2023年01月06日

2.12『UFC 284』でジャック・デラ・マッダレラとランディ・ブラウンが対戦/ジェイミー・ムラーキーの対戦相手が変更


 UFCが2月12日に西オーストラリア州パースで開催する『UFC 284: Makhachev vs. Volkanovski』でジャック・デラ・マッダレラ vs. ランディ・ブラウンのウェルター級マッチを行うことを発表。

 デラ・マッダレラは11月の『UFC Fight Night 215: Nzechukwu vs. Cutelaba』でダニー・ロバーツに1R TKO勝ちして以来の試合で13連勝中(UFC戦績3勝0敗)。

 ブラウンは10月の『UFC Fight Night 211: Dern vs. Yan』でフランシスコ・トリナルドに判定勝ちして以来の試合で4連勝中。


Francisco Prado(Sherdog)

 同じく『UFC 284: Makhachev vs. Volkanovski』でジェイミー・ムラーキーと対戦予定だったナスラット・ハクパラストが欠場、代わりにフランシスコ・プラドがムラーキーと対戦することをESPNが確認したとのこと。ハクパラストの欠場理由は不明。

 フランシスコ・プラドは現在20歳のアルゼンチン人でMMA戦績11勝0敗。今回がUFCデビュー戦。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする

『LFA 149: Bunes vs. Horiuchi』堀内佑馬の計量ミスでフライ級タイトルマッチがノンタイトル戦に変更

1.6『LFA 149』でフェリペ・ブネス vs. 堀内佑馬のフライ級タイトルマッチ(2022年12月05日)

 こちらの続報。


 タイトル名にある通り、同大会のメインでは堀内佑馬がフィリッピ・ブニスとLFAフライ級王座を賭けて戦う予定だったが、計量失敗でブニスが勝った時のみ新王者が誕生とするという変則タイトルマッチに変更された。

 MMAPLANETでは計量後に堀内にインタビューを行う予定で、時間も決まっていたが、本人から「体重オーバーでタイトルマッチを戦えなくなってしまいました。このような状態でインタビューを受けることはできません。本当に申し訳ありません」というメッセージが届いていた。

 LFAのオフィシャル発表によると、ブニスは125ポンド丁度でクリアー。一方の堀内は126.6ポンドと1ポンドオーバー規約が用いられないタイトル戦を考えると1.6ポンド・オーバーということになる。

 なんとも残念。相手が試合を受けてくれたことに感謝して、ここは切り替えるしかないですね。


 なお、試合は午前11時からUFC Fight Passでライブ配信されます。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする

PFLと契約したジェイク・ポールがネイト・ディアスにボクシングとMMAで1試合ずつ戦うことを提案「お前の土俵でやってやる」

ジェイク・ポールがPFLと契約、2023年にMMAデビュー戦を予定(2023年01月05日)

 こちらの続報。




 PFLと契約したジェイク・ポールが自身のYouTubeチャンネルで以下のコメント。

「俺はすでにボクシングを混乱させたし、今度はMMAを混乱させる番だ。このスポーツはとてもタフで、簡単ではないことも分かっている、ボクシングでできたのだから、MMAでもできるはずだ」

「すでにネイト・ディアスには2試合契約を持ちかけた。まずはボクシング。そして6ヶ月後にPFLのケージでMMAで対戦し、全てを賭ける。これがボールでないなら、何がボールなのか分からない。ネイト・ディアスよ、俺はお前の土俵でやってやると言ってるんだ。2試合契約だ。やろうぜ」

「俺はMMAファイターとしてPFLと正式に契約しただけではなく、新しいPPVスーパーファイト部門の共同創設者でもある。ファイター支援の責任者として、プラットフォームを使用してPFLファイターを売り込み、世界中のファンに紹介していく。PFLをファイターにとって世界で最高の場所にするためにも深く関与していく」

「知っての通り、俺は世界中の全てのファイターの収入を引き上げようとしてきた。この新たなPFLスーパーファイト部門の立ち上げにより、ファイターは収益の50%が受け取れる。みんなも知っているように、UFCでは認められていない真の意味でのファイターとの50対50のパートナーシップは、彼らが個性的であり、独自のスポンサー契約を収益化することさえ可能にする」
続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 18:28| Comment(10) | TrackBack(0) | PFL | 更新情報をチェックする

