2024年01月22日

『TOP BRIGHTS.1』試合結果

EASY FIGHT [ 堀口 恭司 ]


TOP BRIGHTS MMAマッチ

第5試合 ウェルター級 5分3R
○グレイソン・チバウ[Gleison Tibau](ブラジル/アメリカン・トップチーム)
×ビュレンゾリック・バクムント[Burenzorig Batmunkh](モンゴル/チーム・ファイター)
判定2-1 (高本28-29/小池29-28/山崎29-28)

第4試合 フェザー級 5分3R
×松嶋こよみ(パンクラスイズム横浜)
○カルシャガ・ダウトベック[Karshyga Dautbek](カザフスタン/タイガームエタイ)
1R 4’41” TKO (レフェリーストップ:左肘打ち→グラウンドパンチ)

第3試合 ライト級 5分3R
○ダニエル・ドンチェンコ[Daniel Donchenko](ウクライナ/タイガームエタイ)
×ハン・サングォン[Han Sang Kwon](韓国/キム・デファンMMA)
2R 0’01” TKO (ドクターストップ:左縦肘打ちによる眉間のカット)

第2試合 フェザー級 5分3R
○ベン・ロイル[Ben Royle](英国/プーケット・グラップリング・アカデミー)
×ウィ・ジョンウォン[Wi JeongWon](韓国/ナミャンジュ・チーム・フィニッシュ)
1R 1’01” 裸絞め

第1試合 バンタム級 5分3R
―コシェン・アカノフ[Koshen Akanov](カザフスタン/トベト・トップチーム)
―キム・ジュンソク[Kim JunSeok](韓国/キム・デファンMMA)
1R 1’36” ノーコンテスト
※アカノフが公式計量3.2kgオーバー。各ラウンド減点2、ファイトマネーの一部をキムに譲渡。アカノフが勝った場合はノーコンテスト。試合はアカノフが三角絞めでタップを奪った。

ムエタイ 日本 vs. タイ対抗戦

第5試合 大将戦 スーパーフライ級 3分3R
○名高・エイワスポーツジム[吉成名高](エイワスポーツジム/ラジャダムナン認定スーパーフライ級暫定王者・同フライ級王者、プロムエタイ協会・WPMF世界・BOM同級王者、WBCムエタイ・ナイカノムトム・スーパーバンタム級王者、元ルンピニー&ラジャダムナン認定ミニフライ級王者、元WBC・IBF・WMCムエタイ世界同級王者)
×ジャオクントーン・ソーペッチタワン[Jyaokhunthong Sor.Petchtawan](タイ/タイ北部53kg級王者、ムエサヤーム北部52.5kg級王者)
1R 1’28” KO (左フック)

第4試合 副将戦 スーパーフライ級 3分3R
○石井一成(ウォーワンチャイ・プロモーション/BOM・WBCムエタイ・WPMF世界スーパーフライ級王者、IBFムエタイ世界フライ級王者、元WPMF世界・True4U・KNOCK OUT同級王者、元プンパンムアン・ミニフライ級王者)
×ナンペット・チョーチャンピオン[Nampetch Chor. Champion](タイ/タイ東部53kg級王者、ムエタイマラソントーナメント53kg級優勝)
1R 1’54” KO (右バックスピンキック)

第3試合 中堅戦 ライト級 3分3R
○羅向[らむ](ZERO/NJKF&WMC日本ライト級王者)
×ペッチブラパー・チョンブリーアートムエタイ[Petchburapa Chonburiart Muaythai](タイ/True4uライト級5位、チョンブリー認定スーパーフェザー級王者)
1R 2’40” TKO (3ダウン:左膝蹴り)

第2試合 次鋒戦 女子アトム級 2分3R
○伊藤紗弥(尚武会/WBCムエタイ&WMC世界女子ミニフライ級王者、BOM女子ライトフライ級王者、IPCC世界女子アトム級王者、元WPMF世界女子ピン級王者)
×サネーガーム[サネガン]・カムナンチェットムアンチョン[Sanehngaam Kamnanchetmuangchon](タイ/プロムエタイ協会女子ピン級&アトム級王者)
判定2-1 (大成28-29/シン29-28/ゲンナロン28-29)

