2022年06月11日

『UFC 275: Teixeira vs. Prochazka』前日計量動画

UFC 275 weigh-in results: Two title fights set, no misses among 11 bouts(MMAJunkie)
MAIN CARD (ESPN+ pay-per-view, 10 p.m. ET)

・Champ Glover Teixeira (205) vs. Jiri Prochazka (205) – for light heavyweight title
・Champ Valentina Shevchenko (124.5) vs. Taila Santos (125) – for women’s flyweight title
・Joanna Jedrzejczyk (116) vs. Zhang Weili (116)
・Andre Fialho (170.5) vs. Jake Matthews (170.5)
・Jack Della Maddalena (170.5) vs. Ramazan Emeev (171)

PRELIMINARY CARD (ESPN2/ESPN+, 8 p.m. ET)

・Seungwoo Choi (146) vs. Josh Culibao (146)
・Steve Garcia (155.5) vs. Hayisaer Maheshate (155.5)
・Brendan Allen (186) vs. Jacob Malkoun (186)
・Danaa Batgerel (135) vs. Kyung Ho Kang (136)

PRELIMINARY CARD (ESPN+, 7 p.m. ET)

・Silvana Gomez (116) Juarez vs. Liang Na (116)
・Joselyne Edwards (145) vs. Ramona Pascual (145)

 『UFC 275: Teixeira vs. Prochazka』前日計量結果。全員パスしています。ホジェリオ・ボントリン vs. マネル・ケイプが中止になったことからジェイク・マシューズ vs. アンドレ・フィアーリョがメインカードに昇格しています。大会開始時刻も日本時間午前8時に変更されています。






 前日計量&フェイスオフ動画。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 09:43| Comment(2) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする

2022年06月10日

ナンダヨー! 6.12『UFC 275』ホジェリオ・ボントリン vs. マネル・ケイプが直前で中止



 6月12日にシンガポールで開催する『UFC 275: Teixeira vs. Prochazka』で予定されていたホジェリオ・ボントリン vs. マネル・ケイプのフライ級マッチですが、ボントリンの「体重管理の問題」により中止されることをMMAJunkieのマイク・ボーン記者が確認したとのこと。ボントリンは病院に搬送されたそうです。

 ケイプは4月23日の『UFC Fight Night 205: Lemos vs. Andrade』でもス・ムダウジと対戦予定だったものの直前に禁止薬物の陽性反応により中止となっており、これで2試合連続の中止です。

 これにより前座の中のどれかがメインカードに昇格すると思われますが、どの試合になるかは不明。大会開始時刻も日本時間午前7時30分から8時になると思われます。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 21:05| Comment(5) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする

『ROAD TO UFC ASIA 2022』Episode 4 速報

ロードーザ・ベスト~25th anniversary [ 高橋ジョージ&THE虎舞竜 ]


 上記を参照。以下、速報です。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする

7.16『UFC on ABC 3』アスカー・アスカロフ vs. アレックス・ペレスが中止、ペレスは7.30『UFC 277』でアレッシャンドリ・パントージャと対戦

7.16 UFCニューヨーク大会をABCが生中継、大会名称は『UFC on ABC 3: Ortega vs. Rodriguez』/主要カードも発表(2022年06月02日)

 こちらの続報。


 7月16日にニューヨーク州エルモントで開催する『UFC on ABC 3: Ortega vs. Rodriguez』で予定されていたアスカー・アスカロフ vs. アレックス・ペレスのフライ級マッチが中止されるとのこと。アスカロフの欠場によるものだそうですが、理由は不明。


 その後、7月30日にテキサス州ダラスで開催する『UFC 277: Pena vs. Nunes 2』でアレッシャンドリ・パントージャ vs. アレックス・ペレスのフライ級マッチが行われることをMMAJunkieが確認したとのこと。

 パントージャは昨年8月の『UFC on ESPN 29: Cannonier vs. Gastelum』でブランドン・ロイヴァルに2Rリアネイキッドチョークで勝利して以来の試合で2連勝中。現在UFCフライ級ランキング3位。