続報・堀口恭司が新団体立ち上げ発表「他団体と話はついています」「旗揚げ戦は夏、秋ぐらいを目処に」

GONG格闘技 2023年3月号


ゴング格闘技が「堀口恭司選手が新団体起ち上げ発表」の記事をアップもすぐ削除される(2023年01月05日)

 こちらの続報。


 1月4日にアップされ即削除された記事が復活です。インタビューの一部を引用。

──新団体では、どんなことをしていきますか。

「MMA主体の団体、本物志向の団体を作りたいと思っています。エンタメ枠とかも入れたいとは思っていますが、基本は本物志向です」

──「エンタメ枠も」というのは具体的には? 日本だと「喧嘩自慢」などの選手も人気ですが?

「喧嘩自慢はやらない。そういうのは入れないです。本当に本物志向でやっていくなかで、例えばアマチュアの試合とかも組んでいきたいなと思っているし、アマチュアの底上げもしていきたいので」

──どんな選手に出てもらいたいと考えていますか。

「意外とこの世の中って口でバンバン言っているやつが日の目を浴びて、プロでも自分みたいなタイプはなかなか日の目を見ないので、本当に頑張っているのに年齢だけが過ぎちゃっている実力者にも手をさしのべたいと思っています。もちろん格闘技なので実力がすべてなので」

──この新団体は、2023年中にスタートさせていく?

「そうですね、そういう形にしていきたいと思っています、今年中に」

──既存の団体とも話しはしているのでしょうか。

「もう色々話しはついています。喧嘩をする気はないので、これからもみんなと仲良くやっていきたいなと。格闘技という分野でメジャー団体にしていくためにどうしたらいいいかを、みんな一丸となってやっていきたいなと持っています。榊原(信行CEO)さんも知っていて、今度、時間を作ってもらって、直にも話したいと思っています

──いつ、どういった規模で開催して行きたいと考えていますか。旗揚げ戦はこのあたりといったイメージは?

「夏、秋くらいを目途にやっていきたいと思っています。1回目は小さくやろうと思っていますけど、目標はやっぱり東京ドームとかそういうデカいところを目標にしていますね。ワールドワイドでやりたいので(大会を)アメリカでもやったりとか。夢はデカくないと叶わないので、デカく持っています。地元も盛り上げていきたいので、群馬での開催もいいんじゃないかいう案も出ています」

 前記事に書いた通り、代表は兄の堀口健太氏で自身はアドバイザーですが、将来的には自身の出場の可能性も示唆しています。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 17:38| Comment(14) | TrackBack(0) | 国内格闘技 | 更新情報をチェックする

石井慧、プロボクシング2戦目はドローで「ボクシングはこれで最後にします」


ボクシング興行「3150FIGHT vol.4」(2023年1月6日・エディオンアリーナ大阪第一競技場=ABEMAで全試合無料生中継)第2試合ヘビー級4回戦

 2008年北京五輪柔道男子100キロ超級金メダリストの格闘家、石井慧(リングネームはサトシ・イシイ=ミツキ)がハン・チャンス(韓国)と対戦。判定の末、1-0のドローで終わった。プロボクシングは2戦目だった。試合後の会見で引退を宣言した。

 36歳のイシイはクロアチアでプロのライセンスを取得。昨年8月にデビューし判定勝ちした。ハンは昨年10月にKOでデビュー。こちらも2戦目となる。

 試合後、ハンは「ハードなファイトでした。相手が体が強くて、抑えられて、やりたいことがうまくできなかった。イシイ選手がすごく強いんですよ。これから面白いですね。ボクシング続けていったらファンがついてくると思う」と振り返った。

 一方のイシイは「煮え切らない試合になってしまった。ボクシングは難しいなと。ボクシングはこれで最後にします。ありがとうございました」とボクシング”引退”を宣言した。

 最近はMMA以外にもK-1とボクシングに挑戦していましたが、ボクシングは引退のようです。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ボクシング | 更新情報をチェックする

『RIZIN.40』からRIZIN vs. Bellator 全面対抗戦5試合のフルファイト動画がYouTubeで解禁

雷神の言霊 一夜で50億円超をつくりだすRIZINプロモーターが大切にする50の極意


 大晦日に開催された『RIZIN.40』からRIZIN vs. Bellator 全面対抗戦5試合のフルファイト動画がYouTubeで解禁されています。以下、動画です。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | RIZIN | 更新情報をチェックする

ネイト・ディアスがSNSに「RIZINで逢いましょう」の画像をアップしRIZIN参戦を予告!?




