2008年10月04日

ティト・オーティズ、手術により復帰戦は来春以降/キンボ・スライスがヒョードル戦の可能性について語るetc.

手術数でわかる いい病院2008
手術数でわかる いい病院2008

 海外情報を6本紹介

Friday Afternoon Notes: Weigh-in Drama, Tito Ortiz Out Until Spring 2009, And More(MMARated.com)

 基本的にEliteXCの公開計量のレポートなのですが、記事の最後に以下のくだりが。

* On a side note, we shot an interesting interview with Tito Ortiz in which he told us that he is having the same kind of back surgery that put Nate Quarry on the shelf and he hopes to return to competition in the Spring of 2009. He has yet to sign with anyone but he kept talking about EliteXC so, you know, basically he hasn't signed with anyone yet.

(変訳)
・本題から外れますが、我々はティト・オーティズから興味深い話を聞きました。彼は、ネイサン・クォーリーがしたのと同様の背中の手術を受けると言い、2009年の春には復帰したいと我々に話してくれました。彼はまだどの団体とも契約はしていませんが、EliteXCとの交渉は続いていると言いました。基本的に彼はまだどことも契約してません。

 ネイサン・クォーリーは長年の現役生活で背中に慢性的な痛みを抱えたことから2006年6月に手術をし、2007年9月に復帰戦をしています。ティトにも同様の症状があるということでしょう。ところでティトって先月の時点で「今月中に契約する団体を決めたい」って言ってたんですけど…(苦笑)。


Kimbo chats with GRACIEMAG.com(GRACIEMAG)

 GRACIEMAGの記者がキンボ・スライスにインタビュー。一部を変訳。

What do you think of the partnership between Affliction and EliteXC?

We’re going to grow a lot, and that will be awesome, really good for the sport.

Do you think a fight with Fedor Emelianenko might end up happening as a result of this partnership?

Man, I have great respect for Fedor. I’ve been keeping up with his fighting for a long time. Fedor is the best right now, I love watching him fight.

Would you be prepared to face Fedor?

First I hope I can beat Ken, I’m focused on that. I have a long road ahead, and I need to train a lot to be able to fight such a talented and skillful fighter as Fedor. But a fight is a fight and anything can happen. Know what I’m saying? What I know is I’m ready to fight anybody.

(変訳)
ーーAfflictionとEliteXCの提携についてどう思いますか?

キンボ:俺たちは物凄い勢いで躍進するんじゃないか。この業界にとっても良いことだと思うぜ。

ーー今回の提携により、あなたとエメリヤーエンコ・ヒョードルとの対戦が実現すると思いますか?

キンボ:俺はヒョードルのことを凄くリスペクトしてんだぜ。ずっと彼の試合を見続けてきたからな。彼の試合を見るのは大好きだし、ヒョードルは現時点でベストだろうな。

ーーヒョードルと対戦する準備は出来ていると思いますか?

キンボ:まずはケン(・シャムロック)を倒すことが先決だし、それに集中する。この先長い道のりがあるわけだし、俺はヒョードルのように優秀でスキルの高いファイターと戦うための練習をする必要がある。だが、勝負は勝負だし、何が起きてもおかしくない。俺が何を言いたいか分かるか? 俺は誰とでも戦うつもりだということさ。

 キンボはヒョードルのことを尊敬していた。


Affliction VP: Fedor Emelianenko not fighting on New Year's Eve(MMAjunkie.com)
(変訳)アフリクション副社長:ヒョードルは大晦日には戦ってません

 記者会見で改めて明言。ヒョードルの対戦相手についてはジョシュに断られたので検討中であることを認めています。ま、アルロフスキーがロイ・ネルソンに勝ったら決まりなんでしょうけど。


Chiappetta reveals Affliction-GB Future, UFC 92 Additions(MMAPayout)

 こちらによると、11月8日のEliteXCにもAfflictionの選手が参戦予定なのだとか。いっそのこと派遣会社になった方がいいのでは?(苦笑)。


Exclusive: Coleman is "two-faced", says Shogun(Fighters Only)
(変訳)特ダネ:コールマンには“二面性”があると、ショーグンは言います。

“Mark Coleman is two-faced. When I broke my arm whilst falling during our previous fight, he was very nice to my face.

“But then after the fight I heard that behind my back he was saying bad things about me. For that reason, this fight is personal.”

(変訳)
「マーク・コールマンには二面性がある。前回の試合で俺がヒジを脱臼した時、彼はやさしい表情で俺を気遣ってくれた。

 ところが、試合後に聞いた話によると、俺の陰口をたたいてたというんだな。そんな理由もあってこの試合は個人的な戦いなんだ」

 「俺との再戦を逃げ続けた」に続く第2弾ですね(笑)。こういう遺恨が深まる展開は個人的に好きです。


Billboard Rec Sports DVD Chart - 10/11/08(MMAPayout)

 ビルボードの今週のスポーツDVDチャートで興味深い結果が。

1 WWE: The Life And Times Of Mr. Perfect
2 WWE: Summerslam 2008
3 2001 FedEx Orange Bowl National Championship
4 WWE: The Rock: The Most Electrifying Man In Sports Entertainment
5 UFC 84: Ill Will
6 Pride Fighting Championships 32: The Real Deal
7 UFC: The Best Of Fight Night Live
8 WWE: Nature Boy Ric Flair: The Definitive Collection
9 WWE: WrestleMania XXIV
10 WWE: Twist Of Fate: The Matt & Jeff Hardy Story

 なんと、6位にPRIDE.32がランクイン。これは快挙。

▼人気blogランキング
posted by ジーニアス at 12:51| Comment(3) | TrackBack(0) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
prideがまだアメリカンにも需要があるとは、
ダナさんお願いしますよ。
ショーグンの勝ち姿が久しぶりに見たいので来た!
キンボ・スライスヒョードルとは戦わないほうが。
Posted by ryu at 2008年10月04日 16:01
アフリクション関係者としては、興行がうまく行っているという為にも、何がなんでも1月に開催する!って言いたいんでしょうね。
実際はかなり厳しいかと…
ヒョードルもこんな状態ならDynamite!に出た方がいいのでは?
アメリカだとUFCが潰しにかかりますからね。
でも、呼ぶのにお金かかるだろうなあ…
Posted by 攘夷 at 2008年10月04日 16:42
>ryuさん
DVDを買っちゃうくらいディープな層には人気高いんでしょうね。

>攘夷さん
資金調達はアフリクションも厳しいと思いますよ。
Posted by ジーニアス at 2008年10月05日 00:44
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索