 ペレスは2020年11月の『UFC 255: Figueiredo vs. Perez』でデイヴィソン・フィゲイレドのフライ級王座に挑戦し1Rギロチンチョークで敗れて以来1年8ヶ月ぶりの試合。現在UFCフライ級ランキング6位。ここまで自身や対戦相手の問題で試合が5度も流れています。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする

『ROAD TO UFC ASIA 2022』Episode 3 速報

(ハードコアチョコレート)HARDCORE CHOCOLATE ロード・ウォリアーズ Tシャツ


 上記を参照。以下、速報です。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする

なんとマイケル・ペイジがBare Knuckle FCとワンマッチ契約、8.20 BKFCロンドン大会でマイク・ペリーと対戦


 Bare Knuckle FCが8月20日にイングランド・ロンドンのOVOアリーナ・ウェンブリー(旧ウェンブリー・アリーナ)で開催する『BKFC 27』でマイケル・ペイジ vs. マイク・ペリーを行うことを発表。



 Bellatorのスコット・コーカー代表によるとMVPはBellator所属のままで、ワンマッチ契約でのBKFC出場を許可したとのこと。

 MVPは5月の『Bellator 281: MVP vs. Storley』で行われたウェルター級暫定王座決定戦でローガン・ストーリーに判定負けして以来の試合。

 マイク・ペリーは2月の『BKFC: KnuckleMania 2』でジュリアン・レーンに判定負けして以来の試合。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 08:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする

2022年06月09日

マネル・ケイプ「デイヴィソン・フィゲイレドは恩知らずだ。暫定王座決定戦に文句を言ってる場合じゃない」

デイヴィソン・フィゲイレドが7.30『UFC 277』モレノ vs. カラ・フランスのフライ級暫定王座決定戦に激怒、バンタム級転向を示唆(2022年06月09日)

 こちらの続報。


 6月12日にシンガポールで開催する『UFC 275: Teixeira vs. Prochazka』でホジェリオ・ボントリンと対戦するマネル・ケイプが以下のコメント。

「デイヴィソン・フィゲイレドについて言わせてくれ。この男は恩知らずだ。UFCは全てを与えてくれているのに、現在彼はUFCが暫定王座決定戦をやることに文句を言っている。彼はチャンスを貰っていることに感謝すべきだ。彼は村に住んでいて、牛と一緒に生活していたからな」

「ホジェリオ・ボントリンは良い選手だから俺にとってチャンスだ。カイ・カラ・フランス戦はとても良い試合だった。カイ・カラの方が良いパンチを打ったが、ホジェリオは良いファイターだと思うよ。俺はそのホジェリオよりも良いファイターであることを証明するし、簡単に勝ってみせるよ」
続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする

デイヴィソン・フィゲイレドが7.30『UFC 277』モレノ vs. カラ・フランスのフライ級暫定王座決定戦に激怒、バンタム級転向を示唆

7.30『UFC 277』でブランドン・モレノ vs. カイ・カラ・フランスのフライ級暫定王座決定戦(2022年05月10日)

 こちらの続報。

Is UFC flyweight champ Deiveson Figueiredo on the way to bantamweight?(MMAJunkie)

 7月30日にテキサス州ダラスで開催する『UFC 277: Pena vs. Nunes 2』でブランドン・モレノ vs. カイ・カラ・フランスのフライ級暫定王座決定戦が行われる件について正規王者のデイヴィソン・フィゲイレドが以下のコメント。

「UFCがそんなことをするなんて予想外だったからムカついたよ。最後に試合をしたのが数ヶ月前(1月の『UFC 270』)だというのにもう暫定王座決定戦かよ? 信じられない…俺は常にUFCのために素晴らしいショーを提供してきたのに、こういう動きを見ていると過小評価されてる気がする。チャールズ・オリヴェイラのフレーズを使わせてもらえば『チャンピオンには名前があるし、その名前はデイヴィソン・フィゲイレドだ』。そんなプラスチックのベルトには意味がない」