 日本の格闘技ファンが騒然としている。昨年9月の試合を最後に『UFC』との契約を満了しフリーエージェントとなっている総合格闘家のネイト・ディアスが6日、自身のツイッターを更新。驚きの画像を公開した。

 米国出身のネイトは37歳。2007年に世界最高峰の格闘技団体『UFC』に初参戦。約15年間、最強の舞台で戦い続けた。22年9月10日のトニー・ファーガソン戦で4R・一本勝ちをし、『UFC』との契約満了を迎えていた。

 この日ネイトは「RIZINで逢いましょう」と書かれた1枚の画像を投稿。ツイッター上で格闘技ファンは騒然となった。

 この投稿にファンからは「日本では大麻を吸ってはいけないよ!」「本当ですか?」「これまでにないほど多くのお金を稼げる」「彼は交渉している」「日本で待ってます!」「本気か?」「RIZIN対PFLカード待ったなし」などのコメントが寄せられている。

https://www.sportslive-plus.com/sports/rizin-aimasho/

 「RIZINで逢いましょう」はスカパー!のスポーツライブ+で放送。鈴木芳彦アナがMCで佐藤大輔氏がレギュラー出演者。選手や関係者をゲストを招いて過去のRIZINの大会を振り返る番組ですが、最近は放送されていません。

 ネイトのファイトマネーは莫大なのでRIZIN出場は難しいと思うのですが…。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 15:44| Comment(4) | TrackBack(0) | RIZIN | 更新情報をチェックする

2023年01月05日

フィル・バローニがメキシコで交際相手を殺害した容疑で逮捕される


 フィル・バローニがメキシコでガールフレンドを暴行し、殺害した容疑で逮捕されたとのこと。

 地元ニュースによると、バローニは1月1日にナヤリット州サン・パンチョで、この地域をパトロールしていた州警察に連絡し、ガールフレンドのパオラさんがハルディン・サン・パンチョ・ホテルの部屋で意識を失っていると知らせ、逮捕されたそうです。

 報告書によると、当局はパオラさんが裸でベッドに横たわり、毛布で覆われているのを発見。顔や体にあざがあり、複数回殴られた様子。警察が到着した時点で意識はなかったとのこと。

 バローニの供述によると、パオラさんと二人でマリファナを吸いながらビールを飲んでいたところ、彼女が他の男と浮気していたことを明かしたとのこと。これが事件の発端となり、バローニはパオラさんにシャワーを浴びるように言ったそうです。彼女が拒否した後、バローニはパオラさんを掴んでシャワーに放り込んで彼女は頭を打って倒れたとのこと。

 バローニは彼女を立ち上がらせ、ベッドに寝かせたところ、彼女が寒いというので、服を脱がせ、毛布をかぶせたとのこと。数分後にバローニはパオラさんにビールとタバコを買ってくるように頼まれ、バローニが戻ってきた時に眠っていると思ったものの、起こそうとすると反応がないことに気づいたそうです。

 バローニは殺人罪で起訴される可能性があるとのこと。現在は捜査中で、バローニは逮捕されて勾留中。

Phil Baroni(Sherdog)

 フィル・バローニは現在46歳のアメリカ人でMMA戦績16勝19敗。UFC、PRIDE、Bellator、Strikeforce、ONE Championshipらに出場しています。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 23:46| Comment(3) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする

A.J.マッキー「RIZINとの対抗戦で使用した衣装には10万ドル掛かった」



 12月31日の『RIZIN.40』で行われたRIZIN vs. Bellator 全面対抗戦大将戦でホベルト・サトシ・ソウザに判定勝ちしたA.J.マッキーが以下のコメント。