第1試合 先鋒戦 フェザー級 3分3R
○朝陽・PKセンチャイムエタイジム[品川朝陽](PKセンチャイムエタイジム/BOM・IPCC世界・IMCインターナショナル・フェザー級王者、元WBCムエタイ世界&ルンピニー日本スーパーバンタム級王者、元ムエサイアムイサーン・バンタム級王者、元MA日本フライ級王者)
×スラサック・クルーダムジム[Surasak Krudam Gym](タイ/ムエタイマラソントーナメント57kg級2年連続優勝)
2R 2’04” KO (右ローキック)

 遅ればせながら、1月21日にオープンハウスアリーナ太田 メインアリーナ(群馬県太田市総合体育館)で開催された『TOP BRIGHTS.1』の試合結果。MMAマッチはグレイソン・チバウがビュレンゾリック・バクムントに判定勝ち。松嶋こよみはカルシャガ・ダウトベックに1R TKO負け。ムエタイ 日本 vs. タイ対抗戦は日本が全勝しています。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内格闘技 | 更新情報をチェックする

2024年01月21日

『UFC 297』ドリカス・デュ・プレシ vs. ショーン・ストリックランド他スプリットデシジョンだった試合のジャッジの採点/主要サイトの採点

スプリット(4K ULTRA HD + Blu-rayセット)【4K ULTRA HD】 [ ジェームズ・マカヴォイ ]


 『UFC 297: Strickland vs. du Plessis』はスプリットデシジョンの試合が4試合もありました。ジャッジの採点と主要サイトの採点を紹介していきます。


Dricus Du Plessis defeats Sean Strickland(MMADecisions)

 ドリカス・デュ・プレシ vs. ショーン・ストリックランドのジャッジの採点。Derek ClearyとEric Colonが1,5Rストリックランド、2,3,4Rデュ・プレシで48-47デュ・プレシ勝利。Sal D'Amatoが1,3,5Rストリックランド、2,4Rデュ・プレシで47-48ストリックランド勝利でした。

 主要サイトの採点は48-47デュ・プレシ支持13人、47-48ストリックランド支持9人、46-49ストリックランド支持1人でした。


Chris Curtis defeats Marc-Andre Barriault(MMADecisions)

 クリス・カーティス vs. マーク・アンドレ・バリオーのジャッジの採点。Declan WoodsとEric Colonがフルマークでカーティスで30-27カーティス勝利。Derek Clearyが1Rカーティス、2,3Rバリオーで28-29バリオー勝利でした。

 主要サイトの採点は29-28カーティス支持14人、28-29バリオー支持4人でした。


Sean Woodson defeats Charles Jourdain(MMADecisions)

 ショーン・ウッドソン vs. チャールズ・ジョーデインのジャッジの採点。Declan Woodsが1Rジョーデイン、2,3Rウッドソンで29-28ウッドソン勝利。Derek Clearyが1,2Rウッドソン、3Rジョーデインで29-28ウッドソン勝利。Patricia VanderMeerは1,2Rジョーデイン、3Rウッドソンで28-29ジョーデイン勝利でした。

 主要サイトの採点は30-27ウッドソン支持3人、29-28ウッドソン支持10人、28-29ジョーデイン支持1人でした。


Ramon Taveras defeats Serhiy Sidey(MMADecisions)

 ラモン・タヴェラス vs. セルヒー・シディのジャッジの採点。Derek Clearyが1Rタヴェラス、2,3Rシディで28-29シディ勝利。Eric Colonが1,2Rタヴェラス、3Rシディで29-28タヴェラス勝利、Saleem Haniffが1,3Rタヴェラス、2Rシディで29-28タヴェラス勝利でした。

 主要サイトの採点はなんと21人全員が28-29シディ支持でした。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 16:46| Comment(2) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする

『UFC 297: Strickland vs. du Plessis』パフォーマンスボーナス

競技者・指導者のためのウエイトトレーニング大全 パフォーマンスが劇的に向上! [ 片井 忠 ]



 UFCが『UFC 297: Strickland vs. du Plessis』のパフォーマンスボーナスを発表。

▼ファイト・オブ・ザ・ナイト
・ショーン・ストリックランド vs. ドリカス・デュ・プレシ

▼パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト
・ジリアン・ロバートソン、ジャスミン・ジャスダヴィシアス


 4選手には各5万ドルのボーナス。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする

フランク・エドガーがUFCホール・オブ・フェーム入り(動画)

殿堂入りレシピも大公開!クックパッドのラクうま!節約おかず (扶桑社ムック) [ クックパッド株式会社 ]


 『UFC 297: Strickland vs. du Plessis』の速報でも紹介しましたが、フランク・エドガーのUFCホール・オブ・フェーム入りが発表されています。



