2009年04月11日

アンデウソン・シウバがミドル級転向のヴァンダレイを挑発。両者の複雑な関係とはetc.

PRIDE機密ファイル
PRIDE機密ファイル

 海外情報を5本紹介

Anderson Criticizes Wanderlei’s Move to 185(Sherdog)
(変訳)アンデウソンはヴァンダレイの185ポンド転向を批判します

 以下、要約。

・両者は同じ姓を持ち、同じブラジルの都市で育ち、シュートボクセで一緒に汗を流した仲だった。しかし、状況は変わった。ヴァンダレイ・シウバとアンデウソン・シウバは再び対立関係になった。

・2007年11月のTATAMEマガジンのインタビューでアンデウソンは「私は今後もヴァンダレイの練習を手助けします」「私たちは本当に仲が良いから」と言っていた。

・アンデウソンがシュートボクセを離脱した時、フジマール・フェデリコ会長の圧力により彼はPRIDE離脱を余儀なくされた。当時ヴァンダレイはチャンピオンだった。

・「あの時、ヴァンダレイは何も手助けしてくれなかった」とアンデウソンは言う。「私は4人の子供を育てる義務があることも知ってたのに酷いもんさ。もしミノタウロ(アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ)が助けてくれなかったら私は廃業するはめになってただろう」

・しかし、2007年12月のUFC 79で、アンデウソンはチャック・リデルと対戦するヴァンダレイを応援した。試合後には健闘を称えるためにLYOTO・マチダと一緒にヴァンダレイのロッカールームを訪ねた。ヴァンダレイは「俺は(シュートボクセを離脱して)フリーになったから、いつでも一緒に練習しよう」と言った。

・しかし、関係は再び悪化した。ロッカールームで握手した15ヵ月後、アンデウソンはヴァンダレイのミドル級転向を知った。ブラジルのテレビインタビューでアンデウソンはかつての練習パートナーと闘うことには何の問題もないと言った。

・アンデウソンはヴァンダレイに対し「どういうつもりだろうね? なぜ自分で自分の首を絞めようとするんだ?」と言った。また、彼はヴァンダレイの185ポンド転向について「ナメくさってる」とも言う。

・また、そのインタビューでアンデウソンはミドル級王座に挑戦する資格のある選手5人を挙げて欲しいと言われた時もヴァンダレイと彼の練習パートナーであるデミアン・マイアの名前は挙げなかった。マイアについては「私を倒すとか極めるとか言うのは簡単だが、誰もそれができないじゃないか。彼も同じことだ」とコメント。

・さらに、アンデウソンはライトヘビー級で闘う計画を明かしたものの、LYOTOとの対戦は考えてないとも言った。彼はLYOTOを親友でありライトヘビー級最強と考えている。

 アンデウソンとヴァンダレイの関係についてはPRIDE機密ファイルでも触れられていたので一部を引用。

03年11月、アスエリオ・シウバとともに所属するシュートボクセ・アカデミーを離脱したのだ。離脱の原因は、やはりというか金銭面のトラブルだったらしい。アンデウソンはシュートボクセのフジマール会長を悪しざまに罵り、もちろんフジマール会長やヴァンダレイ・シウバといったボクセ勢はアンデウソンたちを「裏切り者だ!」と言い激怒していた。

(中略)

 この『グラディエーター』および『男祭り』出場は、おそらくシュートボクセ時代に交わした複数試合契約を消化するためのものだったのだろう。実際、アンデウソンからは(シュートボクセを通さないかたちでの)単独参戦契約の申し出があったのだが、PRIDE側はこれをきっぱりと断っている。

 当時は高瀬大樹や長南亮に敗れ、商品価値が高いとは言えなかったアンデウソンよりシュートボクセとの信頼関係を優先したPRIDEの選択は当然だった。その後ノゲイラのサポートで廃業を免れ大ブレイクするんだから世の中分からない。

 ヴァンダレイとアンデウソンの関係は、今のところ友人→不仲→友人→不仲になってますが、今後の展開が楽しみですね。


Wanderlei trains with Heath Herring in Vegas(TATAME)

 そのヴァンダレイは現在ラスベガスのジムでヒース・ヒーリングやマイク・ホワイトヘッドらと共に練習してるとのこと。


MAC DANZIG VS. JIM MILLER SET FOR UFC 100(MMAWeekly)

 UFC 100でマック・ダンジグ vs. ジム・ミラーが行われることが確認されたとのこと。同大会はすでに公式に8試合が決定しており、非公式ではマーク・コールマン vs. ステファン・ボナーが確認されているので、これで全試合が揃ったかもしれません。


CHAEL SONNEN VS. WILSON GOUVEIA AT UFC 102(MMAWeekly)

 また、UFC 102ではチェール・ソネン vs. ウィウソン・ゴウヴェイアが行われることが確認されたそうです。

【BFC】ベラトール2の見所は?ライト級準決勝は5/1開催(MMA PLANET)

 対戦カードが続々決定。

▼人気blogランキング
posted by ジーニアス at 09:46| Comment(2) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ヴァンダレイは誰とでもなんかしらの因縁がありますね(笑)

けど見る側としては誰とでも仲良く試合が組めなくなるよりは全然いいですが。
Posted by 何事 at 2009年04月11日 11:02
>何事さん
悪い人には見えないんですけどね。人相はともかく(笑)。
Posted by ジーニアス at 2009年04月11日 17:56
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索