2008年06月09日

青木真也が永田克彦に嫉妬した理由/谷川さん、K-1の会見なのに秋山について熱弁etc.

青木真也 跳関十段2
青木真也 跳関十段2

 国内外の小ネタを18本紹介

青木が結婚式直前永田を「うらやましい」(日刊スポーツ)
 DREAMライト級GP2回戦(15日、横浜アリーナ)に進出した青木真也(24=パラエストラ東京)が、対戦相手の永田克彦へのジェラシーを告白した。9日、都内のジムで公開練習。永田が試合の2週間後に結婚式を挙げることを聞くと「うらやましい。ぼくも素直に結婚したい」と胸の内を明かした。ただ、試合に関しては「120%をぶつけて1本勝ちしたい」と気合を込めた。

 永田さんに言われますよ。「攻めたのか?」って。

谷川EPも納得の6.29 K-1福岡の全カード決定!! なぜかK-1の会見で“魔王”秋山の話題沸騰!?(kamipro.com)

 噂通りシュルトvs.バンナやるんですね。そしてバンナは7月にミルコと・・・。やっぱ無理があるような。

「コンサートで秋山君は、メチャクチャ大人気だったらしいよお! 会場に5万人の客が来て、入りきらない2万人の客が会場の外にいてさ、バックステージになだれ込んで将棋倒しに人が倒れて大変だったんだって」と、凄い盛り上がりとなったコンサートの状況を説明。

続けて「その中で秋山君は、堂々とした歌いっぷりで、K-1の映像もふんだんに使われて大人気だったらしいよ! みんな歌だけなのに、秋山君だけは、ちゃんとマイクでのあいさつが許されてて、特別待遇だったらしいよ。いま、秋山君の曲は韓国のチャートで一位ですよ! 彼は腹立つぐらい歌がうまいんだよなあ。大観衆の前でも全然緊張しないし」と、K-1 GPのことはすっかり忘れて、韓国での秋山人気について熱弁をふるったのだった。

 K-1専念宣言をしながらDREAMのことが気になってしょうがない谷川さんでした。

秋山成勲、ドリームコンサートで初のライブ舞台(中央日報)
 異種格闘技選手の秋山成勲(秋成勲=チュ・ソンフン)がドリームコンサートで「一つの愛」を歌い、歌唱力を見せた。

 秋山は8日、録画放送されたドリームコンサートで「一つの愛」を熱唱した後、「このように舞台で会えるのは本当にうれしい。格闘技選手なので歌はまだ足りないところがあるが、心を込めて歌った」と話し、大きな拍手を受けた。

 大人気だったようで。

ショック! ミルコ、『DREAM.4』を緊急欠場! ケガの原因はギルバート・アイブルとのガチスパー!!(kamipro.com)

 正式発表。「グラップリングマッチって、なんだよそれ!」と思っていた人も、いざ中止となるとガッカリなのでは。

日本での発表が遅れたことと、海外でミルコの欠場が報道されたことについては、ミルコは最後まで出場する意思があり、説得に手間取ったこと、そしてミルコが治療に行っていたクリニックでクロアチアのスポーツ記者に見つかってしまい、ニュースで報道されてしまったと説明した。

これを受けて、笹原EPは「結果的にドクターストップで欠場ということです。まずは、この試合を楽しみにしていたファンにはお詫びを申し上げたい。ミルコ選手の次の試合に関しては、ケガの治り具合を見て決めたい。早ければ7月に出てもらえれば」とコメント。

今井氏は「今回の試合が通常のDREAMの試合であれば、ミルコは試合をしていたと思います。ただ、今回はグラップリングの試合なので、両腕が使えないことには、相手が柔術の黒帯なので、どうしようもない。ただ、本人の頭の中では、予定通り7.21『DREAM.5』は出るつもりでいるでしょう」と説明。

 DREAM.5には間に合いそうか。バンナもシュルト戦から3週間後になるし、お互いにベストとは程遠いコンディションでやることになりそう。

和術慧舟會東京本部の守山竜介代表が死去(BoutReview)

 遅ればせながらご冥福をお祈りします。

三崎、左足首の靱帯断裂もトリッグ戦に意欲!! 菊田はグレイシー狩りに怪気炎!!(kamipro.com)