「凄くガッカリしてるよ。この階級から離れることを本気で考えている。(フライ級は廃止の噂があったが)ヘンリー・セフードと俺がこの階級を救った。UFCのこの動きを見て、正直なところ決断しようと思ってる。そうしない方が良いかもしれないが、決断する時はこの階級を去ってバンタム級に上げる」

「とは言え、俺はいつも決断を下す前に間違いを犯さないように熟考するタイプだ。暫定王座をやれば良い、チャンピオンは俺の方だ。その見せかけだけの小さな動きを見ていこう。できればデイナ・ホワイトと直接会って話し合いたいことがたくさんある。アメリカで彼らと話をしたい。それに、ヘンリー・セフードやエリック・アルバラシンと会って、どうするべきかを確認したい」
続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 14:29| Comment(2) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする

『ROAD TO UFC ASIA 2022』Episode 3&4前日計量結果/宇佐美正パトリックが欠場


 計量開始直前にライト級で日本から出場予定だった宇佐美正パトリックが、減量中に体調不良に陥り欠場という情報が届いた。

 パトリックの盟友、中村倫也と野瀬翔平――そして堀内佑馬の3人は問題なく計量を済ませている。

 不確定情報ながら、当日の朝まで減量していたパトリックが病院に搬送されたという話も伝わっている。まずはパトリックの安全が第一として、この大切な試合を棒に振らざるを得なくなった状況をEXFIGHT、LDHmartialartsも深く受け止めて今後の選手育成の糧としてほしい。

 これは残念。


■ROAD TO UFC AISA2022 Episode03計量結果

<Road to UFCフェザー級T準々決勝/5分3R>
シェ・ビン: 144.5ポンド(65.54キロ)
イ・ジョンヨン: 146ポンド(66.22キロ)

<Road to UFCフライ級準々決勝/5分3R>
堀内佑馬: 126ポンド(57.15キロ)
トップノイ・キウラム: 126ポンド(57.15キロ)

<Road to UFCライト級準々決勝/5分3R>
アンシュル・ジュビリ: 155.5ポンド(70.53キロ)
宇佐美正パトリック:――

<Road to UFCバンタム級準々決勝/5分3R>
中村倫也: 136ポンド(61.69キロ)
ググン・グスマン: 133.5ポンド(60.55キロ)

<女子ストロー級/5分3R>
ソ・イェダム: 116ポンド(52.62キロ)
ジョセフィン・クヌトゥソン: 116ポンド(52.62キロ)

■ROAD TO UFC AISA2022 Episode04計量結果

<Road to UFCバンタム級T準々決勝/5分3R>
野瀬翔平: 135.5ポンド(61.46キロ)
ウリジブレン: 135.5ポンド(61.46キロ)

<Road to UFCライト級準々決勝/5分3R>
キム・ギョンピョ: 156ポンド(70.76キロ)
アスクルバイ: 156ポンド(70.76キロ)

<Road to UFCフェザー級準々決勝/5分3R>
ルー・カイ: 146ポンド(66.22キロ)
アンガ・ハンス: 144.5ポンド(65.54キロ)

<Road to UFCフライ級準々決勝/5分3R>
パク・ヒョンソン: 125.5ポンド(56.92キロ)
ジェレミア・シレガー: 124ポンド(56.25キロ)

<ウェルター級/5分3R>
ジョン・アダハー: 170ポンド(77.11キロ)
キム・ハンソル: 171ポンド(77.56キロ)

 前日計量結果。その他の選手はパスしています。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする

デイナ・ホワイト「ジャン・ウェイリ vs. ヨアンナ・イェンジェチック2の勝者が次期タイトル挑戦者になる」→イェンジェチック「知ってた」


 デイナ・ホワイトが6月12日にシンガポールで開催する『UFC 275: Teixeira vs. Prochazka』で行われるジャン・ウェイリ vs. ヨアンナ・イェンジェチックの女子ストロー級マッチについて以下のコメント。

