・エヴァンスとクイントン“ランペイジ”ジャクソンになることを正式発表。


“Rampage” fired up for TUF 10 and a crack at Evans(UFC)

 ランペイジは「俺が最初にラシャドを倒したかったという意味では少しマチダに嫉妬している」「でもタイトルに関係なく、まずはラシャドと闘いたかった」とコメント。

 これで年末にランペイジ vs. エヴァンスが決定し、ランペイジがLYOTOと対戦するのは早くても来年の春以降になるわけですが…。


‘Rampage’ and Evans coach ‘TUF 10’(Yahoo!Sports)

 そうなるとLYOTOの初防衛戦の相手が誰になるのか注目されますが、ダナ・ホワイトはLYOTOが公式サイトで9月に初防衛戦をすると発表した件について「まだ何も決まってない」とコメント。


Machida vs. Rua Possible For September(Inside Fights)

 そして、Inside Fightsは、LYOTO・マチダ vs. マウリシオ・ショーグンが行われることが100%確認されたと書いています。正確な日程は確認できなかったものの、9月か10月に対戦するとのこと。


UFC Has Another Good Week of DVD Sales(411mania)
1. UFC: Best Of 2008
2. WWE: Greatest Stars Of The 90s
3. UFC 92: Nogueira Vs. Mir
4. NFL: Super Bowl XLIII Champions: Pittsburgh Steelers
5. TNA: Cross The Line
6. WWE: The Best Of Raw: 15th Anniversary 1993-2008
7. WWE: No Way Out 2009
8. TNA: Jeff Jarrett: King Of The Mountain
9. WWE: The Best Of Saturday Night's Main Event
10. UFC 91: Couture Vs. Lesnar

 ビルボードの最新スポーツDVDチャート。4位のNFL以外はUFC、WWE、TNAで独占。


Strikeforce: Arlovski vs. Rogers winner not guaranteed a shot at champ Overeem(MMAjunkie.com)

 Strikeforceで、アンドレイ・アルロフスキー vs. ブレット・ロジャースの勝者がアリスター・オーフレイムと対戦するという話がありましたが、マイク・アフロモウィッツがこれを撤回。ブレット・ロジャースが勝った場合はアリスターと対戦することになるが、アルロフスキーが勝った場合は分からないとのこと。アルロフスキーはAfflictionとの契約が絡んでいるので断言できないそうです。


Jungle: Minotouro to fight in September(GRACIEMAG)

 ヴァリッジ・イズマイウが、アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラには9月のジャングルファイトにも出場して欲しいので交渉しているとコメント。


Heart and Soul: MMAmania.com interview exclusive with Eddie Alvarez(MMAmania)

 エディ・アルバレスインタビュー。DREAMとの契約はあと1試合残っているが、その1試合が青木との再戦なら嬉しいとのこと。また、「UFCやStrikeforceと契約したいですか?」と聞かれ、「スター願望はない。ホテルの部屋を出る時に囲まれるような生活はしたくない。世界のトップファイターと対戦できてファイトマネーが良ければいいので、今後も日本で闘っていきたい」とのことです。

▼人気blogランキング
posted by ジーニアス at 08:01| Comment(15) | TrackBack(0) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いよいよ本決まりですかね ジョシュvsヒョードル(;・∀・)

いくしか!!
Posted by 徐庶 at 2009年05月29日 11:41
ヒョードルのこういう謙虚な所がいい所ですよね

普通なら調子に乗りそうですが。
Posted by 何事 at 2009年05月29日 12:21
格闘技に喧嘩最強オラオラキャラは大いに必要だが、地上最強の絶対王者ヒョードルが温和で謙虚な人格者という事が人類にとって道しるべになり、格闘技にとっても財産となりうる素晴らしい事実だ。
Posted by アイアン寺 at 2009年05月29日 15:40
ハハハ。みんな純ですね
僕はヒョコメント見て、温和で謙虚な人格を演じてる、とても計算高い人(人たち)だって印象ですけどね(でも、悪く言ってるわけじゃないですよ)。

何によりもまず、MMA界のトップ、ヒョードルという完全なるブランドであり、彼の一挙手一投足が注目され周囲の利益に多大なる影響を及ぼす。

彼らは当然ビジネスマンだから、そんなこと百も承知っしょ!だから、それらを踏まえたうえでの極めて妥当な発言であると思う。

まああくまで、個人的な主観論です。
怒んないでよ!!
Posted by ビジネスウーマン at 2009年05月29日 19:59
ショーグン、いくらなんでも早い気がしますね。
他の選手には断られたのかも知れないですが・・・
Posted by tom at 2009年05月29日 20:26
>ビジネスウーマン

