2008年07月31日

ランペイジの復帰戦の相手はヴァンダレイ・シウバか/ゲイリー・ショー、EliteXC代表を辞任etc.

King of the Cage: Kotc - Rampage Birth of Champion

 海外情報を6本紹介

Report: Rampage Jackson splits with Juanito Ibarra; UFC looking towards November fight with Silva(Five Ounces Of Pain)

 クイントン“ランペイジ”ジャクソンがトレーナー兼マネージャーであるファニート・イバラを解任していたことが判明。良き相談相手で「俺の人生を変えてくれた人」と言っていただけに残念。また、精神鑑定等の結果次第ですが、UFCは11月にランペイジvs.ヴァンダレイ・シウバを計画しているとのこと。言うまでもなくランペイジはPRIDEでの2度の敗北をレフェリーのせいだと主張しており、最近も「アイツのことは全然怖くない」「アイツは俺と目が合ったのに反らした」などと挑発しまくっています。遺恨マッチが実現したら面白いですが、現状ランペイジがベストの状態で戦えるとはとても思えないだけに・・・。


Elite XCs Gary Shaw and Doug DeLuca resign and become consultants(MMAmania)

 EliteXC代表のゲイリー・ショーとProElite CEOのダグ・デルーカが共に辞任。両者共今後は相談役に就任するそうなので関係が切れるわけではありません。しかし、ダナ・ホワイトとゲイリー・ショーの舌戦はある意味名物だったので(笑)、それが聞かれなくなるのなら残念です。


TITO ORTIZ NOT YET SIGNED TO AFFLICTION(MMAWeekly)

 アメリカのYahoo! Sportsが独占スクープしたティト・オーティズ vs.レナート・ババル情報ですが、Affliction副社長トム・アテンシオが「まだ契約はしていない」とコメント。契約上、8月3日までティトと交渉することはできないとのこと。現時点で「内定してるよ」なんて言ったら問題だからこうコメントしている感じですね。


European Throwdown: Notes from Iberia to Siberia(Sherdog)

 ヨーロッパ最大の衛星&ケーブルテレビ局であるEurosportがDREAMの放送を開始するとのこと。同局はすでにK-1とK-1 MAXを放送しているのですんなり決まったようです。


Former UFC contender Gan "The Giant" McGee coming out of retirement(MMAjunkie.com)

 2004年のPRIDE GPでのセーム・シュルト戦を最後に引退していたガン・マギーが復帰。XFCという団体で9月13日に復帰戦をするそうです。


IFL Champ Miller To Make UFC Debut Against Rob Kimmons(FightLine)

 UFCと契約したIFLミドル級王者ダン・ミラーの初戦は9月17日のUFN 15に。対戦相手はロブ・キモンズになるとのこと。

Rob Kimmons(SHERDOG FIGHTFINDER)

 ロブ・キモンズの戦績はこちら。
posted by ジーニアス at 01:44| Comment(4) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
DREAMがヨーロッパでも放送されるのはいいことですね
K1の地方大会などにDREAMの試合を2,3試合入れていけば人気が出そう
Posted by こういちベタス at 2008年07月31日 11:45
こういう活動でIt's show timeみたいな興行が増えればいいですね。
Posted by アイ at 2008年07月31日 12:44
できればシウバもジャクソンもUFC勢との試合が見たいですね。
Posted by よし at 2008年07月31日 15:20
>こういちベタスさん
以前のMAXはMMAマッチも入れてましたが今は難しいでしょうね。

>アイさん
オランダはあまりMMA人気が高くないようなので、これで上がってくれば面白いですね。

>よしさん
しかし、この遺恨は精算してほしいです。
Posted by ジーニアス at 2008年07月31日 21:28
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索