 ホール・オブ・フェーム紹介動画。授賞式は例年通りインターナショナル・ファイトウィーク期間中に行われます。

フランク・エドガー(Wikipedia)

 エドガーについてはこちらを参照。元UFCライト級チャンピオン。フェザー級、バンタム級と3階級で活躍しました。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 16:01| Comment(1) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする

2.17『UFC 298』中村倫也の対戦相手がカルロス・ヴェラに変更

GONG格闘技 2024年 3月号 [雑誌]


続報・風間敏臣、3.16 UFCラスベガス大会シャラランポス・グリゴリオウ戦を断っていた(2024年01月11日)

2.17『UFC 298: Volkanovski vs. Topuria』中村倫也と対戦予定だったブレイディ・ヒースタンドが欠場(2024年01月12日)

 こちらの続報。


Carlos Vera(Sherdog)

Carlos Vera(Tapology)

 2月17日にカリフォルニア州アナハイムで開催する『UFC 298: Volkanovski vs. Topuria』で中村倫也と対戦予定だったブレイディ・ヒースタンドが欠場、代わりにカルロス・ヴェラが中村と対戦することをMMAJunkieが確認したとのこと。ヴェラは現在36歳のアメリカ人でMMA戦績11勝3敗。昨年開催された『TUF 31』に参加しており、準々決勝でブラッド・カトーナに判定負けしています。今回がUFCデビュー戦。


 また、3月16日にネバダ州ラスベガスで開催するFight Nightシリーズの大会で風間敏臣と対戦すると見られていたシャラランポス・グリゴリオウは代わりにチャド・アンヘリガーと対戦するとのこと。アンヘリガーは11月の『UFC Fight Night 232: Allen vs. Craig』でホセ・ジョンソンに3Rリアネイキッドチョークで敗れて以来の試合で2連敗中。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする

ラッパーのドレイク、『UFC 297: Strickland vs. du Plessis』でショーン・ストリックランドの勝利に70万ドル(1億370万円)賭ける

【輸入盤】 Drake ドレイク / Scorpion (2CD) 【CD】


 ラッパーのドレイクが『UFC 297: Strickland vs. du Plessis』で行われるショーン・ストリックランド vs. ドリカス・デュ・プレシのミドル級タイトルマッチで、ストリックランドの勝利に70万ドル(約1億370万ドル)賭けたことを自身のSNSで公表。今回はKOや判定に関係なく勝利すれば大丈夫です。ストリックランドが勝利すれば137万9000ドル(約2億429万円)の払い戻しとなりますが、果たして…。

 また、ドレイクは会場であるオンタリオ州トロントのスコシアバンク・アリーナへの来場も予告しています。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 07:31| Comment(0) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする

2024年01月20日

『RIZIN CONFESSIONS』第141回動画

【RIZIN 公式グッズ】RIZIN.45 大会 パンフレット




 『RIZIN CONFESSIONS』第141回の動画。今回は『RIZIN.45』から堀口恭司 vs. 神龍誠、扇久保博正 vs. ジョン・ドッドソン、イゴール・タナベ vs. 安西信昌、伊澤星花 vs. 山本美憂の舞台裏です。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | RIZIN | 更新情報をチェックする

『UFC 297: Strickland vs. du Plessis』前日計量動画/2選手が計量ミス

【ポイント10倍】グロング プロテイン ホエイプロテイン 3kg スタンダード 風味付き ビタミン11種配合 GronG 置き換え ダイエット タンパク質 サプリメント アミノ酸スコア100 美味しい 送料無料


MAIN CARD (Pay-per-view, 10 p.m. ET)

・Champ Sean Strickland (184.75) vs. Dricus Du Plessis (184) – for middleweight title
・Raquel Pennington (134.8) vs. Mayra Bueno Silva (135) – for vacant women’s bantamweight title
・Neil Magny (170.75) vs. Mike Malott (170.5)
・Marc-Andre Barriault (184.5) vs. Chris Curtis (185.25)
・Arnold Allen (145.5) vs. Movsar Evloev (145.75)

PRELIMINARY CARD (ESPN, 8 p.m. ET)

・Garrett Armfield (135.25) vs. Brad Katona (136)
・Charles Jourdain (145.5) vs. Sean Woodson (145.5)
・Serhiy Sidey (135) vs. Ramon Taveras (139.75)*
・Gillian Robertson (115.75) vs. Polyana Viana (115.75)

PRELIMINARY CARD (ESPN+, 6:30 p.m. ET)