「この試合は間違いなく勝った方がカーラ・エスパルザのタイトルに挑戦するだろう」

「マリーナ・ロドリゲスもタイトルに近づいているが、タイミングが全てだ」



 これを聞いたヨアンナ・イェンジェチックが以下のコメント。

「知ってたわ。勝ったら次の試合で挑戦することを知らなかったら、この試合の契約にはサインしなかった。だから知ってたわ。何も驚くことはないし良いことよ。どっちが勝っても(挑戦者に)相応しいと思う」
続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 11:16| Comment(1) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする

“RIZIN二大チャンピオン”牛久絢太郎×伊澤星花の素顔に迫る(動画)




 RIZINトーク最新動画。“ブラックパンサー”ベイノアがMCで牛久絢太郎×伊澤星花の素顔に迫っています。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | RIZIN | 更新情報をチェックする

朝倉未来が米国で右肩を負傷していたことを告白



 5月初旬からトレーニングのため渡米していた朝倉未来(トライフォース赤坂)が、米国で右肩を負傷していたことをあらためて明かした。

 5月25日に自身のSNSにて帰国していたことをファンに報告していた朝倉は、「日本に帰ってきたので練習始める。やることは明確に分かった。まずは今日から足を鍛えます」「試合も秋くらいまでないです」と宣言していたが、そこには怪我の影響もあった。

 オンラインサロンの『強者理論』で告白していた肩の怪我は、現在では「治ってきた」という。6月7日の夜に更新した自身のYouTube「岡くんが脱退することになりました」のなかで具体的に明かしたもの。同動画で、「BreakingDown」でも活躍した岡康平が、アンチコメントなどのストレスからYouTubeメンバーから脱退することを発表した朝倉は、自身の状況についても語り始めた。

「僕らもちょっと今回の件があったんで、ずっと動画とか録れてなくて、今回のこういう話になったのも、僕自身も海外(の練習)でここ(右肩甲骨の上あたりを指して)、ヒビが入ってるんですけど病院で(診てもらって)、YouTubeの動画とかも、練習もできず、という感じで、僕自身もストレスがあって。

「アンチコメントとかは今後も絶対続くと思うし、俺が生み出しているというのもあると思う。ただ、俺が変わってしまうと朝倉未来で無くなるというのもあって、残りのメンバーにもストレスを感じている人もいたら申し訳ないんだけど、そこはブレちゃダメなところだと思っているので、僕はアンチコメントとか気にしないんで、僕にどんどん言ってもらえたらなと思いますので、今後も格闘技とYouTube頑張っていきます」と、決意を語った朝倉。

 「治ってきた」とのことですが、9月大会に間に合うかかどうかといったところでしょうか。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | RIZIN | 更新情報をチェックする

『ROAD TO UFC ASIA 2022』Episode 1&2 前日計量結果/鹿志村仁之介助が代打出場

日本薬健 スーパーフルーツ青汁ダイエット 30包


6.9&10『ROAD TO UFC』1回戦をABEMA『格闘チャンネル』が無料生配信/対戦カードも決定(2022年06月01日)

 こちらの続報。


 Episode01のライト級でキ・ウォンビンと対戦予定だったパラチン、Episode02ではバンタム級でキム・ミンウと戦うことが決まっていたシャオ・ロン、ライト級でパワン・マーン・シンの対戦相手だったアイリヤ・ムラトベクいう3人の中国人ファイターが欠場。

 キ・ウォンビンとは日本から鹿志村仁之介助が代役出場で対戦、ムラトベクもインドネシアのジェカ・サラギと戦うことになったが、計量の時点でキム・ミンウの対戦相手は決まっておらず不戦勝も可能性も十分にある。

 鹿志村以前に日本国内では2選手がショートノーティスの出場に前向きだったものの揃ってパスポート期限が切れており、シンガポール入国がかなわず断念。鹿志村は土曜日に出場が決まり日曜日にシンガポール入りという慌ただしいスケジュールにも「バンタム級に落とす予定だったので、体重は問題ない」という言葉通り、152ポンド=68.94キロでパスした。

 明日開催される『ROAD TO UFC ASIA 2022』Episode 1&2ですが、中国人ファイター3名が欠場しています。

Jinnosuke Kashimura(Tapology)

鹿志村仁之介(PANCRASE)

