2008年10月18日

前田日明「このままでは日本人が絶滅する」/チェ・ホンマン「死にたい」発言の裏側etc.

日本沈没 スペシャル・コレクターズ・エディション
日本沈没 スペシャル・コレクターズ・エディション

 国内のプロ格情報を15本紹介

苫米地英人×前田日明 格闘界に続き政治もぶっ壊す!(前編)(日刊サイゾー)
【前田(以下、前)】 ちょっと前までは、残りの人生30年くらい、自分の老後の準備さえできれば万々歳かなんて思っていたら、去年、48歳にして図らずも子どもができて、未来のことを考えなければいけないと思うようになって。その矢先の参議院選挙で、民主党から「出てくれないか」って打診があったんですよ。そのときは乗り気じゃなかったけど、ちょうどその頃、年金とか、いろんなことへの問題意識はあったから、応援演説だけは引き受けたんですよ。そこで、自分なりに勉強して、ある程度データなんかも覚えて、有権者の前でしゃべった。そしたら、立候補者たちにまで、「いや~、前田さんの演説は、専門的だし、内容がありますね」と驚かれて。

【前】 環境汚染とか食料汚染とか。それを読んで驚いたのが、今、日本人の体が環境汚染の影響で、ひどいことになっているということ。たとえば、日本人の体から検出される化学物質の量って、世界一なんですよ。アルツハイマー病の発症率も世界ナンバー1。アレルギーの発症率も日本が一番ですよ。不妊治療の受診率も、日本は右肩上がりで世界一です。そういう情報がいっぱい出てくるんですよ。他にも、妻が妊娠したとき、病院に行ったら、30歳以上の妊婦がいっぱいいて、そのうち自然に妊娠した人は10人中3~4人ぐらいで、あとは何かしらの不妊治療を受けてるっていう話とかを聞いて。極端な話、このままだと、日本人はいずれ絶滅しますよ。

 こりゃ次の参院選に出馬ですかね。

チェ・ホンマンが批判される三つの理由!! 「死にたい」発言の裏側(kamipro.com)
このホンマンの記事を受けて、格闘技ニュースサイトMFIGHTは10月13日に「チェ・ホンマンが批判されるには、三つの理由がある」という記事を掲載。一つ目の要因として、「ホンマンの試合スタイル」を挙げ、“巨人ファイター”ホンマンの「動きの遅い試合に不満が集まっている」としている。また二番目の理由として、07年11月に歌手デビューしたことを例に挙げ、「ホンマンには“浮気心”がある」と指摘。韓国では「運動に集中せよ」という意見が多いのだとか。三つ目は「ホンマンの行動は矛盾している」と指摘。昨年6月の『K-1 Dynamite!! USA』で、カリフォルニア州アスレチック・コミッションが脳腫瘍の問題で出場許可を出さなかったことについて、ホンマンは「私の健康は1パーセントの異常もない」とコメントした。にもかかわらず、今年の4月に軍入隊すると、すぐにその脳腫瘍を持ち出して兵役免除となり、9月にはK-1ソウル大会に出場したことを指摘している。この記事では、最後に「いまのホンマンに必要なのは“建設的な批判”」と結論付けている。しかし、脳腫瘍除去術からの復帰戦で奮闘したにもかかわらず、こういったメディアの指摘を受けてしまうことが、ホンマンの「死にたい」発言につながっているのかもしれない……。ホンマンが心から笑える日は来るのか?

 なんかここまで来たら、何をやってもバッシングされそうな気がするなぁ。

格闘技界からグラビア界へドーピングが回ってきた?(探偵ファイル)

 これはいろんな意味でヤバイ記事。引用は自粛します。リンク先でお確かめ下さい。

八百長問題とリーマンショック(アントニオ猪木の闘言)
 いつまでこの状況が続くか? 日本にしろ、どこも問題だらけだよ。結局、これだけ日本がサブプライムローンを買ってるなんて思ってなかったんだろう。日本だってアメリカに言われたら、従わざるを得ないという関係があるんだし。薄々わかっていながら、何度も言うように、かつての裏取引があって逆らえない。まさに八百長だよな、それじゃあ。