「衣装についていろいろ調べた。多額の費用が掛かったが、気にしちゃいない。10万ドルほど掛かったよ」

「ネットで見つけた。いろんなサムライのサイトを見たが、『カタナ(刀)を手に入れるには警察に登録しなければならない』『それは手に入らないが、アーマースーツ(鎧兜)なら買える』という感じだった」

「アーマースーツが欲しかった。 戦いに備えているので、彼らの文化には共感できるし、同時に俺の文化にも通じるものがあると思った。一度日本に来たことがあったし、送ってもらうことにした。 俺が見た他のスーツは、本物のワニ革でコーティングされたこのサムライスーツのように戦いの準備を感じさせるものでは無かった」

「間違いなくそれだけの価値はあったよ。他にこういうスーツを買った人は王様だと言われたが、知ろうとも思わなかった。買ったことは後悔してないと断言できるよ」
続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 22:42| Comment(2) | TrackBack(0) | RIZIN | 更新情報をチェックする

ジェイク・ポールがPFLと契約、2023年にMMAデビュー戦を予定

YouTuberの教科書 視聴者がグングン増える! 撮影・編集・運営テクニック


 昨年7月にMMA引退を発表したドナルド・セラーニがジェイク・ポールと対戦したいとコメント。ポールのことは評価しているし、トラッシュトークをするつもりはないとのこと。


 それに対しジェイク・ポールは「彼のような老いぼれを殴るのには飽きた」「俺は若いヤツとやりたいが、みんな俺のことを恐れている」とコメントし、否定的です。


 その一方で、ジェイク・ポールはPFLと複数年契約を結んだことをニューヨークタイムズが確認したとのこと。契約条件は不明。ポールは2023年はボクシングとMMAを1試合ずつ行う予定ですが、時期や対戦相手は不明です。PFLはこれまで各階級のレギュラーシーズンとプレーオフを行い、優勝すれば賞金100万ドルを獲得できますが、ポールはレギュラーシーズンには参加せず、新たに設立されるPPV大会を開催するスーパーファイト部門に所属するとのこと。女子ライト級のケイラ・ハリソンもスーパーファイト部門に移籍するそうです。

 スーパーファイト部門は、選手はPPV収入の少なくとも50%が支払われ、試合はESPNとDAZNが配信予定とのこと。UFCはPPV収入、チケット販売、スポンサーなど他の収益源を含めた総収入の20%未満しか選手に還元されていないと言われており、ジェイク・ポールは以前からこのことを批判していました。ポールは「これは、MMAを変え、破壊し、革新し、次のビッグリーグを創造するということだ」とコメントしています。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | PFL | 更新情報をチェックする

ゴング格闘技が「堀口恭司選手が新団体起ち上げ発表」の記事をアップもすぐ削除される

GONG格闘技 2023年3月号


horiguchidantai210330.jpg

 ゴング格闘技が1月4日に堀口恭司が新団体起ち上げ発表「“喧嘩自慢”はやらない。本物志向のMMA主体の団体を作ります」という記事をアップ。しかし、すぐに削除されています。


 記事にはこんなことが書かれていたとのこと。名称は未定で、堀口恭司はアドバイザー、代表は兄の堀口健太氏になるそうです。BreakingDownのアンチテーゼ的なコンセプトになりそうですが、削除されたのは情報解禁前だったからでしょうか。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内格闘技 | 更新情報をチェックする

2月の『BreakingDown 7』に安保瑠輝也とYUSHIが参戦、天田ヒロミがオーディションに参加

安保瑠輝也「K-1との契約を解除しました」「戦わへん大晦日も今年が最後か」とRIZIN参戦を示唆(2023年01月01日)

 こちらの続報。




 安保瑠輝也が2月の『BreakingDown 7』出場を表明。


 オーディションの途中、ひな壇にいたBreakingDown常連のこめおが立ち上がり、「YUSHIくん、やりましょう」と同じくひな壇にいたYUSHIに対戦を表明。

 YUSHIは「昨日未来くんと話して、こめおが俺とスパーリングやってダウンとったみたいな話をいろいろなところでしてるっていうので。俺も恥かく場面が多くて、お前のこと好きだったけれど、この一件で“コイツ、男らしくねえな”って思ったんだけど。本気で勝てるんだったらこの舞台で戦って自慢してくれたらいいのかなって思って今日来たんだけれど」と、こめおと戦うつもりで来たと返答。

