2020年07月14日

イリー・プロハースカ「タイトルが欲しいからすぐにでも次の試合がしたい」

Jiri Prochazka takes the anyone, any time stance toward eventual UFC title contention(MMAJunkie)

 『UFC 251: Usman vs. Masvidal』でヴォルカン・オズデミアに2R KO勝ちしたイリー・プロハースカが以下のコメント。

試合の重要な瞬間について
「俺を驚かせるようなことは何もなかったが、多くのミステイクをしてしまった。彼のパンチに集中し切れてなかった。彼をKOしようと自分のパンチに集中しすぎて彼の攻撃に集中してなかった。同じ足でローからハイキックを打ったのが重要だった。彼がぐらついたのでノックアウトできた」

ファイトアイランドについて
「素晴らしかったね。彼はもっとレスリングを仕掛けてくるかと思ってたけど、良い試合になった。UFC初戦で勝ったというのは大きなステップになる。ファイトアイランドは最高の場所だね。デイナ・ホワイトと彼のチームは素晴らしい場所を作った。世界中でスポーツが行われなかった。これは素晴らしいことだし、そこに参加できて本当に嬉しい」

次戦について
「タイトルが欲しいからすぐにでも戦いたい。それが俺の使命だ。だがパフォーマンスを見直す必要がある。いくつかミスをしたからね。レッツゴーだよ。みんなをリスペクトしている。彼らが用意した相手なら誰とでも戦う。とにかく自分のアートを見せたい」
続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 18:24| Comment(0) | UFC | 更新情報をチェックする

7.16、7.19、7.26 UFCファイトアイランド大会で複数の対戦カードが変更

UFC announces several bout changes for ‘Fight Island’ shows(MMAFighting)

Khamzat Chimaev(Sherdog)

Jorge Gonzalez(Sherdog)

Amir Albazi(Sherdog)

Niklas Stolze(Sherdog)

 7月16、19、26日にアブダビのファイトアイランドで開催する大会で複数の対戦カードの変更が出たので紹介します。

 7月16日の『UFC on ESPN 13: Kattar vs. Ige』でジョン・フィリップスと対戦予定だったダスコ・トドロビッチが新型コロナウイルスの陽性反応が出たことから欠場、代わりにカムザット・シマエフがフィリップスと対戦するとのこと。カジムザット・シマエフは現在26歳のスウェーデン人で戦績6勝0敗。今回がUFCデビュー戦。

 同じく7月16日の『UFC on ESPN 13: Kattar vs. Ige』でケネス・バーグと対戦予定だったティモ・フォイヒトがネオナチとの関係が判明したことから欠場、代わりにホルヘ・ゴンザレスがバーグと対戦するとのこと。ホルヘ・ゴンザレスは現在36歳のメキシコ人で戦績16勝5敗。今回がUFCデビュー戦。

 7月19日の『UFC Fight Night 172: Figueiredo vs. Benavidez 2』でマルコム・ゴードンと対戦予定だったアレクサンダー・ドスカルチャクが医師の診察をクリアできなかったことから欠場、代わりにアミール・アルバジがゴードンと対戦するとのこと。アミール・アルバジは現在26歳のスウェーデン人で戦績12勝1敗。今回がUFCデビュー戦。

 7月26日の『UFC on ESPN 14: Whittaker vs. Till』でラマザン・エミーフと対戦予定だったシャフカット・ラクモノフが負傷欠場、代わりにニクラス・ストルツェがエミーフと対戦するとのこと。ニクラス・ストルツェは現在27歳のドイツ人で戦績12勝3敗。今回がUFCデビュー戦。続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 16:55| Comment(1) | UFC | 更新情報をチェックする

『UFC 251: Usman vs. Masvidal』のPPV契約数は130万件で今年最多を達成/ホルヘ・マスヴィダル「みんなに感謝する」


 東部時間7月11日午後10時から生中継された『UFC 251: Usman vs. Masvidal』のPPV契約数は130万件だったとのこと。これは2020年の最多記録。これまでの最多記録は1月18日の『UFC 246: McGregor vs. Cowboy』で100万件でした。

 UFCの歴代最多記録は2018年10月6日の『UFC 229: Khabib vs. McGregor』で240万件。しかし当時のプラットフォームはCATVで、2019年にESPN+に移行してからは概ね半減していることや歴代トップ5のうち4大会がコナー・マクレガーがメインイベントだったことを考慮すると今大会は驚異的な数字と言えます。


 これについてホルヘ・マスヴィダルがツイッターで以下のコメント。

「この旅の前、最中、そして後に受けた圧倒的な量のサポートは謙虚だった。 満たすべき目標はまだまだたくさんある。俺が勝つと思ってくれたみんなに感謝する。負けると思ってくれたみんなにも感謝する」
続きを読む・・・
posted by ジーニアス at 12:38| Comment(10) | UFC | 更新情報をチェックする
記事検索