 そう考えると、もしかしたら世の中は八百長ばっかりで、一番健全な世界なのはプロレス界なのかもしれないぜ、ンムフフフ。

 こんなこと言えるのは猪木ならでは。

UFC社長、ダナ・ホワイトが激白 - 「UFCを最終的にはオリンピック競技にしたい!」(News2u.net)

 基本的にマイコミジャーナルの記事と内容はほとんど同じ。結局この日本向けのリップサービスを真に受けたマスコミが五味やKIDの参戦を信じてしまったと。

柔道石井の無難あいさつに祝勝会拍子抜け(日刊スポーツ)
 北京五輪の柔道男子100キロ超級で金メダルを獲得した石井慧(21=国士舘大)が17日、大阪市内のホテルで母校清風中の開いた祝勝会に出席した。壇上では「応援していただきありがとうございました。これからも努力して頑張っていきますので応援よろしくお願いします」と“無難”にあいさつ。奔放な発言を期待していた? 約1000人の出席者からは逆に拍子抜けのざわめきが起きた。

 終了後の会見では柔道以外の質問は禁止された。今後の目標を聞かれると「疲れているので試合のことは考えてない。目標はないです」と言葉を選びながら答えていた。

 すっかり“牙の抜けた虎”状態に。

「現時点でも優勝できます」テイシェイラが強気発言(FEG)

【ケージフォース】9・27美木VS堀の裁定に関して説明&地上波放映決定(GBR)

【ZST】11・23ZST4兄弟が復活!今成&所がベルトを賭けて矢野&横山と激突(GBR)

11.8『BUSHIDOリトアニア』に、ZSTから現役高校生らが参戦!(kamipro.com)

DEEPには必ず戻りたい 週刊ワオ木真也(kamipro.com)

謎の団体が田中の敗戦に激怒、ZERO1-MAX壊滅へ本格始動か(スポーツナビ)

なぜだ? マッスル坂井が、タワーレコードのトークショウで幽霊退治!?(kamipro.com)

栃木100%! 10.26栃木大会に向けて、あなたも一緒にトッチギ、トッチギ!!『Road to栃木大会』特集ページスタート★(ハッスル)

大相撲の「八百長」疑惑 「あいまいでいい」という声も(J-CAST)

▼人気blogランキング
posted by ジーニアス at 05:34| Comment(6) | TrackBack(0) | K-1 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
中村もお薬ほっしぃの~ってK氏から回して貰ったんですかね
Posted by 333 at 2008年10月18日 09:54
今回の相手がハリだっただけに余計遅く感じられたのかもしれないけど、ホンマンまぁ強豪と積極的に試合するのに対して
ヌルはなかなか強豪とやらず、安全パイ選んだり、モデルだ歌手だリポーターetcとあれだけ副業してホンマン以上の浮気者なのにマイケル・ジャクソン級の人気があるのに…。
動きが遅いとか歌手デビューして浮気者と、実際は理由なんてなんでもよくて、ただ単に、嫌いな奴って何やっても気に喰わないから、何やっても批判したいだけなんですよね。
Posted by ずんやす at 2008年10月18日 10:27
>333さん
ノーコメント(笑)。

>ずんやすさん
兵役問題でミソをつけたこともありますが、根底にはホンマンが親日家だからという説もありますね。だとしたら残念です。
Posted by ジーニアス at 2008年10月18日 10:53
探偵ファイルですか・・・・w
Posted by n at 2008年10月18日 14:48
ホンマンの兵役免除って、身長、体重が
オーバーしてたからじゃなかったでしたっけ?
戦極のヤツはどうなんですかねえ。PRIDEの時の
現代のようなネガティブキャンペーンじゃないんでしょうか。もうそういうのは勘弁して欲しいですね。
Posted by ryu at 2008年10月18日 17:53
>nさん
話半分どころが4分の1以下だと思った方がいいでしょう。本当にあのグラドルとセ●レだったら少しうらやましいけど(笑)。

>ryuさん
身長、体重の基準が変わったせいで混乱を招くことになったんですよ。前の基準だったら100%免除でした。
Posted by ジーニアス at 2008年10月18日 23:35
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索