・Yohan Lainesse (170.75) vs. Sam Patterson (169.5)
・Priscila Cachoeira (133.5) vs. Jasmine Jasudavicius (133) – moved to bantamweight after initial flyweight contract weight
・Jimmy Flick (126) vs. Malcolm Gordon (127.5)**

 『UFC 297: Strickland vs. du Plessis』前日計量結果。メインカードは全員パス。前座ではセルヒー・シディと対戦するラモン・タヴェラスが139.75ポンドと3.75ポンドオーバー、ジミー・フリックと対戦するマルコム・ゴードンが127.5ポンドと1.5ポンドオーバー。タヴェラスは出場給の30%、ゴードンは20%を譲渡し試合は行われます。




 前日計量動画。


 MMAJunkieスタッフによるメインカード勝敗予想。

・ショーン・ストリックランド vs. ドリカス・デュ・プレシはストリックランド支持3人、デュ・プレシ支持8人。

・ラケル・ペニントン vs. マイラ・ブエノ・シウバはペニントン支持1人、シウバ支持10人。

・ニール・マグニー vs. マイク・マロットはマグニー支持1人、マロット支持10人。

・クリス・カーティス vs. マーク・アンドレ・バリオーはカーティス支持9人、バリオー支持2人。

・アーノルド・アレン vs. モフサル・エフロエフはアレン支持5人、エフロエフ支持6人。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする

2024年01月19日

『UFC 297: Strickland vs. du Plessis』の対戦カードを紹介

VENUM パーカー Laser Evo 2.0 / レーザー・エボ 2.0(ライトヘザーグレー)


 1月20日にカナダ・オンタリオ州トロントのスコシアバンク・アリーナで開催する『UFC 297: Strickland vs. du Plessis』のうち、当サイトで未紹介だった対戦カードを紹介していきます。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする

K-1創始者・石井和義氏がアドバイザーとしてK-1に21年ぶりの現場復帰

空手超バカ一代 【電子書籍】[ 石井和義 ]



 2024年1月19日(金)都内にて、3月20日(水)東京・国立代々木競技場第二体育館で開催される『K-1 WORLD MAX 2024』の記者会見が行われた。

 会見では、K-1創始者で初代プロデューサーある石井和義・正道会館館長がアドバイザーとして就任、2003年以来となるK-1の現場復帰を果たすことが電撃発表された。

 カルロス菊田K-1プロデューサーと共に登壇した石井館長は「自分が立ち上げたK-1なのでK-1が世界のK-1にもう一度戻って欲しいとの想いがあります。世界のK-1になれるような、そうなるためにいろいろアドバイスをしていきたいと思っています」と意気込みを語った。

 石井館長は希代の名プロデューサーだったと思いますし、当時のK-1はダイナミックで面白かったですが、だからと言って「あの頃の夢よ、もう一度」というのは難しそう。今の時代に合った「仕掛け」があるのでしょうか。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | K-1 | 更新情報をチェックする

2024年01月17日

『RIZIN CONFESSIONS』第140回動画

【[レインボーホロ箔] No.01 朝倉海 (レアカード) 】 RIZINウエハース




 『RIZIN CONFESSIONS』第140回の動画。今回は『RIZIN.45』で行われた新井丈 vs. ヒロヤ、元谷友貴 vs. ヴィンス・モラレス、スダリオ剛 vs. 上田幹雄、フアン・アーチュレッタ vs. 朝倉海の舞台裏です。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | RIZIN | 更新情報をチェックする

PFL vs. Bellatorがサウジアラビアで開催される一方で、3.2UFCサウジアラビア大会がUFC APEXに変更

地図でスッと頭に入る中東&イスラム30の国と地域/高橋和夫


2.24サウジアラビアでPFL vs. Bellatorの対抗戦、フェレイラ vs. ベイダー、カサンガネイ vs. エブレン、マゴメドケリモフ vs. ジャクソン、ピネド vs. ピットブルの4大チャンピオン対決が実現(2024年01月17日)

 こちらの続報。


 UFCが3月2日にサウジアラビア・リヤドで予定していたFight Nightシリーズの大会がUFC APEXに変更されることをMMAJunkieが確認したとのこと。会場変更により問題ないカードは全ての対戦カードは予定通り行われます。

Report: UFC Saudi Arabia postponed, possibly until June(MMAJunkie)

 こちらによるとサウジアラビア大会は6月ごろに変更されるとのこと。サウジアラビア側は大会に2000万ドル(約29億5000万円)を支払っており、より注目度の高い好カードを要求していたことから一旦中止されたそうです。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする

4.13『UFC 300』でジム・ミラーとボビー・グリーンが対戦/ミラーは『UFC 100』『UFC 200』に続く出場

キリン 淡麗グリーンラベル 350ml×2ケース YLG


 UFCが4月13日にネバダ州ラスベガスのT-モバイル・アリーナで開催する『UFC 300』でジム・ミラー vs. ボビー・グリーンのライト級マッチを行うことをデイナ・ホワイトが発表。

 ミラーは先週の『UFC Fight Night 234: Ankalaev vs. Walker 2』でガブリエル・ベニテスに3Rリアネイキッドチョークで勝利して以来の試合で2連勝中。2009年7月の『UFC 100』、2016年7月の『UFC 200』に出場していることから『UFC 300』参戦に意欲を見せており、ファンもそれを後押ししていました。

 グリーンは12月の『UFC on ESPN 52: Dariush vs. Tsarukyan』でジェイリン・ターナーに1R KO負けして以来の試合。現在UFCライト級ランキング14位。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 10:33| Comment(2) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする

4.13『UFC 300』でジャスティン・ゲイジー vs. マックス・ホロウェイのBMF王座戦/ホロウェイのライト級マッチは5年ぶり

公式ライセンス UFC マックス・ホロウェイ ソフトジェルケース Apple iPhone 電話 MMA 格闘技 ボクシング キックボクシング 空手 アメリカ スマホケース 全機種対応 グッズ ワイヤレス充電 対応


 UFCが4月13日にネバダ州ラスベガスのT-モバイル・アリーナで開催する『UFC 300』でジャスティン・ゲイジー vs. マックス・ホロウェイのBMFタイトルマッチを行うことをデイナ・ホワイトが発表。5ラウンドで行われますが、メインイベントではないようです。

 ゲイジーは7月の『UFC 291: Poirier vs. Gaethje 2』でダスティン・ポイエーとのBMF王座決定戦で2R KO勝ちして以来の試合で2連勝中。現在UFCライト級ランキング2位。

 ホロウェイは8月の『UFC Fight Night 225: Holloway vs. The Korean Zombie』でジョン・チャンソンに3R KO勝ちして以来の試合で2連勝中。現在UFCフェザー級ランキング1位。ライト級で試合をするのは5年ぶり。前回はフェザー級チャンピオンとして無双していた時代に2019年4月の『UFC 236: Holloway vs. Poirier 2』でダスティン・ポイエーとライト級暫定王座決定戦を行い判定負けしています。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 10:10| Comment(3) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする

2.24サウジアラビアでPFL vs. Bellatorの対抗戦、フェレイラ vs. ベイダー、カサンガネイ vs. エブレン、マゴメドケリモフ vs. ジャクソン、ピネド vs. ピットブルの4大チャンピオン対決が実現

サウジアラビア [ 井田仁康 ]



 PFLが2月24日にサウジアラビア・リヤドでPFL vs. Bellatorの対抗戦が行われることを発表。


Main card (ESPN+ PPV at 3 p.m. ET):

・Renan Ferreira vs. Ryan Bader

・Impa Kasanganay vs. Johnny Eblen

・Magomed Magomedkerimov vs. Jason Jackson

・Jesus Pinedo vs. Patricio Pitbull

・Bruno Cappelozza vs. Vadim Nemkov

・Thiago Santos vs. Yoel Romero

・Clay Collard vs. AJ McKee

Prelims (ESPN News/ESPN+ at 12:30 p.m. ET):

・Gabriel Braga vs. Aaron Pico

・Biaggio Ali Walsh vs. Chris Morris

・Claressa Shields vs. Kelsey DeSantis

・Abdullah Al-Qahtani vs. Edukondal Rao

・Malik Basahel vs. Vinicius Pereira

 ヘナン・フェレイラ vs. ライアン・ベイダー、インパ・カサンガネイ vs. ジョニー・エブレン、マゴメド・マゴメドケリモフ vs. ジェイソン・ジャクソン、ヘスス・ピネド vs. パトリシオ・“ピットブル”・フレイレのチャンピオン対決4試合があり、他にもメインカードにはブルーノ・カッペローザ vs. ワジム・ネムコフ、チアゴ・サントス vs. ヨエル・ロメロ、クレイ・コラード vs. A.J.マッキーといった好カードがラインナップされています。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 09:48| Comment(2) | TrackBack(0) | PFL | 更新情報をチェックする
記事検索