私もそう思います。
ヒョードルに限らずだけど公の場で本心を言うとは思えない。
Posted by truth at 2009年05月29日 21:05
>ビジネスウーマン
文章の書き方はアレですけど、内容は私も常々同じように思っています。
バカみたいに本音をまき散らす選手や何かと挑発する選手もいますが、
彼はかしこいので元々の落ち着いてる性格も含めて
しっかりトップに立つ人間を演じきれてるように思えます。
Posted by A at 2009年05月29日 21:32
ジョシュとヒョードルじゃ緊張感がないです
パンチの少ない温い試合になるでしょうね、あっさりサブミッション取って仕事は終了かな

アルバレスはいいですね、彼はアメリカで有名になるのが夢じゃなかったですかね(笑)結構成り上がり主義な人だと思うけど・・・
UFCの事好きじゃないんですかねぇ
DREAMもそんなに金がいいとは知らなかった、円Yenの価値でしょうか(笑)
Posted by ・・・ at 2009年05月29日 22:26
UFCでは高額のギャラをもらうには相当勝ち続けないとダメだしね。
この前シャークに勝ったエドガーだって、これまでグレイ・メイナード(レスリングエリートで現在無敗)に塩漬けされて判定負けしただけで
タイソン・グリフィンにも勝っていて日本に来れば間違いなくトップクラスになる強豪なのに
基本給2万ドル程度だし。
Posted by そりゃね at 2009年05月29日 23:07
>現在のジョシュは全盛期にいると思います。私がかつてミルコ・クロコップと対戦した当時、彼は全盛期にいました。そしてMMA史上に残る試合ができました。今回のジョシュ・バーネット戦も同様の試合になる予感がします。

いやあ、この辺の話から「私はたとえ全盛期でもジョシュに勝ちますよ。」という自信も伺えると思いますね。皇帝様なら納得ですが。

ショーグンはタイトルマッチ早すぎる気がしますね。もう少し試合挟んで完全に復調してからやってもらいたい。まずはジャーディン当たりから笑
今やっても即効で一本取られそうな気が...。

アリスターvsアルロフ面白そうですけどね。
Posted by ryu at 2009年05月30日 00:13
ヒョードルが世渡り上手なのはみんなわかってるでしょう。
元々ヒョードルはロシア一の銭ゲバでプライドチャンピオンなのに金に釣られ猪木祭り出場したり
陰でミルコに対して糞野郎と暴言吐いたり、ランデルマンをニガー呼ばわりしたり
褒められた人格ではないですしね
Posted by あいすちゃん at 2009年05月30日 00:23
>徐庶さん
またH.I.S.がツアー組んでくれればいいですね。

>tomさん
ランペイジがLYOTOじゃなくてエヴァンスを選んだ時点で対戦相手が限られちゃいましたからね。

>ビジネスウーマンさん、その他さん
なんか「プロレスって八百長でしょ?」って言ってるのと同じようなニオイを感じますね(笑)。ヒョードルが聖人君子だと思っている人なんてほとんどいないでしょ。離婚歴だってあるし、彼だって人間ですよ…。
Posted by ジーニアス at 2009年05月30日 00:38
ヒョードルは、
「最強だと多くの人間に認められた最初の人」
だと思うんだよな。そういう人が、
ある程度人間が出来ててよかったなと思うよ。
というか、アレキじゃなくて本当によかった。
Posted by 南 at 2009年05月30日 06:28
LYOTOの相手はショーグンでしたか。
おそらくLYOTOが勝つでしょうね。
ジャクソンはエヴァンスと闘った後にLYOTOとやるとしたら、結構後になりますね。
その間に何が起きるかわかりませんが…

ヒョードルに関しては、個人的にはもっと尊大で偉そうな態度を取って欲しいと思ってます(笑)
ヒールになれと言ってるわけではありませんが、ある程度ビッグマウスを叩いてもらうと楽しみが増えますしね。
Posted by コーン at 2009年05月30日 11:08
>南さん
ランペイジみたいな人だったらもっと大変でした。

>コーンさん
プロレスならヒールターンも珍しくありませんが、格闘技は難しいですよ。
Posted by ジーニアス at 2009年05月30日 13:42
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索