 三崎はそんなに重傷だったのか。マイクなんてやってる場合じゃなかったはずだ。そういえばフランク・トリッグは第三陣に出ることを示唆してたことありましたね。

今週の本棚・MAGAZINE:『ゴング格闘技 7月号』(毎日新聞)

 毎日新聞にゴン格が紹介されてる。

KICK:きっかけは合コン!美女と熱愛(毎日新聞)

 K-1の応援にも来そうだ。

格闘技教室 9・14は国立トレセンで開催(デイリー)

 高田道場のやつです。

コンドームつけコブラと格闘、両者相討ち(newsclip.be)

 なんだこりゃあああ!!! しかし、結末を読むと笑えません・・・。

亀田兄弟は新ジムで独立へ 協会預かりの申請は却下(スポーツナビ)

 TBSは亀田離れが進んでいるそうで。

コンサ、猪木が闘魂注入…8日柏戦(スポーツ報知)

 札幌でなりふり構わず営業する猪木。他団体も見習うところはあるかも。

未知の強豪ウォーパスがクールなコメントを添えて参戦=IGF(スポーツナビ)

 なにげにDynamite!! USAにも出ているから全く「未知の強豪」というわけじゃないでしょう。おそらくFEGのブッキングでしょうね。

『ハッスルGP2008』の出場者第一弾を発表!! 7・16福岡での一回戦・豪華2試合が早くも大決定だ!!(ハッスル)

 ボノちゃんvs.天龍、サップvs.シンが決定。

ヒマでモテないプロレスマスコミpresents ありがとうインリン様!! そして、いざ『ハッスルGP2008』!!!(ハッスル)

 恒例企画です。

西村修が充電、母校で映画鑑賞会(日刊スポーツ)

 よりによって鑑賞した作品は「いかレスラー」(笑)。

ドウェイン・ジョンソン、プロレスラー“ザ・ロック”訣別宣言(eiga.com)
 「私はそのニックネームと共に全てを築いてきたことを承知しているが、そのネームバリューなしに何かもっと多くのことが出来ないものかずっと模索してきた。(私の名前が)“ザ・ロック”からドウェイン・“ザ・ロック”・ジョンソンへ、そしてドウェイン・ジョンソンへと変わるのは自然の成り行きなんだ」と語った。

 残念です。

【なにやっ10】アニキvs権田トレーナー(サンスポ)
 6月4日、楽天戦を控えたKスタ宮城。いつものように一塁前でストレッチを行う主砲の横に立つと、アニキの攻撃が始まった。寝転がった状態で両ふくらはぎにローキックが繰り出される。それを的確にガードし、ステップを踏む権田トレーナー。アントニオ猪木対モハメド・アリの一戦と同じ構図だ。いつもであれば、猪木にふんした金本の勝利のはず。ところが、ローを放った鉄人の左足をアリ権田がキャッチ。蝶のように舞い、蜂のように刺す-。アリが宿ったような早業でそのまま、アキレス腱固め!! とはさすがになるわけない…。

 もう大晦日に参戦するしかない?
posted by ジーニアス at 23:14| Comment(5) | TrackBack(0) | DREAM | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。いつも拝見させていただいています。

とうとう、ザ・ロック決別宣言しましたか……。ロックは大好きだったけど、俳優ドゥエインはワン・オブ・ゼムですからねえ……。残念です。
Posted by あっきゅん at 2008年06月10日 00:38
谷川氏の秋山Loveはとどまる事を知らないようで…。
Posted by ニシ at 2008年06月10日 02:25
ジーニアスはん、まいど!

いつもみてまっせ!ウォーパスは今回の記事見て
思い出しましたわ。たしかおかしなのいてたなあ。
あとアイブルのキャラ勿体無いと思わへんか?
IGFとはいわん、IGFに来てくれ!(笑点)

ほなな。
Posted by つるじょあ at 2008年06月10日 06:25
何故おっちゃんがここに!?
ジーニアス氏とはイデオロギーが対極のような気が
するのだが・・・w
Posted by LUPIN at 2008年06月10日 21:05
>あっきゅんさん
“ロック魂”は忘れて欲しくないですね。

>ニシさん
分かりやすい人です。

>つるじょあさん
プロレスはやりたくないのかもしれません。

>LUPINさん
私はどことも争っているつもりはないです。
Posted by ジーニアス at 2008年06月10日 21:28
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索