 鹿志村仁之介は現在20歳、身長172cmで茨城県出身。MMA戦績3勝1敗で全てPANCRASEでの試合です。これまでフェザー級で戦っており「バンタム級に落とす予定だった」とのことなので、ライト級は厳しいでしょうがチャンスを活かして欲しいところです。


■ROAD TO UFC AISA2022 Episode01 計量結果

<Road to UFCフェザー級T準々決勝/5分3R>
SASUKE: 145.5ポンド(66.0キロ)
イー・チャア: 145.5ポンド(66.0キロ)

<Road to UFCライト級準々決勝/5分3R>
鹿志村仁之介: 152ポンド(68.94キロ)
キ・ウォンビン: 155.5ポンド(70.53キロ)

<Road to UFCバンタム級準々決勝/5分3R>
風間敏臣: 135ポンド(61.24キロ)
クルムアリ・マイマイティトゥハティ: 136ポンド(61.69キロ)

<Road to UFCフライ級準々決勝/5分3R>
チェ・スングク: 126ポンド(57.15キロ)
ラマ・スパンディ: 125ポンド(56.7キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
チャン・ミンヤン: 206ポンド(93.44キロ)
トゥコ・タクコス: 206ポンド(93.44キロ)

■ROAD TO UFC AISA2022 Episode02 計量結果

<Road to UFCバンタム級T準々決勝/5分3R>
――(――)
キム・ミンウ: 135.5ポンド(61.46キロ)

<Road to UFCフェザー級準々決勝/5分3R>
松嶋こよみ: 145.5ポンド(66.0キロ)
ホン・ジュンヨン: 146ポンド(66.22キロ)

<Road to UFCフライ級準々決勝/5分3R>
チウ・ルェン: 126ポンド(57.15キロ)
ウォーレン・デルロサリオ: 124ポンド(56.25キロ)

<Road to UFCライト級準々決勝/5分3R>
ジェカ・サラギ: 153ポンド(69.39キロ)
パワン・マーン・シン: 155ポンド(70.31キロ)

<フライ級/5分3R>
ショーン・エチェル: 126.5ポンド(57.37キロ)
内田タケル: 125.5ポンド(56.92キロ)

 前日計量結果。結局、キム・ミンウは不戦勝になりそうです。Episode 1は日本時間15時30分、Episode 2は日本時間18時30分開始予定。UFC Fight PassとABEMA格闘チャンネルで生配信されます。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする

8.13『UFC Fight Night』のメインイベントはマルロン・ヴェラ vs. ドミニク・クルーズ

8.13『UFC Fight Night』でヴィヴィアニ・アラウージョ vs. アレクサ・グラッソ、ジェラルド・マーシャート vs. ブルーノ・シウバ etc.(2022年06月07日)

 こちらの続報。


 デイナ・ホワイトがUFCが8月13日に開催するFight Nightシリーズのメインイベントがマルロン・ヴェラ vs. ドミニク・クルーズのバンタム級マッチになるとコメント。また、会場は未定でしたがテキサス州サンディエゴになるそうです。

 ヴェラは『UFC on ESPN 35: Font vs. Vera』でロブ・フォントに判定勝ちして以来の試合で3連勝中。現在UFCバンタム級ランキング5位。

 クルーズは昨年12月の『UFC 269: Oliveira vs. Poirier』でペドロ・ムニョスに判定勝ちして以来の試合で2連勝中。現在UFCバンタム級ランキング8位。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする

2022年06月07日

井上尚弥 vs. ノニト・ドネア2 結果/ハイライト動画



 6月7日にさいたまスーパーアリーナで行われたWBAスーパー&IBF&WBC世界バンタム級王座統一戦、井上尚弥vs.ノニト・ドネアの試合結果。2ラウンド1分24秒で井上尚弥がTKO勝ちし日本人初の3団体統一王座を戴冠しています。



 ハイライト動画。


 1ラウンド終了間際にもダウンを奪っており、採点は3者とも10-8でした。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 22:20| Comment(10) | TrackBack(0) | ボクシング | 更新情報をチェックする
記事検索