2009年01月04日

ネットプロレス大賞2008に投票

ネット・プロレス大賞:公式サイト

 ブラックアイ2さん主催のネットプロレス大賞に投票します。単なる投票で記事と呼べる代物ではないので、これについてはコメント欄なしということで。

MVP
1位 ブロック・レスナー
2位 青木真也
3位 ゲガール・ムサシ

 レスナーは久しぶりにプロレス幻想をもたらしてくれたという意味で1位。青木は昨年国内で一番がんばった総合格闘家だと思ったので2位。ゲガール・ムサシは戦績もパーフェクトだったし、大晦日は試合内容もマイクも最高だったので3位。


ベストバウト
1位 ブロック・レスナー vs.フランク・ミア(2.2 マンダレイベイ・イベントセンター)
2位 エディ・アルバレス vs.ヨアキム・ハンセン(5.11 さいたまスーパーアリーナ)
3位 ザ・プレデター vs.ネクロ・ブッチャー(6.23 月寒アルファコートドーム)

 ミアの逆転勝ちに感銘を受けたので1位。レスナーは「負けてなお強し」だったのもプロレス的というか(笑)。2位は言うまでもなく。3位はやられてもやられても起き上がったネクロ・ブッチャーにうっかり感動してしまったので(笑)。


最優秀タッグチーム
該当チームなし

 語れるほどでもないってのもあるのでパス。


新人賞
1位 キング・モー
2位 川田父
3位 泰葉

 キング・モーはデビュー戦のトラヴィス・ビュー戦は入場からフィニッシュまで鮮烈だったし、ファビオ・シウバ戦でもビュー戦がフロックではなかったことを証明したので文句なしの1位。2位と3位はノーコメントで(笑)。


最優秀興行
1位 12.27 UFC 92(MGMグランドガーデンアリーナ)
2位 7.21 DREAM.5(大阪城ホール)
3位 8.15 IGF GENOME6 闘魂BOM-BA-YE(両国国技館)

 1位は3大マッチすべてが名勝負だったし、結末も圧巻だった。「こりゃ日本かなわんわ」と素直に思ってしまったので。2位は青木 vs.宇野、川尻 vs.アルバレス、決勝の青木 vs.ハンセンとトーナメントすべてが面白かったし、その他の試合もハズレが少なかったので。3位は乱闘に巻き込まれたサイモン猪木に敬意を表して(笑)。


最優秀団体
1位 UFC
2位 IGF
3位 マッスル

 DREAMや戦極はズンドコが多かったこと、ハッスルも前年に比べてトーンダウンしたことから、ランクインさせるわけにはいかないと判断し、結果的にこうなりました。


最優秀マスメディア
1位 八百長★野郎
2位 SRS最終回
3位 WOWOWのUFC中継復活

 『八百長★野郎』は昨年出たプロレス・格闘技本の中で一番面白かったのだが、タイトルと表紙がマッスル坂井だったことで敷居が高くなってるのが残念(笑)。SRS最終回は他局で放送している団体名をバンバン出したり無礼講ぶりが良かったので。3位は言わずもがな。

 この投票見てUFCかぶれと思われるのは嫌だなぁ(笑)。個人的には国内の団体に頑張って欲しいのだが。

ブログ名:MMA IRONMAN
URL:http://sadironman.seesaa.net/
posted by ジーニアス at 15:23 | TrackBack(0) | プロレス&格闘技 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
記事検索