 こめおが「改めて挑戦させて欲しいなって思ったっす」とYUSHIを真っ直ぐに見つめて言うと、YUSHIは朝倉未来に「どうすかね?」と尋ねる。朝倉は「いいんじゃないですか」と認め、その場で両者の対決が決定した。

 YUSHI vs. こめおが決定しています。


 オーディションに現れた天田は「2004年のK-1王者です。よろしくお願いします」とだけ挨拶。同じグループでオーディションを受けた闘うラガーマンことYouTuberのノッコン寺田が「未来ちゃん、この中で一番実績があるのは天田ちゃんやけれど、やらせてくれへんかな? マーク・ハントともやっているし、ジェロム・レ・バンナともやっているし。俺、元々ボブ・サップとやりたかったから。どうかな、ヒロミちゃん」と、天田との対戦を希望すると、天田は「俺は誰でも大丈夫」と返答。

 その場では決定せず、朝倉未来は「検討します」と答えて、この対戦は「対戦決定!?」となっている。ノッコンは「レジェンド潰しやったるで」と意気込んでいた。

 天田ヒロミも出場濃厚のようです。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内格闘技 | 更新情報をチェックする

2023年01月02日

UFCライト級12位のダミア・イスマグロフが健康上の問題で突如引退発表



 ダミア・イスマグロフがインスタグラムで以下のコメント。

「残念ながら、状況や健康上の問題で、スポーツキャリアを終わらせなければならなくなった。試合の結果に関わらず、私の側にいて心から傷つき、心配してくれた全ての人たちに感謝している。思い出に残る興味深い旅だった。忘れられない瞬間だった。みんなとハグした」

Damir Ismagulov(Sherdog)

 ダミア・イスマグロフは現在31歳のロシア人でMMA戦績24勝2敗(UFC戦績5勝1敗)。12月の『UFC Fight Night 216: Cannonier vs. Strickland』でアルマン・ツァルキャンに判定負けしましたが、その前までは驚異の19連勝を達成していました。元M-1 Globalライト級チャンピオンで引退発表前はUFCライト級ランキング12位でした。

 MMAFightingによると、マネージャーはインスタグラムの投稿をするまで引退については聞いてなかったとのことで、突然の発表だったようです。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする

安保瑠輝也「K-1との契約を解除しました」「戦わへん大晦日も今年が最後か」とRIZIN参戦を示唆


 安保は12月31日、ツイッターで「K-1との契約を解除しました」と報告。

 安保は昨年9月、二階級制覇を目指し[第二代K-1 WORLD GPウェルター級王者決定トーナメント]に参戦したが、決勝で野杁正明にKO負け。その後野杁との再戦をアピールし、連勝を続けていたが今回、K-1との契約解除を決断した。

 ツイッターでは続けて「俺は格闘技に対して常に皆が見たいと思ってるカードをやりたいと発言し筋を通してきた。最後K-1でやりたかったリベンジマッチは叶わなかったけど俺は挑戦を選ぶ。今後楽しみにしてください。団体関係なく強い選手に挑戦していきます」と野杁へのリベンジよりも、K-1以外での挑戦を選ぶとした。

 また「K-1、今日に至るまでいろいろありましたが、ここまで育ててくれた事、感謝してます。今後、元チャンピオンとしてプライドを持って恥じぬ活躍をします。K-1での安保瑠輝也を応援してくれた方たち、これから険しい道に飛び込みチャレンジする男の姿をみせます。その姿を見て熱くなればまた応援してください」とK-1王者だった誇りを胸に羽ばたくと挨拶している。

 さらに「戦わへん大晦日も今年が最後か。みんな良いお年を」ともツイートしている。大晦日のファイトと言えばRIZINだ。昨日31日には芦澤竜誠のRIZIN参戦が発表されたが、ビッグネームがまたも続くのか。

 やはりK-1との契約の関係でしばらくは試合ができない状況が続くのでしょうか。それにしても最近はK-1の選手離脱が続きますね。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 23:50| Comment(5) | TrackBack(0) | RIZIN | 更新情報をチェックする
記事検索